ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《暴命天 バラギアラ/ガイアの目覚め》考察―プロモーション感あふれるツインデッキ切り札【デュエル・マスターズ】

少しの間休んでいたからか、文章を考えるのに少し違和感を覚えるポフルです。

変な記述とかあったらごめんなさい。

 

今回はツインヒーローデッキの自然文明切り札《暴命天 バラギアラ/ガイアの目覚め》を考察していきますね。

 

 

 

 

カード情報

 


暴命天 バラギアラ

自然文明 グランセクト・ハザード

コスト9 パワー14000

■マッハファイター

■T・ブレイカー

■すべてのクリーチャーは、シールドをさらに1つブレイクする。


ガイアの目覚め

自然文明 コスト8 呪文

■S・トリガー

■各プレイヤーは自身のクリーチャーをそれぞれ2体ずつ選び、マナゾーンに置く。


 

考察

自然文明のツインヒーローデッキ切り札はツインパクトカードでしたね。

 

クリーチャー面

コスト9にしてパワー14000のマッハファイターです。さらに、すべてのクリーチャーのブレイク数を1増加させる能力を持ちます。

 

《ハザード・オウ禍武斗》の上位互換ですね……と言えればそれでよかったのですが、どうもそうでは無いようです。

 


ハザード・オウ禍武斗

自然文明 グランセクト

コスト9 パワー14000

■マッハファイター

■T・ブレイカー


禍武斗の轟印

自然文明 コスト7 呪文

■このターン、自分のクリーチャーすべてのパワーを+12000し、「T・ブレイカー」を与える。


 

www.dmasters-pohu.com

厄介なのは、シールドブレイク数増加の能力が「相手のブレイク数も増加させてしまう」という点ですね。

相手のターンが来る前に自身の打点を増やしてトドメに向かいたいところです。しかし、この子自身は出たターンに相手プレイヤーを殴る事ができないので、どうも決定力に欠けるといったところです。横にクリーチャーを並べた上でこの子を出せば……と思いがちですが、それなら別に《禍武斗の轟印》や《カンクロウ・ブラスター》あたりの打点補強で間に合うというものです。

 

そもそもコスト9でマッハファイターを出し、相手クリーチャーを殴りながらシールドを全てブレイクして勝つ……という使い方をしたいのであればわざわざこの子を使わずとも《キングダム・オウ禍武斗》でこと足りてしまうという問題もあります。

 


キングダム・オウ禍武斗

自然文明 グランセクト

コスト9 パワー14000

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

■T・ブレイカー

■破天九語(このクリーチャーがバトルに勝った時、相手のシールドを9つブレイクする)


轟破天九十九語

自然文明 コスト10 呪文

■各プレイヤーは、すべてのクリーチャーを自身のマナゾーンからマナゾーンに出す。それらのクリーチャーがバトルゾーンに出る事によっておこる効果はすべて無視する(マッハファイターなどの、そのターンの間働く能力は無視されない) 


 

 

この子を使いこなしたい場合、呪文面をどのように活用できるかにすべてがかかってそうです。

 

……もしくは、さりげなく新種族である「グランセクト・ハザード」を活かすカードが出てくるのかどうかですね。

 

呪文面

お互いのクリーチャーを2体ずつマナゾーンに送る事ができるS・トリガーですね。

 

アンタッチャブルを除去できる利点こそあるものの、自分で除去するクリーチャーを選べない上に自分のクリーチャーを2体マナに送らなければならない……と扱い辛さが目立ちますね。

 

S・トリガー枠として依存してしまうといざという時に痛い目を見てしまいがちなので、「8コストで《ゼノゼミツ》等の棒立ちになっているクリーチャーをマナゾーンに送る事によるマナブースト要員」というカードとして見るのが良いかもしれません。8コストの呪文として見ると重く感じますが、クリーチャーを並べるデッキに刺して、対速攻における除去+2マナブースト要員と考えれば中々……なのでしょうか。

マナが増えてもそこまで嬉しくなさそうな轟轟轟系統に刺されば万々歳ですかね。

 

もしくは、クリーチャーをほとんど並べないようなデッキや《光器パーフェクト・マドンナ》等の除去耐性を持つカードとの併用によって、相手のクリーチャー2体を除去する為のカードとして扱う事が考えられるでしょうか。

 

癖はあるとはいえ、自然文明のS・トリガーで複数のクリーチャーをマナ送りにする能力というのは珍しいです。相性の良いデッキを見つけてあげれば活躍できるかもしれませんね。

 

ツインパクトとして

基本的には呪文面を重視し……とは言いましたが、その癖の強さからあまり過信したくは無いというのが正直な感想です。

クリーチャー面もリスクが高い上にクリーチャー面のみ見ればもっと適任が存在している……と悩みどころ。

 

不用意にマナに置けば《父なる大地》で引っ張り出されて打点を揃えられてしまう、S・トリガーが発動しても、攻撃済みクリーチャーをマナに置かれたらほとんど意味が無い……など、懸念事項が多すぎて、よほどうまいコンボや相性の良いデッキが見つからない限りは使われないカード……と考えざるを得ないカードに見えてしまいます。

 

上手くはまれば面白いカードなのですが、有効活用するには相当な研究が必要になりそうな気がしますね。

 

 

一応救いがあるとすれば、このバラギアラ自身、単なるクリーチャーでは無いという事が明らかになっている点でしょう。詳しくはコロコロコミックを読んで欲しいのですが。

きっと、双極編第1弾のプロモーションだった《キングダム・オウ禍武斗》のように、この子も双極編第4弾の新規目玉カードのプロモーションなのでしょう。

その時にこのカードもちゃんとサポートとして活躍できるのかどうかが明らかになりそうです。

 

 

まとめ

 基本的にプロモーションと言った形のカードではないでしょうか。

一応呪文の効果は癖の強さに目を瞑れば優秀な部類なので、そちらを主にしながら考えてみたいところですね。

 

 

以上。一回長文の記事を書いてリハビリした方が良いのかもしれない。ポフルでした。