ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《A.Q.C》考察―良いセンスが見えるスペシャルズ【デュエル・マスターズ】

スタートデッキのメタリカも今後のメタリカも気になるポフルです。

スタートデッキの新規についてはゆっくりと……と言っても後2枚程度ですが。

 

今回は《A.Q.C》ですね。コロコロオンラインで発表されたスペシャルズの1体です。

 

 

 

カード情報

 


A.Q.C

光文明 メタリカ/スペシャルズ

コスト7 パワー8500

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手の進化ではないクリーチャーを1体選び、表向きにして持ち主のシールド1つの上に置く。(そのシールドの束は1つと数える)

■相手は、自身のシールドゾーンにある表向きのクリーチャーと同じ名前のクリーチャーをバトルゾーンに出せない。


 

考察

「永久歯」を上手く駄洒落っぽくしてくれた、私は中々好きなセンスのクリーチャーです。……メタリカのスペシャルズは気に入るものが多いですね私。

 

ネタっぽい見た目ですが、実力は中々のものですね。相手のシールドに表向きで貼り付けたクリーチャーを使用不可能にする能力を持っています。自身にもシールドに表向きで貼り付ける能力があるので、ほぼ確実に1体は封印する事ができますね。

 

ここ最近、4×10枚のデッキが「綺麗な構築」と呼ばれる傾向にある事を考えると、この同名クリーチャーを封印してくれる能力はうれしいものになりますね。特にデッキの軸となるシステムクリーチャーを表向きで貼り付ける事ができれば万々歳ですね。

 

除去に関しては、進化クリーチャーを対象に取れない点が惜しい所ではあります。とはいえ光文明にとっては貴重な除去能力です。最近は進化クリーチャーが採用されていないデッキも多いので、そういった環境であれば十分な活躍ができる事でしょう。

 

 

採用するなら、やはり相手のカードを表向きでシールドに張り付けやすいDG系列のデッキ……と言いたいところですが、ドラゴンでない事から踏み倒し方法に困るところではありますね。耐久力に優れたデッキではあるので、2枚程積んでおくことで活躍させる事も出来そうです。ただ、確実に使いたいのであれば、《一番隊クリスタ》を採用したメタリカデッキでの除去枠、もしくは《煌メク聖戦 絶十》を軸としたメタリカデッキで使うかですね。特に後者であれば、《煌龍 サッヴァーク》や《断罪スル雷面ノ裁キ》を採用する理由も出てくるのでより相性が良いかもしれないですね。

 


煌メク聖戦 絶十

光文明 メタリカ/サバキスト

コスト5 パワー4000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目を、自分のシールド1つの上に表向きにして置く。(そのシールドの束は1つと数える)

■自分のシールドゾーンにカードが置かれた時、このターン、次に使う光のカードのコストを、最大3少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。

■サバキZ(裁きの紋章が自分のシールドゾーンから手札に加えられた時、そのカードを捨ててもよい。そうしたら、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚する)


 

www.dmasters-pohu.com

 

難易度こそ高いものの、メタリカの代表的な踏み倒し手段のほとんどに対応しています。タップされて出るものが多いのでブロッカー能力が活かしにくい場合もありますが、出したいのであれば十分候補になりそうですね。

 

ただし、所謂「墳墓避け」を行っているデッキに対しては少し活かしにくい点には注意が必要です。

上級者のコントロールデッキや初心者のジャンクデッキを相手にする際にはうまく活躍できないかもしれません。

 

まとめ

癖の強いスペシャルズの中ではかなり有用なクリーチャーですね。

使いこなす事ができればかなり心強そうなクリーチャーになりそうです。

 

 

以上。……多くは語れませんが、本当にメタリカはどこに向かうのか気になりすぎる。ポフルでした。