ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《印鑑D》考察―G・G・Gによる調整は中々面白い【デュエル・マスターズ】

ミステリーパックまでに無駄遣いを抑えようと思い、今日も元気に引きこもりたい。ポフルです。……外いくと誘惑多くてですね。

 

今回はミステリーパック収録の《印鑑D》の考察です。コロコロオンラインにて公開されています。

 

 

 

カード情報

 


印鑑D

火文明 ビートジョッキー/ハンター/スペシャルズ

コスト6 パワー5000+

■B・A・D2

■スピードアタッカー

■G・G・G:このクリーチャーが攻撃する時、自分の手札が1枚以下なら、このクリーチャーをアンタップし、カードを2枚引く。

■バトル中、このクリーチャーのパワーを+5000する。


 

考察

ビートジョッキー使いの方にとっては、おそらくいつか出ると思っていた、B・A・DとG・G・Gを同時に持つクリーチャーですね。

種族にハンターを持つことにも注目しておきたいですかね。

 

注目したい点は、G・G・G適用時の2ドローとアンタップする効果ですね。これによって連続攻撃が可能になっています。

この能力にターン1制限は無いのですが、2ドローするのが強制なので実質ターン1制限と言えるでしょう。G・G・Gを使ったカードパワーの調整は面白いものが多いですね。

 

一応、1ターンの間に何度も攻撃する方法が無いわけでは無いです。

方法としては、

  • 攻撃時に手札を捨てるクリーチャーとの併用(一気に条件を満たすなら《終焉の凶兵ブラック・ガンヴィート》変なところだと《憔悴の影 ブロークン・ヘッド》ですかね。アクミ団への革命チェンジも考えていいかもしれません)
  • 龍装者バルチュリスや狩人秘伝ハンター・ファイアと言った、攻撃時に手札から使うことができるカードとの併用(ただし、G・G・Gが適用されてない状態で印鑑D攻撃時にこれらを使っても、印鑑Dの能力は発動しないので注意です。あくまで他のクリーチャー攻撃時に使いましょう)

 

無限攻撃にロマンを感じる方は、これらの方法を参考にして作ってみるのも面白いかもしれませんね。

 

 

基本的な使い方としては、G・G・G能力を活かした手札補充が主になるでしょう。その場合、《暴走機 "F-亞"》や《"乱振"舞神 G・W・D》との差別化はしておきたいですね。

前者とはB・A・Dによってコストが低くなる点と、2回の攻撃が可能な点、後者とはクリーチャーにも攻撃できる点、そしてどちらにも無い利点として、単体で《龍装者 バルチュリス》の能力をトリガーできる点と、バトル中のパンプアップによって多少の大型ブロッカーは踏みつぶしてくれる点が差別点となってくれるでしょう。

とはいえ、序盤からクリーチャーを並べるジョーカーズの使用率が高い今の環境ではGWDの方が優先度は高くなってしまいそうですが、その辺りを気にせず先に殴り切ってしまう速攻系のデッキであれば、こちらを採用して一気に殴り切ってしまう事を考えても良いでしょう。

かなり攻撃的なカードだと言えそうです。

 

まとめ

数ある火文明ドロー補助カードの中ではおそらく一番攻撃性能が高いカードなので、とにかくガンガン攻めたいという方には十分オススメできそうなカードです。

また、工夫次第では連続攻撃によるコンボも決めてくれそうなので、中々幅の広いカードになってくれそうですね。

 

 

以上。スペシャルズはみんな個性的で好き。ポフルでした。