ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ソーナンデス》考察―おそらく自然主体ジョーカーズデッキに必須のJチェンジ【デュエル・マスターズ】

火文明ジョーカーズが初めて出た事の反応と今の自然文明ジョーカーズの反応を見ていると、 いかに火文明ジョーカーズが不遇だったかがわかりますね……ポフルです。

《ドンドド・ドラ息子》や《ムシ無視のんのん/灰になるほどヒート》あたりのありがたみがわかります。使われなかった最大の原因は無色サポートの存在ですけれど。

 

……当時から限定戦では地味に使われていましたし、2ブロックでも中々のポテンシャルを秘めたデッキと言えますので、決して弱くはないですよ?

 

……と、今回は自然文明ジョーカーズの《ソーナンデス》を考察しましょう。アニメにて登場しました。

 

 

 

カード情報

 


ソーナンデス

自然文明 ジョーカーズ

コスト6 パワー7000

■マッハファイター

■Jチェンジ8(このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーと自分のマナゾーンにあるコスト8以下のクリーチャーのジョーカーズと入れ替えてもよい)

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、自分の手札を1枚捨ててもよい。そうしたら、クリーチャーを1体、自分のマナゾーンから手札に戻す。


 

考察

マッハファイターとJチェンジ8を持つ自然文明ジョーカーズですね。召喚後すぐに攻撃できる能力と、自身よりも2コスト高いクリーチャーを対象にできるJチェンジ持ち……と、自然文明ジョーカーズを組もうか悩んでいた方には待望のジョーカーズと言って良いのではないでしょうか。

 

先日考察した《ドンジャングルS7》との相性は言うまでもないでしょう。また、この子からチェンジできるクリーチャーで相性のいいクリーチャーは《ジャンゴ・ニャーンズ》も参考にして欲しいです。

 

www.dmasters-pohu.com

 

特にドンジャングルとの相性は良いです。他に自然文明ジョーカーズで相性の良いものが出ない限り、自然文明ジョーカーズデッキにおいて複数枚必須級のクリーチャーになってくれるのではないでしょうか。タイクタイソンズ→Jチェンジで天体かんそ君にして2マナブーストした次のターンに出せる……というのも嬉しいところです。

 

また、《ジョット・ガン・ジョラゴン》との相性にも触れておくべきでしょう。

 

 


ジョット・ガン・ジョラゴン

無色 マスター・ドラゴン/ジョーカーズ

コスト7 パワー11000

■このクリーチャーを召喚する時、ジョーカーズを好きな数バトルゾーンから自分の手札に戻し、その数だけ、召喚コストを1少なくしてもよい。

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚引き、その後、手札を1枚捨てる。

■ジョラゴン・ビッグ1:ジョーカーズを自分の手札から捨てた時、その「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力を1つ使ってもよい。


 

www.dmasters-pohu.com

 

Jチェンジにてマナに送られた際、自身のマナ回収効果で手札を捨てればジョラゴンビッグ1を起動できます。

いつものように《ジョバート・デ・ルーノ》や《アイアン・マンハッタン》を捨てても良いですし、《ドンジャングルS7》を捨てる事によって再度《ソーナンデス》を呼び出し、先ほどマナ回収したジョーカーズクリーチャーを捨てる準備をする……等、中々の相性を誇っていると言えますね。これをうまく使ってジョラゴンを2体並べ、ジョラゴンビッグ1を無限に打ち出すようなすさまじいコンボも実現できるかもしれません。

 

もう一つ、マナ回収するクリーチャーに指定はありません。このクリーチャーと相性の良い《ドンジャングルS7》のみを出張させ、除去と防御とマナ回収を同時に行う……という使い方も考えられるでしょうか。ただ、手札を1枚消費してしまう事はやや痛いです。《黒豆だんしゃく/白米男しゃく》で容易にマナ回収が行える現状、デッキスペースを圧迫してまでするコンボでは無いのかもしれません。ディスカードをうまく使えるデッキであれば使ってみてもいいかもしれませんね。

 

 

まとめ

Jチェンジによるコンボ性の高さが光るクリーチャーです。

色々なジョーカーズとの組み合わせによってそのポテンシャルを存分に発揮させてあげたいです。

Jチェンジ8に対応するジョーカーズが増えれば、このクリーチャーの有用性もさらに上がる事でしょう。

 

 

以上。自然文明ジョーカーズはどこまで登って来れるのか。ポフルでした。