ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《聖煌ノ天帝 絶兆》考察―即堕ちの即堕ち。その美しさ【デュエル・マスターズ】

……こちらのミスにより、12:00更新できてませんでした。ポフルです。

申し訳ありませんでした。

 

今回は前回予告した通り《聖煌ノ天帝 絶兆》の考察になります。

 

 

 

 

カード情報

 


聖煌ノ天兆 絶兆

光文明 メタリカ/サバキスト

コスト7 パワー6000

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、あるいはこのクリーチャーまたは他のクリーチャーが破壊された時、山札の上から1枚目を表向きにして自分のシールド1つの上に置いてもよい。(そのシールドの束は1つと数える)

■相手のクリーチャーが攻撃またはブロックした時、相手は自身のアンタップしているクリーチャーを1体選び、タップする。


 

考察

先日考察した《堕天ノ黒帝 絶十》がまたメタリカに帰ってきた姿……ですよね。

 

www.dmasters-pohu.com

 

あちらが持っていた表向きのシールドを墓地に送る能力は、逆に表向きのシールドを増やす能力へと変わりました。

相手のクリーチャーが行動した時の破壊効果は、タップする効果へと変換されましたね。

 

自身のクリーチャーが破壊された時にシールドを表向きで追加する能力はシールド総数を増やす事にはつながらないので、《真聖教会 エンドレス・ヘブン》のような強力な感じはないですね。精々S・トリガー率を増やすのみです。

ここやはり表側のシールドを使ったコンボに組み込みたいです。

 

《煌龍サッヴァーク》との相性は最高の一言ですね。

 

あちらの効果で破壊されて墓地に送られるクリーチャーを維持、破壊自体はされているので絶兆の効果で表向きのシールドを補充……というコンボによって、自身のクリーチャーは山札が切れない限り破壊への耐性を持つ事になります。《永遠の少女 ワカメチャ》でライブラリアウト対策まで組み込めば完璧です。

破壊以外に除去方法を持たないデッキにとっては恐ろしい壁になりますね。

 

その他、軽量ブロッカーと《超運命アミダナスカ》との組み合わせも気になるところです。

シールドを守りながらブロッカーが破壊される事でシールドゾーンにカードが置かれ、アミダナスカの踏み倒しが起動……と、シナジーを見せてくれますね。

 

相手のクリーチャーが行動する度に相手クリーチャーをタップする能力についてはややおまけ程度に見えてしまいます。悪い効果では無く、いざ使われてみると中々厄介な能力にはなりそうです。特に相手を攻撃する事でアドバンテージを稼ぐクリーチャーが多いメタリカを相手にする場合、ブロッカーをタップされてしまう事はちょっと困りますね。

 

 

まとめ

今までのメタリカクリーチャー達との組み合わせによって輝きそうな能力になっていますね。

単体で強いというカードではなさそうですが、一工夫する事で面白いことができそうです。

 

 

以上。……次から気をつけます。ポフルでした。