ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《「邪」の化身ペインティ・モッフモフ》考察―かわいらしい見た目に似合わぬ恐ろしクリーチャー【デュエル・マスターズ】

……今日から過労死フラグ。ポフルです。

急に更新止まった時は倒れたか何かだと思ってください。

 

 

本日は《「邪」の化身ペインティ・モッフモフ》を考察しますね。そろそろ新デッキのカードも考察したいところなのですが、そこは少しお待ちください。

 

 

 

 

カード情報

 


「邪」の化身ペインティ・モッフモフ

闇文明 デスパペット/ファンキー・ナイトメア/スペシャルズ

コスト9 パワー13000

■NEO進化:自分の闇のクリーチャー1体の上に置いてもよい。

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのターン、他のクリーチャーすべてのパワーを-10000する。

■ブレイク・ボーナス(このクリーチャーの攻撃が終わった時、その攻撃中にブレイクしたシールド1枚いつき、次のBB能力を1回使ってもよい)

  BB—相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。


 

考察

久しぶりに登場したブレイク・ボーナスを持つクリーチャーですね。

 

コスト9と高いですが、デスパペット及びファンキー・ナイトメアにとっては珍しいT・ブレイカー持ちのクリーチャーです。しかも進化状態で出す事が可能なNEOクリーチャーなので、今まで決定打に困っていた両種族デッキにとってはかなり嬉しいのではないのでしょうか……と言いたいところですが、ファンキー・ナイトメアは《デュエにゃん皇帝》や各種ドラグハートで補えましたね。

 

出た時に、このクリーチャー以外のクリーチャーのパワーを-10000する能力を持っています。

自分のクリーチャーも被害を受けるとはいえ、小型~中型までを一気に溶かす事ができるこの能力はかなり魅力的ですね。「エスケープ」等の、一部の厄介な破壊耐性持ちも溶かす事が可能です。また、自軍を破壊する事を利用して《オタケタケM》等のクリーチャーと連携を取る事も考えられるので、安易に「これよりも軽いキラードンの方が良いですね」とも言い切れませんね。

これだけでもフィニッシャーとしてのスペックはかなり高いと見て良いでしょう。

 

さて、目玉であるブレイクボーナスは、相手の手札のランダムハンデスですね。

シールドブレイクによって相手の手札が増えてしまう点をカバーした強力な能力です。S・トリガーによって除去されてしまうとボーナスが発動しないという点はブレイクボーナス共通の悩みです。《無双恐皇ガラムタ》等でS・トリガーを封じておきたいところですね。

 

前述の全体パワー低下にT・ブレイカーという打点の高さ、NEO進化による速攻性能と、全体的にフィニッシャーとしてかなり優秀なクリーチャーと言えますね。後は何とかしてバトルゾーンに出す事を考えたいところです。

 

コスト9という事で、《戒王の封》の対象外なのは残念な所。種族サポートにもそこまでの期待はできません。

バベルギヌスやグスタフ・アルブサールによる蘇生を狙っていきたいですね。

 

単純にビッグマナ系の隠し味として刺しておくことも考えられるでしょうか。コスト9というのはやや厳しいですが、あまりクリーチャーを横に並べないビッグマナにとって自身を巻き込む点はほとんど気になりません。

それこそ《キラードン》と比べられそうですが、少々不確定要素が入る事によって狙ったクリーチャーを除去し辛いキラードンよりは狙ったクリーチャーを除去しやすいでしょう。

 

退化も悪くはないのですが、NEO進化クリーチャーとして出せない点や、出た時のパワー低下が使えない以上デス・シュテロンに勝てる要素が見当たりませんね。

まとめ

かわいい見た目とは裏腹に、フィニッシャーとしての能力はかなりの物です。

出す事さえ考えてあげればその恐ろしさを存分に発揮してくれそうです。

 

 

以上。休む時はしっかり休みましょう。ポフルでした。