ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《集結ノ正裁Z》考察―光文明ってこんなにドローしてよかったっけって話【デュエル・マスターズ】

最近忘れ物が多いうっかりさん。ポフルです。

 

今回の記事に関しても後先考えずに予約投稿していて全然記事の内容書けていなかったので、現在スマホで書いてます。リンクの貼り付けとかのスマホでは面倒な作業に関してはこれを公開してから行いますね。

 

ということで今回は《集結ノ正裁Z》を考察しましょう。

コロコロオンラインにて公開されました。

 

 

 

カード情報

 


集結ノ正裁Z

光文明 コスト4 裁きの紋章Z 呪文

■サバキZ(裁きの紋章が自分のシールドゾーンから手札に加えられた時、そのカードを捨ててもよい。そうしたら、この呪文をコストを支払わずに唱える)

■自分の山札の上から2枚を表向きにする。その中からドラゴン、メタリカ、呪文をすべて手札に加え、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。

■この呪文を自分の手札から唱えた後、墓地に置く代わりに自分のシールド1つの上に表向きにして置く。(そのシールドは1つと数える)


 

考察

 

サッヴァークDGを小型化した呪文と言えそうですね。

メタリカデッキ以外でも、ドラゴンや呪文を使うデッキであれば中々使いやすい呪文と言えそうです。

コスト4で2ドローというのはやや非力に見えますが、水文明ほどドロー能力に優れていない光文明でこの能力と考えて目を瞑りましょう。

 

ただ、1コスト下に《剣参ノ裁キ》が存在していることは頭に入れておくべきでしょう。あちらの方が捲るデッキ枚数が多く狙ったカードを手札に加えやすいので、安定性では上と考えられます。

手札補充が欲しいか、サーチが欲しいかで考えましょう。もしくはサバキZの有無による差別化を図るかですね。

 

紋章であることからやはりサッヴァーク系統のデッキで扱いたいところです。

サッヴァークDGのドラゴン踏み倒しサポートとしてはかなり優秀で、紋章を揃えながら踏み倒したいドラゴンを手札に持ってくることが可能です。

単純に、サッヴァークDG以外にも手札補充方法が増えたと考えても嬉しいところかと。

 

その他、絶十のサポートとしても良いですね。

 

コスト軽減によって1コストで唱えつつ、紋章特有のシールド貼り付けによってコスト軽減を維持することができます。

 

サバキZについては、対速攻系に対して《煌世主サッヴァーク》の踏み倒し条件を素早く満たすためのサポートとして考えられます。

他のサバキZと比べた時には相手の妨害ができない点が気になりますが、サバキZの手札消費を抑えつつ、次にシールドをブレイクされた時のためのサバキZを手札に加えることができるので、地味ながら頼りになる紋章として使うことができるでしょう。

 

また、前述した絶十との相性もよく……というより、絶十と相性のいい《巡ル運命ノ裁キ》との相性が中々です。

絶十が場に出ている時に巡ル運命を発動し、次のターンのはじめに紋章を回収し、それに合わせて集結のサバキZを適用させる事で、無駄にマナコストを支払うことなく絶十のコスト軽減を適用させることが可能です。

 

まとめ

単なる手札補充に留まらず、サバキZの存在や紋章であることによるコンボ性能も考えられる、優秀な紋章ですね。

今後、サッヴァーク関連を使うデッキであれば、お呼びがかかる事も多いかもしれません。

 

以上。書き溜めもまだ作ってないポフルでした。