ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ヘビー級ヘビー》考察―シンプルに超ヘビー級なヤツ【デュエル・マスターズ】

彼女は蛇が好き。ポフルです。

最近多いんですかね。蛇が好きな女の人。

 

さて、今回は《ヘビー級ヘビー》の考察です。アニメにて登場し、様々なプレイヤーを驚かせた事でしょう。

 

 

 

カード情報

 


ヘビー級ヘビー

自然文明 グランセクト/スペシャルズ

コスト3 パワー19000

■究極進化:自分の進化クリーチャー1体の上に置く。

■Q・ブレイカー

■自分のクリーチャーは、それよりパワーの低いクリーチャーにブロックされない。

■マナ爆誕6(このクリーチャーを自分のマナゾーンから、コストを6支払って召喚してもよい)


 

考察

進化クリーチャーから更に進化するという派手な進化、「究極進化」が久しぶりに出てきましたね。

さらにさらに懐かしいキーワード能力「マナ爆誕」も持ちます。最近では「マナから召喚してもよい」とテキスト削減無駄を省いたテキストが多かったので、懐かしいと感じる方も多いのではないでしょうか。

一応、マナ爆誕専用のサポートカードも存在しているので、マナ爆誕クリーチャーが今まで出なかったのはそういう調整の結果だったととらえてもいいかもしれませんね。

 

究極進化クリーチャーとしては珍しく、コスト3とビックリな軽さです。しかし、現環境では究極進化クリーチャーの出しにくさを考慮してでしょう。ゲームを決めるだけの強さは充分に持っています。

自軍の限定的なアンブロッカブルは《密林の提督ハックル・キリンソーヤ》を思い浮かべればその強さがわかるでしょうか、《ヘビー級ヘビー》単体の話なら、この子をブロックできるクリーチャーというのはかなり限られてきますね。《煌世主サッヴァーク✝》ですらブロックできないそのデカさ。これが最速3ターンで出るのですからたまらないですね。

 

マナ爆誕についても、手札で腐りやすい究極進化をカバーしてくれています。最速3ターンで出ないのであれば、素直にマナに置いてタイミングを伺う事ができますね。その代わりに召喚コストは2倍になってしまう事に注意です。それでも6コストはそこまで高い数値でもなさそうですが。

 

最速パターンとしては、適当なコスト1クリーチャーから同じ文明の2コストNEOクリーチャーに進化させ、3ターン目にこの子を出す……という動きが一般的でしょう。アニメでもそのような使いかたでしたね。マイナーなカードも挙げるなら、どんな1コストクリーチャーからでも進化できる《インパラスカス》の本領発揮ですかね。

 

 


インパラスカス

自然文明 グランセクト

コスト2 パワー2000

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)

■このクリーチャーの上に、どの文明のNEOクリーチャーまたは進化クリーチャーを置いてもよい。


 

www.dmasters-pohu.com

 

 

また、究極進化MAXの素材として活用する事も考えられますね。ビートダウン特化と言える自身の性能とは反しますが、究極進化クリーチャーの中では最軽量コストという点や、唯一マナから召喚できるために手札事故のリスクが少なめという点は、究極進化MAXの欠点を補ってくれるでしょう。

ビートダウン特化の性能という点は逆に考えれば、究極進化MAXが狙えないと考えた場合は、単純なビートダウンにシフトする事も考えられます。……ロマンデッキが好きな方はぜひとも試してみたいですね。

 

まとめ

ビートダウン特化の究極進化クリーチャーです。とはいえその軽さから様々な使い方が考えられます。

単純なビートダウンとして使って良し、ロマンを追い求めるも良し。様々なプレイヤーに受け入れられる優良クリーチャーと言えるでしょう。

 

 

以上。私は蛇に対して何とも言えない。ポフルでした。