ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《煌世の剣 メシアカリバー》考察―最近のスタートデッキの切り札は優秀【デュエル・マスターズ】

本日、スタートデッキ発売日。私はたぶんゼニス買ってお金ないです。ポフルです。

 

では、ネット上でまともに情報が解禁されなかった《煌世の剣 メシアカリバー》をやっと考察できるという事です。張り切って考察しましょう。

 

 

 

カード情報

 


煌世の剣 メシアカリバー

光文明 メタリカ/サバキスト

コスト7 パワー7000

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■自分のシールドゾーンにカードが置かれた時、次の自分のターンのはじめまで、このクリーチャーはバトルゾーンを離れない。

■自分のシールドゾーンからカードが離れた時、このクリーチャーをアンタップする。


 

考察

スタートデッキの切り札ですね。コスト7でパワー7000とコストの割には低めのパワーですが、中々強力な効果を複数所持しています。

メタリカのブロッカーと聴くと、ひと昔前では「珍しい!」と騒いでいた私ですが、最近は珍しくもなんともなくなってきましたね。

 

まず注目したいのは、シールドゾーンにカードが置かれた時の完全除去耐性ですね。

シールドゾーンにカードを置くという、光文明であればそこまで苦にならない程度の条件で完全耐性を発揮してくれるのはうれしい所ですね。一番簡単なのは《憤怒スル破面ノ裁キ》でしょう。《プロテクション・サークル》も同じくらい簡単ですね。

完全耐性を利用したコンボの為に使う事も考えられますね。《守護すぎる守護 鋼鉄》を使ってシールドセイバーを付与する、《頂天聖 レオザワルド》で敗北を無限に阻止する……という使い方も考えられるでしょう。こうした使い方ができるカードの中でも特に条件が緩いので、コンボ成立の難易度も比較的低めですね。

1枚で毎ターン耐性を与えたいならば、オススメは《巡ル運命ノ裁キ》になりますね。

 

そういったコンボを考えずとも、シールド追加能力を持つカードとの組み合わせ、及び自身のアンタップする能力と合わせれば相手の攻撃をしつこく止めるいやらしいクリーチャーになってくれます。

《煌龍 サッヴァーク》や《煌世主 サッヴァーク》、もう少し地味なもので《奇石 ソコーラ》あたりを使って、毎ターンシールドを増やす事ができるようにしてあげれば、毎ターンしっかり完全耐性を発揮しつつ、増えたシールドは守り、守りを突破されてシールドをブレイクされればまた立ち上がって守り……これは勇者ですね。魔王と称した煌世主よりも煌世主してますわ。

 


煌世主 サッヴァーク

光文明 マスター・ドラゴン/メタリカ

コスト10 パワー17000

■相手のクリーチャーが攻撃する時、自分のシールドゾーンにある表向きのカードを3枚裏向きにしてもよい。そうしたら、このクリーチャーを手札からバトルゾーンに出す。

■ブロッカー

■ドラゴン・T・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを3つブレイクする。各ブレイクの前に、自分の山札の上から1枚目を、裏向きのまま新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置くか、表向きにして自分のシールド1つの上に置く)

■自分のシールドゾーンに表向きのカードが3枚以上あれば、このクリーチャーはバトルゾーンを離れない。


 

www.dmasters-pohu.com

 

 

 

と、勇者と称しておきながらあれですが、《DG ~ヒトノ造リシモノ~》と組み合わせれば2回攻撃が可能です。メシアカリバーで攻撃後、ヒトツクで《天ニ煌メク龍終ノ裁キ》を含む自分のシールドをブレイクしてしまえば、相手のクリーチャーを無力かしながらアンタップと、魔王染みた事もしてくれます。しかも完全耐性。

相手を力でねじ伏せる今回の光文明、絶対正義じゃない。

……アルファディオスが仙界を汚染してたらしいし、ある意味いつもの光文明か。

 

完全耐性を身にまとい、相手を攻めつつ、相手に攻められれば起き上がって守りの態勢に入りつつ……と、攻防一体のメタリカらしいカードだと言えそうですね。

 

まとめ

《ガンバトラーG7》といい、最近のスタートデッキの切り札は中々良い物が揃っていますね。今回はやや受け身なカードという印象が強いので世間での評価は賛否両論と言ったところではありますが、スペックはスタートデッキのカードとは思えない強さだと感じています。

おもしろいコンボに使うのも良し、スペックのごり押しで攻めも守りも行っていくのも良しの、非常にユニークなカードだと言えるでしょう。

 

 

以上。いつかはこの子も確保しておきたい。ポフルでした。