ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ベリルドッター》考察―侵略とラビリンスの相性は良いよね【デュエル・マスターズ】

侵略よりも革命の方が好きだった。ポフルです。革命チェンジはちょっとよくわかりません。

……まぁ使ってたの主に侵略でしたけど。

 

 さて、今回はそんな革命編の記憶を呼び覚ましてくれそうな侵略持ちクリーチャー《ベリルドッター》の考察です。

ミステリーパックに収録されるそうです。GP7thにて公開されました。

 


デュエル・マスターズ グランプリ7th:予選ラウンド

 

 

 

カード情報

 


ベリルドッター

光文明 メタリカ/スペシャルズ

コスト3 パワー5000+

進化:自分のメタリカ1体の上に置く。

侵略:メタリカ

このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま新しいシールドとしてシールドゾーンに置いてもよい。

■ラビリンス:相手のターン中、自分のシールドの数が相手より多ければ、このクリーチャーのパワーを+2000する。


 

考察

革命編以来の「侵略」を持つクリーチャーですね。侵略持ちとしては種族に侵略者を持たず、さらに革命編に出ていないメタリカ……と、かなり珍しい部類に入ります。

さらに、新種族初の進化クリーチャーになりますね。ミステリーパックならではのクリーチャーと言えるでしょう。

 

出た時にシールドを1枚追加する事ができるので、ラビリンスを達成させる為のクリーチャーとしてはかなり頼りになりますね。攻撃によって1枚分、シールド追加でさらに1枚分、相手とのシールドの差を広げる事ができます。

 

 

……ただし、《ベリルドッター》がメタリカと噛み合っているのかと聞かれるとと微妙な所ですね。

メタリカデッキで広く使われているクリーチャーは、基本的にシステムクリーチャーだったり攻撃曲げクリーチャーだったりと、場に存在して欲しいクリーチャーがほとんどです。《一番隊クリスタ》然り《龍装者 バーナイン》然り《緑知銀フェイウォン》然り。それらを進化元にしてまで出したいスペックかと言われるとかなり微妙な所です。3ターン目にパワー7000のクリーチャーを立たせて攻撃曲げの助けとするという使い方も、《赤攻銀 カ・タブラ》《紅の猛り 天鎖》で間に合っています。

 


赤攻銀 カ・タブラ

光文明 メタリカ

コスト1 パワー7000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーは、タップしてバトルゾーンに出る。

■バトルゾーンにある自分の他のクリーチャーが2体以下なら、このクリーチャーはアンタップしない。



紅の猛り 天鎖

光文明 メタリカ

コスト2 パワー14500

■T・ブレイカー

■このクリーチャーはタップしてバトルゾーンに出る。

■自分のシールドが6つ以下なら、このクリーチャーはアンタップしない。

■ラビリンス:自分のターンのはじめに、自分のシールドが相手よりも多ければ、カードを1枚引いてもよい。


 

 

最速での侵略ルートは、

  1. 1ターン目《奇石 ライムスティ》
  2. 2ターン目ライムスティを《奇石 トーパズ》か《青守銀 スパシーバ》、《奇石 トルコイ》にNEO進化して攻撃する。

になります。

ただ、《音速 ガトリング》《侵略者 バロンスペード》のように2打点持っているわけでは無いので、侵略特有の手札消費に合っているのかどうか疑問が残りますね。最速侵略のメリットはほぼ無いと見て良いかもしれません。

自身のラビリンス能力に関しても、自身のパンプアップのみとかなり地味です。

 

使うのであれば、場に出た後にバニラ同然となってしまうようなメタリカと合わせたいですね。《奇石 マクーロ》はその筆頭でしょう。もしくは《DG ~裁キノ刻~》を採用したデッキで相手がマナブーストを一切必要としないデッキだった場合の保険として採用しておくかですね。

なんにせよ、単体では力不足感が否めないので、《正義の煌き オーリリア》のような、他の強力なラビリンス能力のサポートと割り切った方が良いかもしれません。

 

……ここまで考えた上であれですが、2ブロックを意識しないのであれば《三界 ナラカ・マークラ》が一番のライバルじゃないですかね!!!

 

種族メタリカで差別化できるものの、侵略前提ならマークラの方が強力に動いてくれそうです。

 

 

まとめ

メタリカとしても、侵略持ちのクリーチャーとしても、とにかく珍しい能力や種族になっています。使ってみたくなるカードではありますが、中々採用までの道のりは険しいですね。

他カードの差別化、侵略の使い方、出した後の使い方をしっかり意識してデッキを組んであげたいですね。

 

以上。革命はきっとビートジョッキーだろうなと察しているポフルでした。