ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《黒目龍竜》考察―無月のドラゴンの実力はいかに【デュエル・マスターズ】

風邪から多少復活しました。ポフルです。

 

……その間に新カードの情報増えてるの!!!しかも私が考察したいものばっかり!!!

 

というわけで今回はまず、一番気になる《黒目龍竜》の考察です。……彼女が好きって言ってました。

ミステリーパック収録のSRですね。

 


【デュエマ】光と闇の戦い...サッヴァーク大集合だZ!!VS黒目ユニバース【激闘!デュエマコロシアム!!バツバツ秋の陣】

 

 

カード情報

 


黒目龍竜

闇文明 ブラック・コマンド・ドラゴン/スペシャルズ

コスト10 パワー13000

■無月の門:自分の魔道具をバトルゾーンに出した時、自分の魔道具をバトルゾーンと墓地から2つずつ選び、このクリーチャーを自分の手札または墓地からそれら4枚以上の上にコストを支払わずに召喚してもよい。

■T・ブレイカー

■自分のターンのはじめに、闇のカードを1枚、自分の墓地から手札に戻してもよい。

■自分のターンの終わりに、バトルゾーンまたはシールドゾーンにある裏向きのカードを1枚選び、見てもよい。


 

 

考察

無月の門を持つクリーチャーとしては初のマフィ・ギャングでないクリーチャーであり、コマンド・ドラゴンであり、パワー12000以上であり、さらにT・ブレイカー持ちですね。それらだけでも他の門持ちとの差別化ができているのですが、さらにメリット効果を2つ持ち合わせています。

 

単純に無月の門から出せる3打点というだけでなかなか強力な1枚と言えますね。グリールで積極的に攻撃するタイプの魔道具デッキ以上にビートダウン色を強めた魔道具デッキを組むのも面白いかもしれません。ビートダウン色の強い《凶鬼卍号 メラヴォルガル》の存在もありますし。

 

www.dmasters-pohu.com

 


凶鬼卍号 メラヴォルガル

マフィ・ギャング/デーモン・コマンド/ドルスザク

コスト8 パワー11000

■無月の門:自分の魔道具をバトルゾーンに出した時、自分の魔道具をバトルゾーンと墓地から2つずつ選び、このクリーチャーを自分の手札または墓地からそれら4枚以上の上にコストを支払わずに召喚してもよい。

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のシールドを2枚ブレイクする。その後、自分のシールドを2枚ブレイクする。

■自分のシールドが1つもなければ、このクリーチャーに「ブロッカー」を与える。


 

 

 

他のメリット効果についても地味ながら強力ですね。

裏向きのカードを確認する能力は直接戦況を優位に運ぶような能力ではありませんが、事前に相手のS・トリガーの有無をチェックしたり、予め自分のシールドをチェックしておいて、ドゥンブレなどのシールド回収でその場に応じたカードを手札に加える可能性が上昇します。

他のカードとの組み合わせ前提ではありますが、ビートダウンにコンボにと様々な可能性を感じるカードですね。

 

また、唯一封印のカードを剥がすことなく確認できるカードでもあります。

自分のターンの終わりというタイミングが足を引っ張りますが、《爆流忍法 不死鳥の術》のような封印を活用するコンボデッキ相手の場合、事前に封印のカードを見ておいて、カード指定除去で致命的なコンボパーツを除去しておくプレイングも考えられるでしょうか。逆に自分の封印を利用するデッキで使う事も考えて良いのかもしれません……が、構築難易度は高そうです。

 

墓地回収効果は説明するまでもなく強力ですね。《堕魔 ヴォガイガ》の回収効果を、ライブラリアウトの危険性を考えずに毎ターン使うことができると考えるとかなりの脅威です。

ただし、こちらは自分のターンのはじめというタイミングなので、相手のターンを跨がなければならないというデメリットも持ち合わせています。シールド確認と墓地回収のタイミングが逆だったら……と考えてしまう方も多いかもしれませんが、そこまで求めるのは贅沢ってものですかね。

 

幸い、《卍月 ガ・リュザーク 卍》のマナロック、またはタイガニトロやラビリピトによる大量ハンデスによって、除去される可能性を大幅に減らすことができるので、この能力を発動する機会も多いでしょう。むしろ自分のターンのはじめというタイミングから、相手のハンデスに狙われる可能性が無いと前向きに捉えることも可能ですね。

 

総じて、コントロールにビートダウンに、様々な使い道があるクリーチャーと言えますね。

 

変な所で言えば、革命チェンジや侵略との相性も挙げられます……が、出たターンにすぐ攻撃できないこの子をそれらカードとの組み合わせ前提で考えるのはいかがだろうか……と思ってしまいますね。

 

欠点を挙げるなら、コントロール特化ではないので相手への拘束力は無いに等しく、ビートダウンとしてみても、召喚酔いや魔道具を2体場から消費する点を考えるとスピード感が足りない……と言った、悪く言えばどっちつかずと言える性能になってしまっています。

メインとして使うよりは、デッキの隠し味として1〜2枚刺して痒いところに手が届くようにしておくという使い方になるでしょうね。

 

まとめ

無月の門を持つクリーチャーとしては初の要素が詰まったクリーチャーです。単体のスペックとして、「めちゃくちゃ強い!」と言えるものとは言い難いですが、使ってみればある程度の活躍は期待できる事でしょう。

 

以上。自分のためにも彼女のためにもミステリーパックは複数買い確定。ポフルでした。