ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《南海の捜索者 モルガラ/トリプル・ブレイン》考察―【デュエル・マスターズ】

本格的に毎日更新がヤバい。ポフルです。続けるつもりですけれど。

 

本日は《南海の捜索者 モルガラ/トリプル・ブレイン》の考察です。

 コロコロオンラインにて情報が出てきました。

 

 

 

 

カード情報

 


南海の捜索者 モルガラ

水文明 ムートピア

コスト3 パワー1000

■このクリーチャーは、クリーチャーを攻撃できない。

■このクリーチャーは、ブロックされない。

■ラスト・バースト(このクリーチャーが破壊された時、このカードの呪文側をコストを支払わずに唱えてもよい)


トリプル・ブレイン

水文明 コスト5 呪文

■カードを3枚引く。


 

考察

ラストバースト持ちのツインパクトムートピアですね。

 

クリーチャーとして

ブロックされない能力とクリーチャーを攻撃できないデメリット を持つクリーチャーです。さらにラスト・バーストによってある程度の殴り返し耐性も存在しています。

ムートピア版《弾丸透魂スケルハンター》と見て良いかもしれません。さすがに攻撃されないまでは付いていませんが。

 

ブロックされない能力に関しては、「攻撃先を変更されない」にしてくれても良かったのではないかとは思いますが、そちらはもしかしたら火文明特有の能力として扱われているのかもしれませんね。解せぬ。

 

《煌世主 サッヴァーク》等の最近のメタリカを見る限り、また光のブロッカーの層が厚くなってきそうだという事や、《Dの牢閣メメント守神宮》が未だ優秀なS・トリガーカードとして存在している事等、アンブロッカブルの活躍場面はまだまだありそうな印象です。殴り返しへの弱さはラスト・バーストが補ってくれており、破壊以外の除去を撃たせられればむしろ「パワー1000のクリーチャーにわざわざ撃ってくれてありがとう」とお礼を言えるくらいではありますね。ビートダウン要員として見た際には決して悪くない感じです。

 

クリーチャーを攻撃できませんが、このパワーでは些細な問題です。どちらかと言えば青単速攻のようなデッキ向きのスペックという事もあってほとんどデメリットは無いと見て良いかと思います。

 

呪文として

《トリプル・ブレイン》のツインパクトカード化ですね。

ブレインと名の付く呪文なので《遣宮使ネオンクス》の対象にはなっています。ただネオンクスに特化するデッキでの活躍は微妙かもしれないですね。そう考える理由としては後述しましょう。

 

凄く無難なドローソースではあるのですが、《王立アカデミー・ホウエイル》及び《エナジー・ライト》ですら唱えるタイミングをつかみにくい現状、クリーチャー面のラスト・バーストで唱える事が主になりそうです。

 

ツインパクトとして

基本的にはクリーチャー面を使って積極的に攻撃していくカードになるでしょう。

《王立アカデミー・ホウエイル》よりも《デモンズ・ライト》の方が優先される現状を見るに、ただドローするだけのカードはよっぽどのコンボデッキでもない限り採用し辛いです。

 

クリーチャー面は完全にビートダウン向きです。少なくとも単体では「相手の行動を封じて勝つ」「独自のコンボに組み込んで勝つ」という感じの能力では無いです。その辺りが《遣宮使ネオンクス》のデッキで使う事を躊躇う理由ですね。

 

破壊されると3ドローという性質は、殴り返しによってカードアドバンテージを失う事が怖いビートダウンデッキにとっては素直に嬉しい能力です。基本的には、出すだけでカードを補給できる《貝獣 ホーラン》や、攻撃時にカードを増やす《プラチナ・ワルスラS》のようなカードの方が確実性があるので、ビートダウンでは優先されます。ただ、3枚のドローというのはなかなか破格です。それにプラスしてアンブロッカブルまで付いているので、なかなか優秀なクリーチャーと言えますね。

墓地ソースのような、破壊される事がそのままメリットになるようなデッキで使う事も考えて良いのかもしれません。

 

 一応、破壊されたら3ドローという点から、自分から破壊する方法を組み込んだコンボデッキに入れる余地はあるのかもしれません。《凶鬼03号 ガシャゴズラ》や《激天下!シャチホコ・カイザー》を使うようなデッキでのドロー手段として見てもいいのかもしれませんね。

 

 

まとめ

ビートダウン的には中々のスペックです。現状ちまちま殴るタイプのデッキは受け入れられにくい傾向はありますが、この子はどんな扱いを受けるのでしょうか。

もしくは、コンボデッキで輝く事になるのでしょうか。

 

以上。前にも言いましたが、更新できない場合はまた事前にTwitter等に書いておきます。ポフルでした。