ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《卍堕呪 ゾグジグス》考察―水文明魔道具の実力はいかに【デュエル・マスターズ】

 今回のパックは新章の3弾と同じくサプライズが多いですね。ポフルです。

 

 とにかく派手なカードだったり、今までにない新しいタイプのデッキを提案してくるカードだったりとバラエティに富んだ印象の今回のパック。その中でもひと際目立っている《卍堕呪 ゾグジグス》を考察していきましょう。

 

 

 

 

カード情報

 


卍堕魔 ゾグジグス

水文明 魔道具 コスト6 呪文

■自分のクリーチャーを1体選ぶ。そのクリーチャーに含まれるカード1枚につき、カードを1枚引いてもよい。その後、そのクリーチャーに含まれるカード1枚につき、相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。

■このターン、自分の手札の枚数以下のコストを持つ呪文を、相手は唱える事ができない。


 

 

 

考察

水の魔道具というサプライズに満ちた呪文ですね。

 

この子の他にも水の魔道具は何枚か収録されており、水文明がやっと動きを見せてくれたという感じです。……侵略されてる側ですが。

 

水文明の魔道具はすべて呪文なので、魔道具クリーチャーが必要となる通常の「無月の門」よりは、墓地に魔道具を溜めるだけで召喚条件を満たす事ができる「無月の門・絶」の方が相性が良いかもしれません。通常の無月の門を考えるなら、闇文明との併用は必須と考えて良いでしょう。

 

自分のクリーチャーに含まれているカード1枚につき1枚カードをドローする呪文です。

これは「「無月の門」と共に使え」と言っているようなものですね。《卍月 ガ・リュザーク 卍》と共に使えば6コストで合計7枚のドローとかなり破格なドロースペルとなります。

これに加えてさらに、相手のクリーチャーを選択したクリーチャーのカード数だけバウンス、さらに、そのターンのみとはいえ自分の手札の数以下の呪文を封じる能力まで持っています。SRに相応しい爆発力を秘めた呪文と言って良いですね。

 

一応、通常の進化クリーチャーとの併用でも、2枚ドローに加えて相手のクリーチャー2体をバウンス、さらに呪文封じと破格のスペックではあります。同じ水文明の中であれば《超奇天烈 マスターG》のようなそこそこ場持ちの良いクリーチャーを使うのも一つですね。

 

変わったところでは、ゴッドを使うデッキで使うのも良いですかね。

《プロジェクト・ゴッド》と《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》を採用しているなら色の心配もいりません。4体リンクした神帝あたりの補助として使ってみても面白いのかもしれませんね。

 

無月の門との併用の場合……というより、今までの魔道具を使ったデッキでの併用の場合、待望と言って良いかもしれないトリガー封じ手段としての採用が検討できます……が、ヴォガイガで回収できない水文明、ドローにそこまで優れているわけでは無い闇の魔道具達の事を考えるとかなり相性の良いものでもなさそうです。手札の数はは自身の効果で補う事ができるものの、ライブラリアウトの危険性も考えれば中々リスクのある選択と言えそうです。

それでも、前述の通り待望のトリガー対策カードである事には間違いないので、そうしたリスクも承知の上でうまく使ってあげたいですかね。

 

 

まとめ

水の魔道具というサプライズ、3つのメリット能力と、SRに相応しい派手な呪文です。

魔導具として見ても、待望のトリガー封じカードです。

実用性は高いので、後はデッキビルダーの腕次第と言ったところでしょうか。少なくとも「色が合わないから採用できません」と割り切るには少し早いでしょうね。

 

 

以上。メタリカにジョーカーズに忙しい。ポフルでした。