ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ノリのりん》考察―ノリだけじゃない強力SR【デュエル・マスターズ】

 ちょこっと体調が怪しい。ポフルです。皆様も季節の変わり目には注意してください。

 

今回は、アニメにて活躍した《ノリのりん》を考察していきましょう。ミステリーパック収録のSRですね。

 

 

 

 

カード情報

 


ノリのりん

無色 ジョーカーズ

コスト4 パワー1000+

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャーを1体アンタップする。次の自分のターンのはじめまで、そのクリーチャーのパワーを+3000する。

■自分の他のジョーカーズ・クリーチャーがバトルゾーンに出て、その能力がトリガーする時、このクリーチャーをタップしてもよい。そうしたら、その能力は1度のかわりに2度トリガーする。


 

考察

2つの能力を持つクリーチャーですね。

 

1つ目の能力は、《オッケー Bros.》の上位種と言えるものです。

単純にパワーが高くなるこちらの方が強力なのは間違いないです。しかしオッケーの良いところはコスト2と軽いところにあったのでどちらが良いと一概には言えないところですね。また限定的ではありますが、《予言者マリエル》が存在している時のように、パンプアップが余計になってしまう事もあり得ます。

こちらを主とする場合、他のクリーチャーとの差別化は考えたいところですね。2番目の能力との併用は差別化につながるでしょう。

 

目玉となるのはやはり、ジョーカーズの出た時効果を2倍にする能力ですね。

アニメで披露されたようにパーリ騎士の能力を2度起動させることはもちろん、《ガヨウ神》のような強力な能力を2度トリガーさせるのも単純に強力ですね。

 

1ターンに1度の制限はありませんが、自身をタップすることで能力を起動させるので、普通に使えば1ターンに1度きりの能力になります。逆にいえば、オーケー等の能力でアンタップしてあげればまた能力を使う事も可能になります。

ノリのりんで能力を倍にし、そのあとオーケーを出してアンタップ。そこからさらにジョーカーズクリーチャーを出すのは難しそうにも思えますが、ジョーカーズはJチェンジでバトル中に踏み倒しも可能なので、意外と決めやすいのかもしれません。

 

また、この子の能力を敢えて発動させずにアンタップさせておくことにより、相手にS・トリガーを警戒させるプレイングもできそうです。《バイナラドア》が2体除去+2ドローという性能になり、《ジョバート・デ・ルーノ》が2体タップしつつ、タップされたノリのりんをアンタップする事で更にトリガークリーチャーの倍化を狙う……という事も出来そうです。

 

 

欠点も挙げておきましょう。

コンボ用のシステムクリーチャーとしてみた場合は、自身のパワーの低さが災いする事もあり得ます。自身をパンプアップすることによって1ターンのみとはいえ相手の火力カードを回避できそうですが、その後はパワー1000とかなり低い数値になってしまいます。

できれば出したターン中、または次の自分のターンにはその能力を有効活用してあげたいですね。

 

まとめ

前半の能力だけでも、ジョラゴンビッグ1による連続攻撃をサポートするには十分な性能です。その上に能力を倍にする能力が付いている……と考えればスーパーレアに相応しいスペックのカードだと言えそうですね。

今までのジョラゴンを使うデッキに入れて良し、少し背伸びして強力コンボを考えてみるも良し。中々面白いカードです。

 

 

以上。ノリでのりきれるか。ポフルでした。