ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《堅珠ノ正裁Z》考察―新規軸の紋章はやや癖がある【デュエル・マスターズ】

 明日の権利戦、結局どのデッキで出ようか迷っているポフルです。

変えても良いんだろうけれど、うーんという感じ。

 

今回はそんな私の考えとは関係なく、新カード《堅珠ノ正裁Z》を考察しましょう。

コロコロオンラインにて公開されました。

 

 

 

 

 

カード情報

 


堅珠ノ正裁Z

光文明 コスト2 呪文

■サバキZ(裁きの紋章が自分のシールドゾーンから手札に加えられた時、そのカードを捨ててもよい。そうしたら、この呪文をコストを支払わずに唱える)

■次の自分のターンのはじめまで、相手は自身のマナゾーンにあるカードの枚数よりもコストの大きいクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのクリーチャーを自身の山札の一番下に置く。 

■この呪文を自分の手札から唱えた後、墓地に置くかわりに自分のシールド1枚の上に表向きにして置く。(そのシールドの束は一つと数える)


 

考察

公式がネット上で公開した中では初の、サバキZ持ち裁きの紋章ですね。

裁きの紋章の表向きに置く効果、そして次の自分のターンのはじめまで《奇石ミクセル》のような踏み倒しやコスト軽減へのメタを行う効果がありますね。

 

S・バックのような使用感のサバキZを持ちますが、相手のクリーチャーを直接減らす能力はありません。基本的にはそのコストの低さを活かした手打ち、およびシールド回収とのコンボを狙いたいところですね。

 

肝心の効果ですが、踏み倒しやコスト軽減が横行する現状では嬉しい効果であることは間違いないです。ただ、ミクセル等のように場に存在する限り永続で……という事が無いのが悩みどころです。

ガリュザーク等の厄介なクリーチャーを確実に1ターン出しにくく出来る点はうれしいものの、基本的には永続的にロックができるシステムクリーチャーの方が優先されるでしょう。回収等で毎ターン唱える事ができれば、システムクリーチャーの弱点である除去を気にする事無く相手を永続的にロックできます。ただし、紋章の特徴であるシールドに張り付く点から通常の呪文回収には対応していません。《DG~ヒトノ造リシモノ~》や《音感の精霊龍エメラルーダ》等のシールド回収カードでの再利用を狙いたいところですね。シールド回収はサバキZとの相性も良いです。

 

ミクセル等の存在も気になりますが、《ファイナル・ストップ》や《時の法皇ミラダンテⅫ》のロック効果がそのターンのみでも有効な事を考えれば、この1ターンのみのロックも有効かもしれませんね。その時の環境、自分の使用デッキから、ミクセル、《オリオティス・ジャッジ》、そしてこの呪文とでどれが一番有用性が高いのかが変わってくるので、その時で決めるのが良いでしょうか。

 

裁きの紋章で見た時には、《憤怒スル破面ノ裁キ》と同じくコスト2の紋章である事に注目したいですね。

 

 


憤怒スル破面ノ裁キ

光文明 コスト2 裁きの紋章 呪文

■カードを1枚引く。

■この呪文を唱えた時、墓地に置くかわりに自分のシールド1つの上に、表向きにして置く。(そのシールドの束は1つと数える)


 

www.dmasters-pohu.com

 

憤怒と同じく2→3と紋章を繋げる事で4ターン目にスムーズに《戦慄のプレリュード》から《サッヴァークDG》に繋げ光のドラゴンに繋げる事が可能です。

憤怒の方が安定性に優れますが、轟轟轟の猛攻を防ぐ、卍の門を防ぐ等と言った環境適応能力はこの呪文の方が優れていると見ていいでしょう。

 

まとめ

新たな紋章。その能力は環境に依存する少し癖のあるものです。

ただし、刺さった時の強さは恐らく想像通り。しっかりと相性が良いデッキに是非入れておきたいカードですね。

 

 

以上。結果は良くも悪くも9月3日あたりに。ポフルでした。