ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ソプラノ裁徒/メロディアス・メロディ》考察―防御札としては良き【デュエル・マスターズ】

毎日やる事こなしながら代表戦で使うデッキ考えてるのですが、最終的にキュラックスコントロールに行き着くポフルです。

最近中速デッキの特訓してるしそっち方面で出ればって思うんですけれどね。

 

さて、今回は《ソプラノ裁徒/メロディアス・メロディ》の考察です。

 

 

 

カード情報

 


ソプラノ裁徒

光文明 メタリカ/サバキスト

コスト3 パワー3500

■ブロッカー

■このクリーチャーは相手プレイヤーを攻撃できない。

■ラスト・バースト


メロディアス・メロディ

光文明 コスト4 呪文

■S・トリガー

■相手のクリーチャーを2体選び、タップする。


 

考察

メタリカのラストバースト持ちツインパクトカードですね。

 

クリーチャーとして

3コストのブロッカーとして特に目立つ部分の無いクリーチャーではありますね。ラスト・バースト先の呪文がどんなものかにかかっていると考えて良いと思われます。

 

さりげなく、メタリカとしては珍しい相手プレイヤーを攻撃できないタイプのブロッカーではあります。ラビリンスを使うデッキの場合はその受動的性能が敬遠されそうなので、相手のシールドを攻撃するよりも優先して自分のシールドを維持する必要がある紋章絡みのデッキでの活躍が主になりそうですね。スタートデッキとの相性は良さそうです。

 

呪文として

S・トリガーを持ち、相手クリーチャーを2体タップする能力を持ちます。

 

コスト3で2体のクリーチャーをタップでき、特定のデッキではコンボカードとしての活躍も期待できる《攻守の天秤》、タップできるクリーチャーの数が1体多い上にボーナス付きの《オヴィデンス・メーザー》と比べると劣ってしまいがちなので、ツインパクトである事、クリーチャー面のラスト・バーストで唱える事ができる点を活かしたいところですね。

 

ツインパクトとして

全体的に見て、「シールドに落ちても腐らない《時空の守護者 ジル・ワーカ》」と言えるでしょうか。

 

3コストで出せて、さらに相手のクリーチャーを最大3体止める事ができるという性能は、速攻対策として優秀過ぎる程です。さらにシールドトリガーとして使っても2体のクリーチャーを止める事ができると、とにかく対ビートダウン性能に優れたカードだと言えるでしょう。

また、クリーチャー面が場にある時に呪文面を唱えて、序盤の《ヤッタレマン》あたりをタップキルするという使い方も考えられます。

 

ただし、3500と中途半端に高めのパワーが欠点となる事もありそうです。轟轟轟デッキのウィニー軍団に対しては自身が破壊されずにラスト・バーストを活かす事ができないという事態もあり得そうです。

 

メタリカデッキでは、《一番隊クリスタ》と《龍装者バーナイン》によって大量展開しやすいコストが利点として挙げられそうです。ただし前述の通り相手のシールドに攻撃できない点は、ラビリンスを扱う際に気になりそうな点です。

 

 

まとめ

防御札として見ると、なかなかのハイスペックです。

合うデッキを探してあげたいですね。

 

 

以上。キズナデッキを本格的に中速として考えようか。ポフルでした。