ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《DB"ファンク"C-軍》―良調整が光る【デュエル・マスターズ】

 轟轟轟ばかりで、もっと大型ジョッキーを使いたい。ポフルです。

……いやその、クラッシュ覇道ばかりじゃなくてね?

 

 今回はそんな私の夢をかなえてくれそうな《DB"ファンク"C-軍》の考察です。アニメにて登場しました。

 

 

 

 

カード情報

 


DB"ファンク"C-軍

火文明 ビートジョッキー

コスト5 パワー5000

■G・G・G:自分の手札が1枚以下なら、自分のビートジョッキーのコストを最大5少なくする。ただし、コストは0以下にならない。

■自分の他のビートジョッキーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引いてもよい。


 

考察

G・G・Gによって、自分のビートジョッキーの召喚コストを5少なくするという、おっかなビックリな能力を持ちますね。

さらに、自分の他のビートジョッキーがバトルゾーンに出た時限定のドロー能力を持っています。

 

コスト軽減と置きドロ―を同時に持つというのは、言ってしまえばビートジョッキー版複数の一番隊と《龍装者バーナイン》が1枚に収まったもの。すなわちこのクリーチャー1体だけで、マナが許す限り大量のビートジョッキーを展開できるという事になりますね。

これだけ書くといかにもぶっ飛んだ能力に思えますが、G・G・Gとのアンチシナジーによって良調整の能力に仕上がっていますね。

 

とはいえ、コスト軽減とドローが一度に行えるというのはかなり嬉しいですね。

手札を召喚可能なビートジョッキー1枚に調整する事は必要ですが、その条件さえ満たす事ができれば、コスト1~4程度で小型から大型までのビートジョッキーを出す事ができます。B・A・Dを使う事前提の《勝利龍装 クラッシュ"覇道"》を除いて、最重量のビートジョッキーである《"滅砲"戦車 ヘビーベビィ》ですらコスト4で召喚できると、中々おそろしい能力になりますね。

 

この子を起点に中型~大型が2~3体並ぶその姿は脅威そのものです。ここに《"轟轟轟"ブランド》まで併用すれば、相手のパワー6000以下のクリーチャーを焼きながら手札を1枚の状態にし、この子のG・G・Gを満たして更なる展開を行う……という形での大量展開も可能です。運よく《グッド"MSL"バウンサー》も並べる事ができていれば、破壊系のトリガーではどうしようもないジョッキー軍団が完成します。

 


"轟轟轟"ブランド

火文明 ビートジョッキー

コスト7 パワー9000

■マスターG・G・G(ゴゴゴ・ガンガン・ギャラクシー):自分の手札がこのカードだけなら、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンに火文明のカードがあれば、カードを1枚引いてもよい。その後、自分の手札を好きな数捨ててもよい。こうして捨てた手札1枚につき、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体、破壊する。



グッド"MSL"バウンサー

火文明 ビートジョッキー

コスト8 パワー11000

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■自分のターン中、自分のクリーチャーは破壊されず、自分はゲームに負けず、相手は勝てない。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

www.dmasters-pohu.com

 

 

 

マナの数、手札の枚数に気を使う必要こそありますが、《ダチッコ・チュリス》で手札を多めに消費しつつ、使用できるマナを節約する、アニメのように敢えて《"必駆"蛮触礼亞》をB・A・D・Sで召喚する事で更に手札を減らしつつマナを節約するといった使い方も考えられるでしょう。

 

せっかくならコストの大きいクリーチャーを並べたいところですが、G・G・Gの条件を満たし続ける必要がある以上サーチカードやドロー補助に頼り辛いのが厳しい所です。逆に言えば、この辺りがこのカードを「良調整」と考える事ができる点ですね。

《バング"BNG"ドンゴ》等のドロー補助に頼れないところは使い辛い点ですね。このカードを使う場合のドロー手段は、ややリスクがあるものの《暴走機 "F-亞"》等の「攻撃後にドロー」というタイプのドロー能力を使うべきかもしれないですね。……むしろ使わなくてもいいかもですけれど。

 


暴走機 "F-亞"

火文明 ビートジョッキー/ソニック・コマンド

コスト5 パワー5000

■G・G・G:自分の手札が1枚以下なら、このクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札を1枚選んでもよい。そうしたら、残りをすべて捨て、そのターンの終わりにカードを2枚引く。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

 

G・G・G全体に言える事かもしれませんが、手札を一気に捨てる手段が無い限り、相手に攻められてシールドを手札に加えさせられてしまうと、G・G・Gを発動できずにそのまま押し込まれてしまいがちです。

デッキの中身を中~高コストで固める事で爆発力が上がるこのカードにとってはその傾向が顕著なので、手札を一気に捨ててG・G・Gを強引に発動する手段は持っておきたいですね。そういう意味でも《暴走機"F-亞"》は相性が良さそうです。

 

 

案外、置きドロ―のみを重視して、小型ばかりのデッキに採用するのもアリなのかもしれません。

 

まとめ

G・G・Gとアンチシナジーする能力ではありますが、G・G・Gのおかげで良調整が光る良いカードですね。

大型を並べるロマンあり、置きドロ―による大量展開ありの、《ダチッコ・チュリス》に次ぐビートジョッキーの優良サポートとして使えるかもしれませんね。

 

 

以上。ビートジョッキー組み直し案件。ポフルでした。