ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《天気君》考察―5色らしくピーキー【デュエル・マスターズ】

 遠出する時は大抵雨。ポフルです。

 

今回も実は出先でして、なんか雨降るみたいな予報もあって色々なんかなぁって思いますが。そういうのにも負けずに《天気君》を考察していきましょう。

 

 

 

 

カード情報

 


天気君

光/水/闇/火/自然文明 ワールド・コマンド スペシャルズ

コスト5 パワー5000

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。

■ロスト・プリズム (このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目を表向きにしてもよい。それが多色カードなら、手札に加える)

■スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)

■このクリーチャーが攻撃する時、相手は自身の山札の上から1枚目を墓地に置く。それがコスト10以上なら、バトルゾーンにある他のクリーチャーをすべて破壊する。コスト5以下なら、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとしてシールドゾーンに置く。


 

 

考察

久しぶりの登場です5色カード。

多色サポートであるロストプリズム、そしてスピードアタッカーを持ち、相手のデッキトップを墓地に置き、コストに応じた能力を発揮してくれます。

 

まず最初に考えたいことは、5色のスピードアタッカー持ちコマンドという点でしょうか。

さまざまなクリーチャーの侵略元となってくれますね。

 

ただし、侵略能力持ちのクリーチャーは、レッドゾーンXを除いて全てが単色クリーチャーで、この子のために5色揃えるのは難しいです。5文明全て使うことが条件のこの子は、1つのデッキで様々な侵略持ちクリーチャーを扱うようなデッキでもない限り侵略元としての採用は無いと見ていいかもしれませんね。

もしそういった目的で使う場合、例えば《五導の並び 蓮多》等、手軽な踏み倒し方法で狙っていきたいところですね。

 

www.dmasters-pohu.com

 


五導の並び 蓮多

光文明 メタリカ

コスト5 パワー5000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにあるクリーチャーの数が相手より多ければ、カードを1枚引く。その後、光のコスト5以下の進化でないクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。


 

 

 

目玉となる能力はおそらく相手のデッキトップを墓地に置く能力でしょう。

相手のデッキトップがコスト10以上ならこのクリーチャー以外を全破壊、コスト5以下ならシールド追加ですね。

 

相手に依存するところが少し厳しいですね。環境を見極めて使う必要があるでしょう。

 

コスト10以上をめくったとしても、そういったデッキは基本的に横にクリーチャーを並べる事を得意としないデッキであることがほとんどです。なかなかかみ合いが悪いですね。

ただ、ゲイル・ヴェスパーやチェイングラスパーのように一部のデッキタイプにはそこそこ刺さってくれるのは評価点と言えますね。

 

コスト5以下の場合はシールド追加です。

コスト5以下のカードを使うデッキはビートダウンがほとんどですので、シールド追加もそれなりに嬉しいでしょう。ただシールドを増やすだけであれば他にも候補は出てきそうではありますが、スピードアタッカー持ちなので「ビートダウンに強いビートダウンクリーチャー」として活躍できるでしょうか。

ただし、最近のビートダウンデッキというのは、踏み倒し前提のコスト6以上のクリーチャーを何枚か+スパーク系の高コストカードを何枚かを採用しており、能力が発動しないケースもあるでしょう。

 

まとめ

はっきり言ってしまえば、かなり扱いが難しいカードになります。

様々なクリーチャーに侵略が可能な点、一部デッキに対して全体除去が利くという点等を活かして、相性の良いデッキに何枚か刺しておく……という使い方が主になりそうです。

 

 

以上。少なくともクラウンオーケストラには入れないと思う。ポフルでした。