ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《The ガッツリ漢》考察―そんな事よりとか言ってた頃が懐かしい【デュエル・マスターズ】

 ラーメン食べたい。ポフルです。

 

 

今回、そんな私の欲望を満たしてくれそうでくれないイラストを持ったクリーチャー《The ガッツリ漢》の考察をしていきます。

新パックは明日発売でしたね。そういえば。

 

 

 

 

カード情報

 


The ガッツリ漢

自然文明 ジョーカーズ

コスト7 パワー9000

■シンパシー:(漢)と名前にあるクリーチャー(このクリーチャーを召喚する時支払うコストは、バトルゾーンにある自分の(漢)と名前にあるクリーチャー1体につき1少なくなる。ただし、コストは0以下にならない)

■W・ブレイカー

■自分の他の(漢)とあるクリーチャーはすべて、パワーを+4000され、シールドをさらに1枚ブレイクする。

■自分の(漢)と名前にあるクリーチャーが攻撃する時、(漢)と名前にあるクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。


 

考察

《出前一丁 チャル名人》に続いて、ラーメンクリーチャー……いえ、ラー漢クリーチャーをサポートするクリーチャーになりますね。

 

漢と名の付くクリーチャーの数だけコストを減らすシンパシー能力持ちです。コスト2という最軽量の《The ラー漢》《The ソー漢》、さらにジョーカーズなので《ヤッタレマン》《ヤッタレ総長》のコスト軽減に対応、《ソーナンデス》あたりのJチェンジに対応……と、出す方法はチャル名人以上に豊富ですね。

 


ソーナンデス

自然文明 ジョーカーズ

コスト6 パワー7000

■マッハファイター

■Jチェンジ8(このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーと自分のマナゾーンにあるコスト8以下のクリーチャーのジョーカーズと入れ替えてもよい)

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、自分の手札を1枚捨ててもよい。そうしたら、クリーチャーを1体、自分のマナゾーンから手札に戻す。


 

www.dmasters-pohu.com

 

しかもこの子はマナブーストが得意な自然文明です。コスト7は自然文明的にはそこまで気になる事はありませんね。

 

 自身の他の(漢)のブレイク数を増やす能力は、基本的にビートダウンが基本の漢クリーチャーにとってはうれしい物です。そもそも漢クリーチャーが準バニラばっかりですし。

 

一番の特徴は、漢クリーチャーの攻撃時に漢クリーチャーをマナゾーンから踏み倒す能力でしょう。……ちゃんとハンタークリーチャーさえ場に存在していれば《燃える漢魂「四つ牙」》を出す事も出来ますね。

 

漢クリーチャーが攻撃する度に漢を踏み倒す事ができるので、《ガンバトラーG7》との相性は抜群と言って良いでしょう。出てくる漢クリーチャーを即座に攻撃させるようにできれば、シールドブレイク数増加の事もあってワンショットキルも簡単に達成できそうです。自身のシンパシー能力と、G7の召喚コストを軽減する条件が似通っている事で併用が容易な点も相性が良い点ですね。

 

 

前述の出しやすさ、サポート能力の強さから、(漢)クリーチャーを使うデッキが「ネタデッキ」から一気に戦えるデッキになってきそうですね。

 

 

まとめ

漢クリーチャーのサポートとしてはかなり有能なクリーチャーです。今まで私がブログの更新を続けつつ息抜きをする為にネタ記事を書いてきた事が懐かしくなるくらいには実用性のあるクリーチャーだと考えています。

明日のパック発売が楽しみになりますね。

 

 

以上。脂が食べたい。ポフルでした。