ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《怒りの赤髭ゴセントラス/目覚めし鋼牙のブレイン》考察―地味には見えるがうまく使いたい【デュエル・マスターズ】

この子の考察。できてませんでしたよね。ポフルです。

 

《怒りの赤髭ゴセントラス/目覚めし鋼牙のブレイン》。ストレージでたまに見かけるカードになってしまったものの、つい最近この子を使うデッキで地獄を見せられた事もあるので、やっぱり考察するべきですよね。

 

 

 

 

カード考察

 


怒りの赤髭ゴセントラス

水文明 ムートピア

コスト7 パワー7000

■G・ゼロ:自分の墓地に呪文が10枚以上あれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。

■ブロッカー

■W・ブレイカー


目覚めし鋼牙のブレイン

水文明 コスト5 呪文

■カードを5枚まで引き、その後、手札を3枚捨てる。


 

考察

ムートピアのツインパクトカードになりますね。

 

クリーチャーとして

墓地に呪文が10枚あれば召喚可能な能力を持つクリーチャーになりますね。そのかわり、ブロッカーとW・ブレイカーしか持っていません。

 

G・ゼロによってタダ出しできるとはいえ、そのスペックはかなり地味な上に必要な呪文も10枚とかなり多いです。

序盤から《サイバー・チューン》等で墓地に呪文をため込む事ができるデッキでの活躍が主になるでしょう。

 

呪文として

カードを5枚引き、3枚捨てるという、これまた地味な能力です。ただ、5枚デッキを掘る事ができる上に3枚墓地を肥やす事ができる点はシンプルに強力です。5コストと重いですが、余計なカードを捨てる事で次のターンからの動きを安定させると共に手札を1枚増やし、さらに墓地に送ったカードを使ってコンボの準備もできる……と、遅めのコンボデッキやコントロールデッキ系統ならば嬉しい効果になっていますね。

また、「ブレイン」と付くので《遣宮使ネオンクス》のトリガーになりますね。

 


遣宮使ネオンクス

水文明 ムートピア/サイバー・コマンド

コスト8 パワー9000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、あるいは名前に《ブレイン》とある呪文を唱えた時、自分の山札の上から1枚目を墓地に置く。それが呪文なら、コストを支払わずに唱えてもよい。


ネオ・ブレイン

水文明 コスト4 呪文

■S・トリガー

■カードを2枚引く。


 

細かい利点としては、5枚まで引くという事からドローする枚数を調整できるので、ネオンクスでトリガーした際のライブラリアウトの心配もありません。

ツインパクトとして

どちらの効果もはっきり言って微妙と言わざるを得ない物です。呪文を大量に使うデッキでG・ゼロをうまく利用した大量展開で一気に盤面を制圧してみるデッキを考えてみるのも悪くはないかもしれません。

墓地の呪文の数だけコストを軽減するクリーチャーと併用するなり、ツインパクトカードを大量に採用して《龍装鬼 オブザ08号/終焉の開闢》の召喚を狙う……と言った使い方も考えられそうです。

 


龍装鬼 オブザ08号

闇文明 ドラゴンギルド/マフィ・ギャング

コスト9 パワー8000

■このクリーチャーを召喚するコストは、自分の墓地にあるクリーチャー1体につき1少なくなる。ただし、コストは0以下にならない。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのターン、そのクリーチャーのパワーは、自分の墓地にあるクリーチャー1体につき-1000される。

■W・ブレイカー


終焉の開闢

闇文明 コスト3 呪文

■自分の山札の上から3枚を墓地に置く。その後、クリーチャーを1体自分の墓地から手札に戻す。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

 

また、ネオンクスのデッキであればもしかしたら使えるかもしれません。

 

www.dmasters-pohu.com

 

デッキの性質上墓地に呪文が溜まりやすく、万が一ネオンクスのパチンコが外れた時にG・ゼロで出せるブロッカーとして扱えるので、相性が悪いという事は無さそうです。

上記デッキをベースにした時、《歴史を語るブレイン》を抜いてこのカードを採用しておけばデッキのクリーチャー比率が増える為、《ヴォルグ・サンダー》に対してある程度の耐性を得る事が可能になります。

 

まとめ

総じて、とにかく地味なためにあまり強い印象を受けないカードではあります。ブレインと名の付く呪文である事をうまく活かす必要性、一気に複数体並べる事による制圧等、しっかりデッキの方向性を考えた上で使ってみたいですね。

 

以上。兎の考察が進まん。ポフルでした。