ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《堕天ノ黒帝 絶十》考察―闇堕ちサバキスト……【デュエル・マスターズ】

サバキストそのものはともかく、サバキストクリーチャーの名前は割と好き。ポフルです。

 

 

さて、今回は双極編第3弾より《堕天ノ黒帝 絶十》の考察ですね。

 

 

 

カード情報

 


堕天ノ黒帝 絶十

闇文明 マフィ・ギャング/サバキスト

コスト7 パワー6000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、シールドゾーンにある表向きのカードを3枚まで選び、持ち主の墓地に置く。

■相手のクリーチャーが攻撃またはブロックした時、相手は自身の他のクリーチャーを1体選び、破壊する。

■他のクリーチャーが破壊された時、カードを1枚引く。


 

考察

マフィ・ギャングでありながら、メタリカ特有の種族「サバキスト」を持つ珍しいクリーチャーですね。アニメにてその闇堕ち過程は確認できました。そんなに変わった話でもないけれど

 

能力としては、シールドの表向きのカードを3枚墓地に送る能力、相手のクリーチャーが攻撃かブロックした時に発動する除去能力、そして《封魔妖スーパー・クズトレイン》と同じ能力ですね。

シールドを墓地に送る能力については相手を選ぶ部分があるので後々。このクリーチャーを採用する場合に考えるべきはその他の能力がどれだけ有用なのかを考察する必要があるでしょう。

 

相手が行動する度に相手のクリーチャーを破壊していくその姿には、相手の行動を縛る光文明の面影を感じますね。さらに自身のドロー能力とも噛み合っているので、相手の攻撃とブロックの抑制力は中々の物ですね。

 

基本的にはスーサイド戦術を得意としたマフィ・ギャングのようなデッキで、ドローシステムと相手の行動を妨害するシステムの両立を狙いたいところですね。コスト7なので《法と契約の秤》で蘇生できる点はうれしいです。

 

さて、考察の目玉となるのは、表向きのシールドを墓地に送る能力でしょう。

はっきり言って、自身の表向きのシールドを墓地に置くことによるメリットは現状無いと言って過言ではないので、基本的には城メタ、及びサッヴァーク関連裁きの紋章関連へのメタと見た方が良さそうです。

 

墓地利用、墓地回収ができるデッキにおいて、《断罪スル雷面ノ裁キ》あたりで除去されてしまった自分のクリーチャーを墓地に戻す事ができる点は、サッヴァークメタとしては優秀です。この先サッヴァーク関連のカードが環境に出てくるようならそれの対策として+相手の攻撃抑制カードとして使いたいでしょうか。

 

 

コンボを考えるのであれば、一時期話題となった《処罰の精霊ウラヌス》と組み合わせたいところですかね。

 

結局「相手のシールドカードを表にするためにクリーチャーを並べなければならない」という難易度的な問題は出てきますが、《煌龍サッヴァーク》の時と比べると「自身のクリーチャーを場から離すカード」を採用する必要は無いので、単純に相手のシールドを焼却するコンボとしてはサッヴァークとの組み合わせよりも優秀です。

 

 

まとめ

ピンポイントメタカードとして微妙な扱いを受けそうなカードではありますが、全体的には悪くないカードとしてみる事ができそうです。

コンボカードとしてもおもしろい事はできそうです。

 

ただ、スーパーレアらしい能力では無い気がして、ちょこっとアレですかネ。イラストはすごく良いので、ぜひとも使いこなしてみたいです。

 

以上。この子、明日には改心します。ポフルでした。