ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ジャンゴ・ニャーンズ》考察―【デュエル・マスターズ】

 ちょっと今回のカードで自然文明ジョーカーズに期待がでてきました。ポフルです。

 

今回は《ジャンゴ・ニャーンズ》の考察です。

 

 

 

 

 

カード情報

 


ジャンゴ・ニャーンズ

自然文明 ジョーカーズ

コスト6 パワー6000

■NEO進化:自分のジョーカーズクリーチャー1体の上に置いてもよい。

■Jチェンジ8(このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーと自分のマナゾーンにあるコスト8以下のジョーカーズ1体を入れ替えてもよい)

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、そのターン、自分のクリーチャー1体のパワーは+5000され、シールドをさらに1枚ブレイクする。


 

考察

今まで登場した中では最大の範囲を持つJチェンジを持ちます。8コスト以下ともなればかなりの数のクリーチャーを出す事ができますね。

また、NEO進化を持つので、場に出たターンに攻撃して即座にJチェンジを発動できます。

 

場から離れた時に発動する自身のクリーチャーの強化も中々強力です。Jチェンジとは噛み合っており、Jチェンジで出てきたクリーチャーを直接強化する事ができますね。

《ジョリー・ザ・ジョニー》の「マスター・W・ブレイカー」の除去数を増やす、《チョモランマッチョ》でシールドを5枚ブレイクする、《バーバーパパ》の除去範囲を増やす等、色々な事が考えられますね。

 

単純に、コスト8以上のクリーチャーを早めに出す為に使うのもいいかもしれないですね。コストの高さから敬遠されていたものの効果自体はかなり有用なシステム《超絶特Q ダンガンテイオー》、メタカードとしては優秀なものの、普通に出すのが難しい為に敬遠されていた《バレット・ザ・シルバー》、シールド操作のメタとなる《ソー爺さん》あたりのどうにもコストが高くて使いにくかったカードにもスポットを当てたいですね。特にダンガンテイオーは、Jチェンジ持ちクリーチャーをサポートしつつ相手のビートダウンの速度を下げる……と、ジョーカーズとの相性、メタ性能ともに優秀です。

 

また、ブレイク数増加の事も考えるとオーバーキルになりそうですが、NEO進化して攻撃する場合マナが1枚増えるという点も注目しておきたいところですね。6マナで出してJチェンジを発動すれば次のターンには8コストに届きます。この子を主体にする場合、デッキの中にコスト8のクリーチャーを何枚か採用しておきたいところなので、6マナからつなげる事ができる点はうれしいですね。

 

Jチェンジで出すコスト8のクリーチャーで一気に勝負を決めに行って良し、コスト8のクリーチャーを連打して良し。今までのジョーカーズでは想像できない大型の連打を狙う事ができそうですね。まさに自然文明と言ったところですね。

 

 

まとめ

自然文明らしく、大型クリーチャーの扱いに特化した面白いクリーチャーですね。

このカードを使って自然文明ジョーカーズを使い、大型クリーチャーを連打してみたいところです。

 

 

以上。とうとうジョーカーズデビューか。ポフルでした。