ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ゴゴゴ・cho絶・ラッシュ》考察―中々馬鹿にできない割り振り火力系トリガー【デュエル・マスターズ】

ちょっと最近ゼニスデッキを本格的に研究し始めました。ポフルです。2ブロックも一旦終わったので、こちらの研究を進めなければ。

 

大型がどんどん並んでいく姿を見て、「なんだかんだ私は大型の大量展開も好きなんだな」と。

 

 さて、そんな今回、《ゴゴゴ・cho絶・ラッシュ》を考察していきましょう。コロコロオンラインからの情報になりますね。

 

 

 

 

カード情報

 


ゴゴゴ・cho絶・ラッシュ

火文明 コスト4 呪文

■S・トリガー

■自分の手札を1枚捨てる。相手のクリーチャーを、コストの合計がその捨てた手札のコスト以下になるように好きな数選び、破壊する。


 

考察

ディスカードと引き換えにした割り振り火力を行う呪文ですね。

 

手札消費は無視できないデメリットではありますが、捨てるカードによってはコスト4でとてつもない火力を実現する事が可能になりますね。

 

コストを参照とする割り振り火力呪文は、《めった切り・スクラッパー》を参考にすると「自身を唱える為のコスト-1の値分割り振る事ができる」というのが基本です。《めった切り・スクラッパー》はコスト7なのでコスト5以下のものについてはもう少し制限がかかる筈ではあります。

 


めった切り・スクラッパー

火文明 コスト7 呪文

■S・トリガー

■相手のクリーチャーを、コストの合計が6以下になるように好きな数選び、破壊する。


 

と考えた時、コスト4の割り振り火力呪文というのはS・トリガーも加味するなら「コスト2~3」くらいの割り振り火力になる事がほとんどとなる筈です。実例が無いのであくまで想定になるのですが。

 

手札消費を加味しても大型カードを捨てる事でそれ以上の火力を出す事ができるのはかなり嬉しいのではないでしょうか。大型を積んでいないとしても、コスト6~7でもそれなりの威力は発揮してくれそうです。

減ってしまった手札は、同じ文明のカードなら《勇愛の天秤》等で回復したり、《"轟轟轟"ブランド》等のG・G・G持ちでメリットへと変換する等していきたいですね。

 

ジョーカーズ等の、小型クリーチャーを大量に並べるデッキへのメタとしても中々頼りになりそうです。手札消費はやはり痛いですが、大型を大量に搭載したビッグマナのようなデッキであれば序盤からの大量破壊を狙う事が可能ですね。

《温泉 湯あたり地獄》《ゼンメツー・スクラッパー》あたりとは差別化が必要になってきますが、前者とはS・トリガーの有無で、後者とは安定した役割を持つ事ができるコスト参照かつ割り振り火力か、ピンポイントなもののアンタッチャブルに強い全体火力かという点で差別化はできています。

 

www.dmasters-pohu.com

 

 

 

しかし、どうせならもっと過激な事をしていきたいところでもあります。

最初に思いつく事としては、《伝説の正体 ギュウジンマル》や《なんか名前が長いチームエグザイル》あたりを捨てる事による疑似全体破壊でしょうか。

前者は回り始めた「至高のゼニス頂神殿」あたりのようにゼニスが大量に湧いてくる頭おかしいデッキに対しては全体除去としての役割を持ちにくいですが、後者であれば破壊耐性が無いような相手のクリーチャーはすべて破壊してしまえますね。それをたったの4コストで行う事ができる点は中々。なんか名前の長い奴を中心としたデッキではもしかしたら必須のカードになってくるのでは……?

 

捨てた手札を有効活用するのもまた一考ですね。自己再生能力を持つクリーチャーと合わせて使いたいところです。当然《インフェルノ・サイン》等で吊り上げる事を考えても良いかと。魔道具を溜めるデッキであれば《卍月 ガ・リュザーク 卍》とも相性がいいです。

墓地のカードを参照にコストを低くするカードとの併用も一考ですかね。墓地ソース……の場合は自身が呪文である事が災いしそうではありますが。

変わったところでは《聖霊龍騎セイント・ボルシャック》を採用した九極侵略にてトリガー要員とメタカード対策兼コスト軽減手段として使えるでしょうか。

 

当然、ツインパクトカードとの相性も良好です。特に極端にコストが低くて序盤に扱いやすい片側と、終盤に役に立つ高コストのもう片側を持つカードとの相性も良いですね。《黒豆だんしゃく/白米男しゃく》がその筆頭ですね。

 

まとめ

総じて、パワーカードとして使ってもコンボで使っても面白そうなカードだと言えますね。

 

カード間の組み合わせによって面白い組み合わせが考えられるだけに、やはりどうにかしたいところは手札消費でしょう。捨てたカードの有効利用か単純な手札補充、もしくはそんな補充がいらないくらいの大量破壊を実現するような形で使っていきたいですね。

 

 

以上。九極も久しぶりに変わった形で使いたい。ポフルでした。