ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《コンダマ/魂フエミドロ》考察―とうとう解禁されたツインパクトサポート【デュエル・マスターズ】

ミーハーだから新しいものには興味がある。ポフルです。

 

今回は、そんな私の興味をくすぐってくる新カード《コンダマ/魂フエミドロ》を考察していきます。

コロコロオンラインにて公開されましたね。

 

 

 

 

 

カード情報

 


コンダマ

自然文明 グランセクト

コスト4 パワー4000

■ツインパクトカードを自分のマナゾーンに置いた時、自分のマナゾーンにあるカードを1枚アンタップする。


魂フエミドロ

自然文明 コスト3 呪文

■自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。それがツインパクトカードなら、自分の山札の上からもう1枚、マナゾーンに置く。


 

考察

グランセクトのツインパクトカードですね。ツインパクトカードに関する能力を持っています。

 

クリーチャーとして

ツインパクトカードがマナゾーンに置かれた時に、自分のマナゾーンのカードを1枚アンタップする、少し変わった能力を持ちますね。

 

基本的に、通常のマナチャージのタイミングでマナゾーンのカードがタップされている状況というのは稀な話です。《メガ・マナロック・ドラゴン》や《卍月 ガ・リュザーク 卍》の能力が適用されている時くらいです。それらのメタとしてデザインされた可能性はありますね。(特に後者はアニメの展開的にも考えられます)

とはいえそれらの状況の為のメタとなるとかなりピンポイントです。基本的には、《フェアリー・ライフ》等のマナを増やすカードを、マナを支払って使った場合の補助と考えられるでしょう。

 

ツインパクトである程度統一されたデッキにおいては、マナブーストカードの使用コストを1軽減しているような感覚で使う事が可能になります。これを利用し、次のターンに大型カードを扱う布石を置きつつ、他の使用可能なカードを扱ってさらに動く事ができる……というような使い方が考えられます。……中々地味ではありますが、デッキ構築によっては強力な能力になりますね。

 

この子が2体並ぶような状況では、何かしらの方法を使って自身のマナのカードをすべてアンタップしてしまうという使い方も可能かと思われます。……私の頭ではすぐに具体例を出す事ができませんが、これを使った即死コンボやループデッキの構築も考えられるかもしれませんね。この方法が確立されれば、このカードの評価はかなりの物になりそうです。将来性のあるカードと言えそうですね。私が気づいていないだけで他の誰かが発見しているかもしれませんが。

 

呪文として

ツインパクトカードが対象となった《ボント・プラントボ》と言ったところでしょうか。

 

ツインパクトカードが増えた現状この能力の有用性はかなり高まっています。自身もツインパクトカードなので、「積めば積むほど2ブーストの妨げになる可能性が高まる」という欠点が無い事もこのカードの強みです。

現状、ツインパクトカードを大量に搭載したデッキは少ないですが、このカードやコロコロコミックにて情報が出ているカードといった、ツインパクトカードのサポートが増えるようであれば、このカードの有用性も上がる事でしょう。

 

ツインパクトカードとして

どちらもツインパクトカードのサポートになりますね。

クリーチャー面は何かしらのコンボカードとして、呪文面はツインパクトばかりのデッキにおける強力マナブーストカードとして……と、新しいタイプのデッキを構築する為の助けになりそうです。

 

呪文面の能力はクリーチャー面の能力とシナジーしていますね。

クリーチャー面が存在している時に呪文面を唱えれば、そのターンに使用可能なマナの数を減らさずにマナの総数を増やす事が可能です。2体並んでいるようなら4枚のカードをアンタップ可能ですね。

 

とにかくどちらの能力も強力で、新たな可能性を感じますね。

 

まとめ

ユニークな能力、強力な能力を兼ねたかなり面白いカードです。

新しいもの好きの方にはぜひともオススメしたいカードですね。

 

 

以上。考える事多い。ポフルでした。