ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《こたつむり》考察―真夏にコタツのお話。はともかく中々強し【デュエル・マスターズ】

実は家にコタツというものが存在しない。ポフルです。

人の家でコタツを見ると少しときめくタイプ。……夏なのになんでこんなコタツトークしてるんでしょ。

 

さて、木曜日にコロコロオンラインにて、新たなカードの情報が公開されましたね。《こたつむり》です。

スペシャルズは良くも悪くも個性的な子が多いですが、この子は一体どんな感じでしょうか。

 

 

 

カード情報

 


こたつむり

火文明 ビートジョッキー/スペシャルズ

コスト2 パワー2000+

■自分のマナゾーンに火のクリーチャーが4体以上あれば、このクリーチャーにパワーアタッカー+4000と「W・ブレイカー」を与える。

■相手のクリーチャーは、バトルゾーンに出たターン、プレイヤーを攻撃できない。

■このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーは次の自分のターンのはじめにアンタップしない。


 

考察

相手クリーチャーへの攻撃制限効果、さらにマナゾーンの条件を達成すれば、コスト2でW・ブレイカーになるという破格のスペックです。その代わりに攻撃した次のターンにアンタップしないというデメリットを持っていますね。

 

マナが4枚必要とはいえ、2コストでW・ブレイカーは中々のものです。次のターンのはじめにアンタップしない点は、《"罰怒"ブランド》と併用してスピードアタッカーにしつつ、ターンの終わりにマスターB・A・Dの効果で《こたつむり》を破壊する事でカバー……というわけではありませんが、気にならなくなりそうですね。

ただし、2コストのW・ブレイカーとしては他にも《"BC" ヒット》や《轟車 "G-突"》が存在しているので、その辺りは自身のデッキと合う方を選択していきたいところですね。《こたつむり》は手札の数に依存しないので、リソースを回復しやすいデッキでの採用が主になりそうです。

 

次のターンのはじめにアンタップしない点についてですが、とにかくこの子で毎回攻撃していく事を考える場合、光文明のカードでアンタップさせたり、《ラッシュ"ATK"ワイルド》でアンタップさせて攻撃をやめておくプレイング等が挙げられるでしょうか。

ただし、2コストでW・ブレイカーという破格の打点を考えれば、変にコンボを考えるよりもスピードアタッカーを与えて殴るだけ殴っておいて、残ればラッキー程度の使い捨て感覚でプレイするのも悪くはないでしょう。ただ、後述の能力の事も考えればできる限り維持する方法も考えたいところですかね。

 

2コストW・ブレイカーという能力も良いのですが、最大の特徴は何と言っても攻撃制限能力でしょう。相手の「スピードアタッカー」やジョーカーズ特有の出たターンに相手プレイヤーを攻撃できる能力、さらには進化クリーチャーの攻撃を封じる事ができます。

マッハファイターやスピードアタッカーでクリーチャーを攻撃する際にはこの効果は無力となってしまいますが、高速ビート環境の現在、プレイヤーへの攻撃をたった2コストで封じる事ができる点はかなり嬉しいですね。

 

タップインによって相手クリーチャーが出たターンの攻撃を封じる《ブロック・キング》や《永遠のリュウセイ・カイザー》、スピードアタッカー限定で攻撃を止める《ディオーネ》や《波乗りザブンプル》と言った類似クリーチャーは存在していますが、この子の利点は何と言ってもその軽さですね。

速攻系デッキをこの効果でしっかりと止めつつ、返しのターンに《ナグナグ・チュリス》や《ジャジー・トランパー》あたりで出てきたクリーチャーを止める事ができれば儲けものですね。ビートジョッキーなら《ダチッコ・チュリス》から《"乱振"舞神 G・W・D》も考えられます。

 

タップインではないのでタップキルを狙う事はできず、ブロッカーも持っていないので、基本的にはビートダウンデッキで採用して「相手の打点をずらして1ターン耐える」という事を重視し、返しのターンに自身の2打点+自身のスピードアタッカー達でとどめ……と言った使い方の方が良いかもしれませんね。

 

全体的に、ロック"SPK"スピーカーとの相性は良好かもしれません。

 

 

難点を挙げるなら、スピードアタッカー関連をを使わないデッキに対してはちょっと打点が高い程度のクリーチャーになりがちです。それだけでも低コストなだけあって優秀なのではありますが。

火力や強制バトル、マッハファイターで容易に倒されてしまうパワーであることには特に注意ですね。オーリーや罰怒などてスピードアタッカーを与える事は考えておいて良いかと。

 

 

まとめ

コストパフォーマンスに優れたスペシャルズですね。特にビートダウンの速度が速い現環境においてはうれしい能力になっています。

火文明を使うデッキで、速攻系に優位になりたいと思う場合は是非。

 

 

以上。多分このカード彼女が好きになりそう。ポフルでした。