ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《S.Q.QX/5.S.U.》考察―ピンポイントメタにとどまらなさそうな性能【デュエル・マスターズ】

足の裏が痛い。ポフルです。かなり疲れがたまっているのでは。

 

今回は、月刊コロコロコミック10月号付録のカード《S.Q.QX./5.S.U.》の考察です。

コロコロオンラインにて情報が出ています。……コロコロコミックを買った方は知っていたかもしれませんが。

 

 

 

 

カード情報

 


S.Q.QX.

自然文明 グランセクト

コスト3 パワー2000

■相手は自身の山札からカードを墓地に置くことはできない。


5.S.U

自然文明 コスト2 呪文

■自分の山札の上から5枚を見る。その中から、自然のコスト5以下のクリーチャーを1体、相手に見せてから手札に加えてもよい。残りを好きな順序で自分の山札の一番下に置く。


 

考察

グランセクトのツインパクトカードですね。

 

 

クリーチャー面

相手の墓地肥やしを制限するカードですね。……去年のこの頃でしたか《DG ~裁キノ刻》が出てきたのはと思って過去記事振り返ったら本当にこの時期でした。

今年は《卍 デ・スザーク 卍》関連、そしてムカデループあたりをメタって来たというところですかね。

 

ピンポイントメタカード全般に言える事ですが、刺さらない相手にはバニラ同然になってしまう事が欠点として挙げられます。ただ、この子の場合は攻撃できる事から最低限打点として扱える点、そしてツインパクトカードである点がその欠点を補ってくれています。

 

ひとまずこのメタ性能を見ていきましょう。

卍系統は、山札から墓地に置く事を規制された場合、墓地を肥やす方法は《堕魔 ドゥポイズ》で自身の魔道具を破壊するくらいになってしまいます。ただ、そのドゥポイズ及び《堕魔 ドゥシーザ》で対策できてしまうので、致命的なメタカードにはなり得ないでしょう。ただ、序盤に無駄なマナを使わせて相手のテンポを崩す事はできるでしょうか。

ムカデループにしても、大抵ドゥポイズが入ってきますね。ドゥポイズだけを警戒するなら他にクリーチャーを並べれば良さそうではありますが。除去が得意な闇文明へのメタカードとしては、除去耐性が無い点が少し不安な所です。

 

デザインとしては、《Q.Q.QX.》の5.S.D.のサポートでしょう。相手が横向きのカードを墓地に送る事によって敗北を回避してしまう事を防いでくれます。

あんまりこういうわかりやすすぎるシナジー好きじゃないですけれど。

 


Q.Q.QX.

自然文明 グランセクト

コスト4 パワー4000

■5.S.D:このクリーチャーがシールドをブレイクする時、相手はそのシールドのカードを手札に加えるかわりに、自身の山札の上から4枚目の位置に、横向きに刺す。

■相手は自身の山札の横向きのカードを手札に加えた時、ゲームに負ける。

■相手は自身の山札を見たり、順番を入れ替えたりできない。

■このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、相手は自身の山札をシャッフルする。


終葬 5.S.D

自然文明 コスト8 呪文

■相手のクリーチャーを1体選ぶ。相手はそれを自身の山札の上から4枚目の位置に、横向きに刺す。

■このカードをバトルゾーンに出す。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

呪文面

クリーチャーのサーチですね。ただし、この呪文面のみを見た時には《未来設計図》に大きく劣ります。

 

コスト制限が存在しているので、できれば自然のコスト5以下のクリーチャーが軸になる、または切り札となるようなデッキで採用したいところです。こちらもまた《Q.Q.QX.》との相性が見受けられますね。

一応それ以外のデッキでも、2ターン目に3コストブーストカードを獲得する等、有効活用はできそうです。

 

ツインパクトとして

墓地肥やしを全く行わない相手に対してはサーチカードとして使う事ができる、無駄になりにくいカードになっています。

 

実際に墓地肥やしを行う相手に刺さるかどうかは微妙な所はあるものの、序盤にとりあえずテンポを崩す最低限の性能は発揮してくれそうです。

 

まとめ

この時期の定番となるのでしょうか、コロコロ付録のメタカード。

今回はメタ対象となる相手の文明との相性がそこまで良くないので致命的な弱点とまではいかなくなっていますが、墓地肥やしを行うデッキへの対策にもう一歩何か欲しいと思っている時にどうでしょうか。

 

以上。足つぼ踏みが痛すぎる。ポフルでした。