ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《凶鬼卍号 メラヴォルガル》考察―今までになさげな攻撃的な門【デュエル・マスターズ】

最近私のパソコンが年寄りになってきた。ポフルです。

……そろそろ変え時ですかね……。せっかくならもう少しコンパクトなものを。

 

 

 さて、今回は《凶鬼卍号 メラヴォルガル》の考察をしていきましょう。

 

 

 

 

カード情報

 


凶鬼卍号 メラヴォルガル

マフィ・ギャング/デーモン・コマンド/ドルスザク

コスト8 パワー11000

■無月の門:自分の魔道具をバトルゾーンに出した時、自分の魔道具をバトルゾーンと墓地から2つずつ選び、このクリーチャーを自分の手札または墓地からそれら4枚以上の上にコストを支払わずに召喚してもよい。

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のシールドを2枚ブレイクする。その後、自分のシールドを2枚ブレイクする。

■自分のシールドが1つもなければ、このクリーチャーに「ブロッカー」を与える。


 

考察

無月の門を持ったクリーチャーですね。何体目かはわかりませんが。

 

相手のシールドを2枚ブレイクした後、自分のシールドを2枚ブレイクする能力、そして自分のシールドが無い時にブロッカーを持つ能力をもっていますね。今までの門持ちクリーチャーの中でも攻撃的な能力になっています。

 

相手のシールドをブレイクする能力は、NEO進化以外に出たターンに攻撃できる能力が無い魔道具関連デッキにとってはうれしい場面も多いでしょう。自分のシールドもブレイクしてしまいますが、そこは自身のブロッカー化でうまくカバーしたいところですかね。シールド回収による手札補充も考えたいです。

 

既に使われている魔道具デッキに投入するのは賛否分かれそうです。ややコントロール気味に戦う《卍 デ・スザーク 卍》のデッキでは、相手のシールドをブレイクする事による相手への手札供給が気になってしまいます。とはいえ、素早く勝負を決めたい場面においてこの子を出す事ができればかなり心強い事もありそうですし。

《堕魔 グリール》を用いてそこそこ積極的に殴る事を視野に入れたデッキだったり、ターン終了時に《追憶人形ラビリピト》と《卍月 ガ・リュザーク 卍》で全ハンデスを積極的に狙いに行くようなデッキであれば活躍できるのかもしれません。

 

そのラビリピトとの相性は中々良いですね。

 


追憶人形ラビリピト

闇文明 デスパペット

コスト4 パワー2000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。

■自分のターン中に、コスト8以上のクリーチャーを召喚した時またはコスト8以上の呪文を唱えた時、相手は自身の手札をすべて捨てる。


 

www.dmasters-pohu.com

ラビリピトが場にいる時にこの子の門を開いてあげて、シールドブレイク能力→ラビリピトのハンデス能力と処理する事で、疑似的なシールド焼却が可能になります。

相手に手札を与えることなくシールドをブレイクできるというのはうれしいですね。ただし、S・トリガーやS・バックは割り込まれるので注意しましょう。おそらくサバキZは割り込めません。

 

また、トリガーを多めにして積極的に自分のシールドトリガーを使っていくような魔道具の構築にするのも面白そうですね。

うまく自分のシールドを2枚に調節して《撃髄医 スパイナー》あたりをトリガーさせる事によって盤面を一気に制圧する事も可能かもしれないです。単純に《堕魔 ドゥグラス》をトリガーさせるだけで、自身のシールドをブレイクする事によるデメリットを軽減できる事もあるので、この子を使う場合にはS・トリガーの数を少し考えた方が良いかもしれないです。

 

もしくは、サッヴァーク関連への対策として使うかですかね。自身のシールドに刻まれてしまったクリーチャーを手札に回収できます。そのままトリガーだったり絶の方を使ったりして門を開く事ができれば万々歳です。

 

水文明魔道具との併用を考える場合、数少ない打点要員として使える事もあるかもしれないですね。特に水文明の魔道具の方が闇文明よりも多いという構築になった場合、妨害される事無くシールドをブレイクできるこの子の需要も多少上がるかもしれません。

 

 

と、ここまでスルーしてきましたが、さりげなく新規デーモン・コマンドだったりします。

この種族をどう生かす事ができるのかはデッキビルダー次第な所もありますが、単純に封印対策としての活躍も多少期待できますかね。……その場合は超次元呪文という選択肢もあるのですが。

 

 

まとめ

今までの門持ちクリーチャーと比べるとより攻撃的な能力になっています。

世間の評価に関しては賛否分かれそうではありますが、場面に応じた使い分けさえできれば中々の活躍を見せてくれそうです。

 

以上。少なくとも彼女の無月の門は、ガリュを使わない物になるだろうなぁ……ポフルでした。