ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ハンマノ裁徒》考察―【デュエル・マスターズ】

色々一息。ポフルです。

ひとまず一安心できたところで、色々な事に手を出しております。あんまり詳しくは言えないですけれど。

 

さて、今回はスタートデッキ収録の《ハンマノ裁徒》の考察です。

 

 

 

 

カード情報

 


ハンマノ裁徒

光文明 メタリカ/サバキスト

コスト4 パワー6000

■ブロッカー

■このターン中にカードが自分のシールドゾーンに置かれていなければ、このクリーチャーは相手プレイヤーを攻撃できない。

■W・ブレイカー


 

 

考察

コスト4でパワー6000のブロッカーです。

 

コスト4でパワー6000のブロッカーというのは、かなり昔からデュエル・マスターズをしていたプレイヤーからしてみると衝撃的なコストパフォーマンスでした。《専防の精霊龍 オルセー》、《巨人の玉 ダイリーグ》をみる限り、最近では衝撃的でも何でもなくなり、標準的なコストパフォーマンスになってしまったようです。

 

その2枚と比べた時、この子はさらに、シールドゾーンにカードが置かれると相手プレイヤーを攻撃できるようになっています。昔のプレイヤーが驚いたコストパフォーマンスのクリーチャーが更にコストパフォーマンスを上げてきたという事ですね。

 

シールドゾーンにカードが置かれた時という条件は、光文明にとってはそこまで難しいものでもありませんね。最軽量が2コストの裁きの紋章を使うなり、《奇石ソコーラ》や《気高き魂 不動》のアタックトリガーをうまく使えば問題なく達成できます。

こういったカードの類で良く忘れる事ですが、城でも条件を達成できますね。

シールドの数を増やしながら殴る事で、メタリカのラビリンス能力を達成しやすく、覆されにくくなりますね。

 

非進化で4コストのクリーチャーで、W・ブレイカーを持ちつつ目立つデメリットが無く、攻撃できなくてもブロッカー能力による防御札として使う事ができる……というクリーチャーは他にいません。

中速デッキ的には中々便利なクリーチャーになるのでしょうか。

 

 

ただし、最近ではこうした打点の高いだけの淡泊なクリーチャーはそこまで人気ではありません。トーナメントシーンで使われるようなカードにはならないかもしれないですね。

 

……こういう記事書く時にどうしてもトーナメントシーンの事を書いてしまいますが、別に「トーナメントシーンで使われない=弱い」というわけではありませんからね?

 

 

まとめ

現環境における流行の関係から、第一線で使われるカードではないでしょう。

ただ、コストパフォーマンスの高さはなかなかの物です。

 

ひとまずスタートデッキでデュエマを始めたい方には嬉しいカードですね。

 

以上。やりたい事が多い。ポフルでした。