ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ギラメシア♰》考察―こちらのプロモは色々微妙【デュエル・マスターズ】

晩酌の環境が揃った時にお金が無かった。ポフルです。

……今週末リベンジだ!!!

 

今回は、月刊コロコロコミックの付録から《ギラメシア✝》を考察します。

 

 

 

 

カード情報

 


ギラメシア♰

光文明 マスター・ドラゴン/メタリカ

コスト7 パワー7500

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーが攻撃した時、自分の山札の上から1枚目を表向きにして自分のシールド1つの上に置く。

■自分のターンの終わりに、自分のシールドゾーンにある表向きのカード1枚を裏向きにしてもよい。そうしたら、このカードをアンタップする。


 

考察

出た時に表向きのシールドカードを増やす能力、そしてターンの終わりに表向きのシールドを裏向きにする事で自身をアンタップする能力を持ちますね。

光文明でコスト7のマスター・ドラゴンなので、《ドラゴンズ・サイン》に《天ニ煌メク龍終ノ裁キ》と言った優秀なサポートに対応している点はうれしい所です。

 

ただし、能力に関しては特に優秀な所は無い……ですね。

シールドの上から1枚を表向きで置く効果に関しては他にも色々なカードが存在しています。《煌メク聖戦 絶十》や、ライブラリアウトの危険性や表向きで置く場所に拘らないのであれば《サッヴァーク~正義ノ裁キ~》等ですね。

また、ターン終わりにアンタップする能力は優秀なのですが、そのために《煌龍 サッヴァーク》の耐性、《サッヴァークDG》の踏み倒し、《煌世主 サッヴァーク♰》の踏み倒しと完全耐性等の強力な効果のコストや条件となる表向きのシールドを裏向きにしてまで獲得したい能力かと問われると微妙な所です。

 

そもそも光のドラゴンでターンの終わりにアンタップするクリーチャーとして《革命龍 スターリースカイ》が既に存在しています。

マスター・ドラゴン/メタリカという種族の違いこそあれど、単純にターンの終わりにアンタップする能力が使いたいのであればこちらを優先すればいいでしょうね。

 

このクリーチャーはむしろ、相手の《煌龍 サッヴァーク》へのピンポイントメタとしての性能に期待した方がいいのかもしれません。シールド回収以外で自分のシールドを裏向きにできるカードというのは中々貴重な存在ですね。……ピンポイントメタという時点でお察しではありますが。

 

今のところ、表向きのカードを裏向きにする利点が存在しないと言っても過言ではないので、評価はこの辺りに落ち着きます。万が一、表向きのシールドを裏向きにする事へのメリットができれば、この子を使う理由も出てくるでしょうか。

 

まとめ

単体で見たときに上位互換の存在が気になるところです。また、独自の効果は持っているものの、その独自過ぎる効果のおかげで採用の余地も微妙な所になってしまっています。

この先、その独自の効果を活かす事ができるかどうかがポイントになりそうです。

 

 

以上。お酒大好き。ポフルでした。