ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《身代わり人形トレント》考察―強そうだけど案外シビア【デュエル・マスターズ】

身代わりって言葉に少し恐怖を感じる。ポフルです。

なんでしょうね、じわじわはいよってくる恐怖みたいなものを感じます。

 

今回はミステリーパック収録の新規カード。《身代わり人形トレント》を考察していきましょう。コロコロオンラインにて公開されました。

 

 

 

 

カード情報

 


身代わり人形トレント

自然文明 グランセクト/シノビ/スペシャルズ

コスト6 パワー5000

■ニンジャストライク4(相手のクリーチャーが攻撃またはブロックした時、自分のマナゾーンにカードが4枚以上あり、その攻撃中に「ニンジャ・ストライク」能力を使っていなかった場合、このシノビをコストを支払わずに召喚してもよい。そのターンの終わりに、このシノビを自分の山札の一番下に置く)

■自分の他のクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりにこのクリーチャーを自分の山札の一番下に置いてもよい。


 

考察

久しぶりに新規が登場しましたシノビクリーチャーですね。

ニンジャストライクを持ち、さらに「ウルトラ・セイバー」に似た能力を持っています。

 

ウルトラ・セイバーとの違いとして、種族制限がない事と破壊ではなく山札送りという事が挙げられます。種族制限が無いという点はうれしい所ですね。

さらに、ニンジャストライクを持っているので、相手のターンに急に出てきて破壊を防ぐという使い方も可能になっています。

 

……とはいえ、ニンジャストライクとの相性はそこまで良い物でもなさそうです。ニンジャストライクの発動条件は「相手クリーチャーが攻撃またはブロックした時」なので、相手の呪文の発動等に対して都合のいい罠のように扱う事は不可能になっています。

基本的には殴り返し対策に使うか、自身の攻撃時能力持ちやタップされていないと発動しない能力を使いたい時の大型ブロッカー対策として使うか、いっそニンジャ・ストライクをおまけとしてとらえて普通に場に出してしまうかを考えたいですね。ただ、普通に出す場合は自身のコストの重さが気になるところになってきます。

 

場から離れる事を防ぐ能力を何かしらのコンボに組み込む事も考えられるのかもしれません。ただしその場合、それこそウルトラセイバーに勝る点があるかどうかをしっかり考えるべきですね。どのウルトラセイバーにも対応しないクリーチャーをメインにするなら考えたいところかもしれません。

 

まとめ

総じて、中々使いどころが難しそうなクリーチャーになっています。

能力の組み合わせ自体は今のところオンリーワンと言っていい物になっているので、独自のコンボを考えてみたいところですね。

 

以上。ホラーの季節は終わった。ポフルでした。