ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《堕魔 ドゥリンリ》考察―魔道具の低コストシステム【デュエル・マスターズ】

未だに対卍のプレイングで悩む。ポフルです。卍のデッキをはじめて考えた時から感じていた事ですが、あの子達器用過ぎてなんにでも対応できるんですよね。

 

 さて、今回はそんな卍関連である種族、魔道具より新規に登場します《堕魔 ドゥリンリ》を考察していきましょう。コロコロオンラインからの情報です。

 

 

 

 

 

カード情報

 


堕魔 ドゥリンリ

闇文明 マフィ・ギャング/魔道具

コスト2 パワー2000

■自分のターンの終わりに、自分の山札の上から1枚目を墓地に置いてもよい。


 

 

考察

2コストで、自分ターンの終わりに1枚墓地を肥やしてくれるシステムクリーチャーですね。2コストという軽さが最大の魅力ですね。早い段階から墓地肥やしをしてくれます。

 

ただし、軽さと引き換えに除去に弱い点には注意しておきたいですね。パワー2000と、一番隊やオニカマス対策に採用された《ワ・タンポーポ・タンク》や《ゼンメツー・スクラッパー》でついでのように対策されてしまいます。そこまでの速さを求めないのであれば、同じマフィ・ギャングの中でも《凶鬼09号 ギャリベータ》あたりの採用を考えてもいいかもしれませんし、ある程度墓地を肥やせばいいデッキであれば《凶鬼23号 グザリ》を優先する事も考えたいですかね。

 


凶鬼09号 ギャリベータ

闇文明 マフィ・ギャング/デーモン・コマンド

コスト5 パワー5000

■このクリーチャーを、自分の墓地から召喚してもよい。

■自分のターンの終わりに、自分の山札の上から2枚を墓地に置いてもよい。そうしたら、カードを1枚引く。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

 

魔導具として見た場合、墓地肥やしシステムというのはうれしい所ですね。門を開いた後に《サイコロプス》や《オリオティス・ジャッジ》等で魔法陣ごとデッキの中に戻されてしまった場合、緩やかにデッキを回復させる事が期待できます。

……ただし、魔道具には既に《堕魔 ヴォガイガ》や《堕魔 ヴォーミラ》といった優秀な墓地肥やしクリーチャーが存在しており、墓地肥やしはそれら魔道具だけで十分な場合も多いです。3コストの《堕魔 グリール》や《堕魔 グリギャン》でも墓地肥やしはできますね。

また、2コストの魔道具には、対ジョーカーズにおいて優秀な《堕魔 ドゥシーザ》、そして相手のシステムクリーチャーを低コストで除去できる魔道具版学校男こと《堕魔 ドゥポイズ》が存在しています。それら2コスト魔道具を押しのけてまで今以上に墓地肥やしを採用したいかと問われると、首をかしげる方も多いかもしれません。

 

墓地ソース的にも、一度に肥やせる量と質で優るアツトノロンあたりが優先されそうですね。

 

まとめ

毎ターン墓地肥やしができるクリーチャーの中でも軽いので優秀な事には間違いないです。しかし、他のライバルたちとどう差別化していくかが悩ましいクリーチャーですね。

 使いこなせる方にはちょっと嫉妬してしまうかもしれないです。

 

 以上。……彼女の卍にも今勝てるのかどうか。ポフルでした。