ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ふでがき師匠/一筆奏上!》考察-ジョーカーズ優良サポート【デュエル・マスターズ】

ジョーカーズの待遇が良すぎて組むのを躊躇うってありませんか?ポフルです。

 

今回は《ふでがき師匠/一筆奏上!》の考察です。

アニメで出てきたそうですね(まだ見てない)

 

 

 

カード情報

 


ふでがき師匠

自然文明 ジョーカーズ

コスト4 パワー3000

■マッハファイター

■ラスト・バースト(このクリーチャーが破壊された時、このカードの呪文側をコストを支払わずに唱えてもよい)


一筆奏上!

自然文明 コスト5 呪文

■自分の山札の上から2枚を表向きにする。その中から、ジョーカーズをすべて自分のマナゾーンに置き、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。


 

考察

ジョーカーズのツインパクトカードですね……という文を久しぶりに書いた気がします。

 

クリーチャー面

マッハファイターとラスト・バースト持ちです。

マッハファイターによって、あえて自分よりもパワーの高いクリーチャーを狙う事でラスト・バーストを誘発する事ができます。

とはいえ可能であれば相打ちによるラストバースト狙いをしたいところですね。《ワ・タンポーポ・タンク》のように除去に加えてもう一つの能力を使ったアドバンテージを広げる戦いかたが可能になります。

 

ラスト・バーストによって唱える事の出来る呪文面を考察しなければ強さを考察し辛いので、そちらの考察をしていきましょうか。

 

呪文面

大型化した代わりに単色になったジョーカーズ版《メンデルスゾーン》と言ったところでしょうか。

 

序盤に使いたい能力にしてはコスト5と高めですが、クリーチャー側のラスト・バーストとマッハファイターのおかげで4コストで唱える事も可能になっています。

 

2ブーストの強さは多くのカードが証明した通りです。このカードを採用するのであれば、デッキ内はジョーカーズで固めておくと良いでしょう……と言いたいところですが、《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》等の非ジョーカーズカードの制限化と《キング・ザ・スロットン7》のような強力ジョーカーズサポートのおかげで、デッキの中身をジョーカーズで固めるのが現代ジョーカーズのセオリー。このデッキ構築縛りはそこまで気にならなさそうです。

 

この手のカードでは珍しく、マナに置くカードはタップインしません。呪文面を手打ちした場合、増えたマナで《ヤッタレマン》を召喚したり《ジョジョジョ・ジョーカーズ》を唱えて次のターンの布石にする……と言ったプレイングも考えられますね。

 

ツインパクトとして

「その時に合わせて能力を選べるよ」というツインパクトカードの強さはありませんが、クリーチャー面のラスト・バーストとマッハファイターによって「序盤の相手の動きを縛りつつ、場合によっては同時にマナブーストを進めるカード」として活躍できる、中々の強カードと言えそうです。

 

《ポクチンちん》を召喚してドヤ顔している相手にこの子をぶつければ、相手もかなりビックリするでしょうね。

パワー3000のクリーチャーが自分の周りの環境にどの程度存在しているのかによって、このクリーチャーの有用性が変わっていきそうです。

 

ただし、そのポテンシャルを充分に発揮できるのはジョーカーズデッキのみという事には注意しておきましょう。

 

まとめ

自然採用型のジョーカーズならちょっと考慮したくなる強力なカードですね。

ジョーカーズ構築のし易さもあって、少し試してみたくなります。

 

以上…….それでも何だかんだジョーカーズ組まなさそう。ポフルでした。