ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《スーパーしりとりガー》考察―ミステリーパックだからこそ許されるネタ【デュエル・マスターズ】

なんかまた風邪っぽい。ポフルです。

鼻の横が腫れてる感じもあるしなんとなく胸も痛いしでどうなんだろうこれって感じです。

 

この状態で考察するのはちょっとあれですが、幸い今日考察しようとしていたのは、ミステリーパック収録でネタ色の強い《スーパーしりとりガー》です。

色々楽にして考察していきます。

 

 

 

カード情報

 


スーパーしりとりガー

火文明 ジョーカーズ/スペシャルズ

コスト6 パワー2000

■スーパー・S・トリガー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚捨て、その後、カードを2枚引く。

S—このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手の、名前の最後が「ん」の音で終わるクリーチャーをすべて破壊する。


 

考察

 

基本的には単なる手札交換です。

ジョットガンジョラゴンの弾としてはそこそこ有能なものの、《ガヨウ神》で十分感があります。相手ターンでの発動を狙う事も出来なくはないのですが、同じくその用途で使うことができるIPPON釣り吉等が使われていない事を考えると、果たしてどうなのか……とは思ってしまいますね。

スーパーボーナスがどれだけ優秀かで、この子を採用するかどうかが分かれると見たほうがよさそうです。

 

そのボーナスですが、相手の場にある「ん」の音で終わるクリーチャーを全て破壊するという、名前にぴったりの能力です。

 

ええ、

ネタカードというべきカードでしょう。

 

複数のクリーチャーを処理できる可能性こそありますが、完全に相手依存となる能力で、かなり使いにくいカードですね。

 

名前の最後が「ん」の音で終わるカード一覧に関しては、すでに他の方がまとめてくださっていることでしょう。そう信じて私は療養の時間を多く取ることにします。

 

現在の環境で考えた場合、一番対策したい速攻系デッキである轟轟轟関連のデッキや、ドギラゴン剣関連のデッキに対してほぼ無力な点が痛いですね。とはいえ、キングザスロットン7やジョットガンジョラゴン、ガンバトラーG7といった、この子の対象となるクリーチャーを重要カードとして扱うジョーカーズ系のデッキに対してはそれなりに刺さる能力なので、ジョラゴンジョーカーズがミラー対策として何枚か刺しておく事も考えられなくはなさそうです。さりげなくヤッタレマンやガヨウ神が対象に入っているのも面白いところです。

この能力自体がスーパーボーナスなので能動的に発動できない点はやや痛いところですが、《めっちゃ!でんじゃらすG3》を使うデッキならある程度狙って発動できますね。

 


めっちゃ!デンヂャラスG3/ケッシング・ゼロ

無色 ジョーカーズ

コスト10 パワー21300

■G・ブレイカー(このクリーチャーは、相手のシールドを全てブレイクし、その攻撃の後、自分のシールドを全てブレイクする)

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、「シールドいらねぇー!」と言ってもよい。そうしたら、そのターン、自分のクリーチャー3体に「G・ブレイカー」を与える。


ケッシング・ゼロ

無色 コスト5 呪文

■S・トリガー

■「気に入らねえやつは消す」と言ってもよい。そうしたら、このターン、相手のクリーチャーの能力をすべて無視する。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

 

 

まとめ

基本的には単なるピンポイントメタカードと言えるカードです。採用率はそれほど多くは無いでしょう。

 

今後この子の対象となるクリーチャーを使ったビートダウンデッキが何かしらの結果を残すようであれば、対策としての採用ができるかもしれません。とはいえ基本的にはネタを楽しむ為のカードになりそうです。

 

 

以上。なんか色々不調。ポフルでした。