ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ピラミットーテム》 考察―どっしり構えて戦うキーワード能力2つ【デュエル・マスターズ】

ベノムカプセルでのブレイクはロマン。ポフルです。

……知らない方は調べてみてもいいですよ?

 

 

今回はそんな私が歓喜しそうになる能力持ち、《ピラミットーテム》の考察です。

ミステリーパック収録ですね。

 

 

 

カード情報

 


ピラミットーテム

光文明 メタリカ/スペシャルズ

コスト6 パワー5000

■サイレントスキル(自分のターンのはじめに、このクリーチャーがタップされていたら、アンタップするかわりに次のSS能力を使ってもよい)

 SS―相手のクリーチャーを1体選び、タップする。そのクリーチャーは、次のターンのはじめにアンタップしない。

■光臨:自分のターンの終わりに、このクリーチャーがタップしていれば、自分の山札を見る。その中からコスト8以下のメタリカを1体、バトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。


 

考察

 

自身がタップしていることを条件とした2つのキーワード能力、サイレントスキルと光臨を持ちますね。

 

光臨の新規はエピソード3あたり以来ですかね。サイレントスキルに至っては更に過去のキーワード能力です。

丁度サイレントスキルあたりがデュエマのピークだった私にとって、好きな種族であるメタリカがその能力を持っているのはかなり嬉しいですよ?

 

元々自身のクリーチャーをタップさせる事が得意なメタリカにとって、2つの能力を使うことは容易と言ってもいいですね。

 

サイレントスキルの能力は、相手のクリーチャー1体をフリーズさせるものです。

サイレントスキル発動の難しさは出てきた当初から有名な話で、その発動条件を満たした結果がこの能力なのであれば、少し不満でしょうか。毎ターン相手クリーチャーをフリーズできるというのはなかなかに厄介で、使ってみれば強力な能力ではあるのですが、コスト6のクリーチャーがやる事としては地味です。

 

いっそサイレントスキルによるフリーズはおまけとして考え、サイレントスキルのデメリットである「ターンのはじめにアンタップしない」という点を、後述の「光臨」の発動条件を確実に満たす為のサポートとして考えた方が良いでしょう。

 

 

光臨の強力さに関しては恐らく知っている方も多いでしょう。その発動条件のおかげで敬遠されているだけで、デッキの中から自身のコストよりも2大きいクリーチャーを呼び出す事ができるという点は強力極まりないです。

メタリカの8コストには《オヴ・シディア》をはじめとした、出せれば強力な能力を持つクリーチャーが多く存在してたので、その辺りの大型メタリカを狙いたいですね。

特に《オブ・シディア》とは、相互にリクルートできる上に、《オヴ・シディア》で出した場合にはタップインする事ができる……と、強力なシナジーを形成しています。

 


オヴ・シディア

光文明 メタリカ

コスト8 パワー13500

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーと同じ枚数、自分の山札の上からカードを表向きにしてもよい。その中から、コスト6以下のメタリカをすべてタップ状態でバトルゾーンに出し、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。

■マスター・ラビリンス:このクリーチャーが攻撃する時、自分のシールドまたは自分のクリーチャーの数が相手より多ければ、自分の手札をすべて、裏向きのままそれぞれ新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置いてもよい。


 

もちろん《大迷宮亀 ワンダー・タートル》でリクルートを狙うというのも良いでしょう。スペシャルズ同士のコンボというのは中々のロマンです。しかし、少し受動的な上に《星の導き 翔天》の方が攻撃曲げの存在から多少相性が良い気もします。

 

 

さて、せっかく名前を出したので、《星の導き 翔天》との差別化を考えておきましょう。元祖大型メタリカのサポートである翔天との差別化はしておいて損は無さそうです。

 

翔天との差別化

 


星の導き 翔天

光文明 メタリカ

コスト6 パワー5500

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の光のクリーチャーに上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)

■このクリーチャーをアンタップして、相手クリーチャーの攻撃先を、このクリーチャーまたは自分のクリーチャーに変更してもよい。

■相手のターンのはじめに、このクリーチャーがタップしていたら、光のコスト8以下の進化でないクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。


 

翔天の利点として、

  • 自身の能力によって、光のクリーチャーさえ場に存在すれば、単体で自身をタップできる。
  • 攻撃曲げを持つので、出した大型クリーチャーとのシナジーが形成できている。
  • タップインで出すので、前述の攻撃曲げを有効活用できる。
  • 相手のターンに出す事ができるので、《異端流しオニカマス》や《洗脳センノー》を回避できる。

 

ピラミットーテムの利点として、

  • サイレントスキルによって、相手の場に直接干渉できる。
  • デッキから呼び出すので、手札消費が少なく済む。
  • 一度タップしてしまえば、攻撃しなくても踏み倒しができる可能性がある。

 

あたりでしょうか。

 

基本的にラビリンスを使うタイプのメタリカの場合、攻撃する事に関してはそこまで気にする事は無いのかもしれません。……今までビートダウンが苦手だった私では確実に出なかった言葉ですね。ミッドレンジのデッキに慣れた感はあります。

 

そう考えた時、ラビリンスを使うデッキには翔天の方があっているのかもしれません。

 

《ピラミットーテム》を使う場合、どちらかと言えば「序盤にどっしりと構えて、後半に大型を出して一気に制圧する」というデッキの方があっているのかもしれませんね。ただし、出したターンに即能力を使うには一工夫必要なので、そこは何か考えるべきでしょうね。

 

ここで《サイレント・マジシャン》を思いついた方は私と握手。

 

具体的な相性の良いカードその他

《エメスレム・ルミナリエ》は考えたいですね。

 


エメスレム・ルミナリエ

光文明 コスト7 呪文

■コストを支払うかわりに、自分の光のクリーチャーを4体タップしてこの呪文を唱えてもよい。

■コスト8以下のメタリカを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。その後、それをタップしてもよい。


 

ピラミットーテム自身をタップして能力を発動するサポートとしても良いのですが、《エメスレム・ルミナリエ》で出す対象としても見たいところです。

今まで《エメスレム・ルミナリエ》は「クリーチャーを4体並べる事で手札を使ってしまい、肝心の《エメスレム・ルミナリエ》+大型クリーチャーという手札になり辛い」という欠点が存在しており、さらに「手打ちするにもコスト7で8のクリーチャーを手札から出す……と、ほんの少し物足りない感が出てきてしまう」という点もやや厳しいという事があったと思います。

……手札消費をバーナインで補えなかったかって?卍とかG・W・Dとか、過去にガンブルマンと戦った事がある方からそういう事を言ってください。

 

話を戻します。

《エメスレム・ルミナリエ》でピラミットーテムを出す場合、ルミナリエの効果でタップして出せればそのターンの終わりにコスト8のメタリカをデッキから呼び出す事ができます。

すなわち、《エメスレム・ルミナリエ》を使うデッキに《ピラミットーテム》を入れた場合、手札に《エメスレム・ルミナリエ》+大型メタリカまたは《ピラミットーテム》を手札に揃えれば大型メタリカを出す準備が整うという事になりますね。

実は今まで《エメスレム・ルミナリエ》を使う事を敬遠していたのですが、ちょこっと使いたくなりますね。

 

まとめ

とにかくどっしりと構える前提の能力がとても私の好みです。

他のカードとのコンボも考えてみたいですね。

 

 

以上。サイレントスキルは、いいぞ。ポフルでした。