ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

「超爆!!ツインヒーローデッキ80 Jの超機兵 VS 聖剣神話✝」を購入してデュエマしてみた【デュエル・マスターズ】

 

……という事で、今から使うデッキ考え中。ポフルです。

環境変わると思うので今考えても……という話ですが、一応集めておいて損は無いかなと。

 

 

そんな、パーツ集めとデッキ構築の一環として、「超爆!!ツインヒーローデッキ80 Jの超機兵 VS 聖剣神話✝」を購入しました。そして、親友もその場にいたので、せっかくなのでと「ジョーカーズVSメタリカ」みたいな事もやってみました。

 

そんなわけで、現在購入を考えている方や、だれかにプレゼントとして考えている方等向けに少しでも参考になればなという想いで、今回の購入した感想を書いていこうかなと思います。

 

 

 

Jの超機動について

デッキ内容

DX銃斬首領 SEVEN 2枚

ダダダッシュX 2枚

ふでがき師匠/一筆奏上! 3枚

虫取りアーミー 3枚

ニルバーナー 2枚

ガンバG/ガガン・ガン・ガガン 2枚

バイナラドア 2枚

ジャンゴ・ニャーンズ 2枚

ジョジョジョ・ジョーカーズ 4枚

天体かんそ君 3枚

シューズッキュン 3枚

タイク・タイソンズ 4枚

父なる大地 4枚

ヤッタレマン 4枚

 

使った感想

火文明ジョーカーズよりは注目されていたものの、いざ登場してみるとそこまで環境で活躍しているわけでもなさそうな感じに落ち着いた自然文明ジョーカーズのデッキです。

 

その使用感ですが、

「デュエマ最初期に『ビーストフォーク』等の自然文明ビートダウンを使っていた方にはかなり懐かしい感じでプレイできるデッキ」

という感じですね。

 

序盤のビートダウンを支える《シューズッキュン》や《タイク・タイソンズ》、その主なJチェンジ先となる《天体かんそ君》のおかげか、相手のシールドやクリーチャーを積極的に殴りながら素早いマナ加速が可能となっています。

《天体かんそ君》のデッキトップ操作によって次のターンからの動きも多少スムーズになりやすく、《ジョジョジョ・ジョーカーズ》による安定性も十分です。Jチェンジ先のカードをマナに置きやすいという事も相まって、始終安定したビートダウンを繰り広げる事が可能ですね。

 

特別な事を考えずともマナが溜まっていくので、切り札である《DX銃斬首領SEVEN》や、そちらにチェンジする為の《ジャンゴ・ニャーンズ》や《ダダダッシュX》にアクセスしやすいという点も大きなポイントです。大量に溜まるマナによって出しやすく、そのマナを利用しやすい《虫取りアーミー》の存在も大きいですね。さりげなく3枚入っているのですが、コロコロコミックの付録も合わせて4積みしてくださいという事なのでしょうか。多分4枚は多いと思いますが。

 

トリガーは8枚と、最近の構築済みデッキにしては少なめの構成です。守りに関してはマッハファイターによってクリーチャーを倒す事で対処せよという事なのでしょうか。逆に言えば、トリガーだらけで動けないという事が少ないわかりやすい構築と言えるでしょう。速攻への弱さは少し考えたいですが。

 

個人的に、「《ジャンゴ・ニャーンズ》や《ダダダッシュX》あたりのJチェンジ8持ちクリーチャーをあと1枚ずつ収録してくれれば、終盤に低コストカードばかり手札に来て困る事も無かったかもしれない」とは思うのですが、それ以外に関しては自然文明のビートダウンとしてかなりレベルの高いものに仕上がっていると感じましたね。

Jチェンジの挙動にさえ慣れてしまえば、初心者にも扱いやすいデッキです。超オススメですね。

 

改造するのであれば、どうしても浮いてしまっている感のある《父なる大地》を《ガヨウ神》や《ヘルコプ太》、Jチェンジ4との兼ね合いを考えるなら《ツタンカーネン》や《TOYザマス》で序盤のドロー能力をカバーするなり、《ガンバG》を《ジャンゴ・ニャーンズ》や《ソーナンデス》に変えて決定力を上げるなり。

《ドンジャングルS7》を持っているならそれを突っ込んで制圧力を上げる等、拡張性もしっかり持ち合わせています。

 

聖剣神話✝について

デッキ内容

オヴ・シディア✝ 2枚

煌メク聖晶 弩楼/ビスティック・マース 2枚

青守銀 ダンケ 3枚

天門ノ裁キ 3枚

集結ノ正裁Z 4枚

ハヤブサノ裁徒Z/ヒーリン・マスカラス 3枚

サッヴァーク ~正義ノ裁キ~ 2枚

奇石クローツ 4枚

隻眼ノ裁キ 4枚

龍装者 シャイニー/エッジ・スパーク 2枚

奇石ミクセル/ジャミング・チャフ 2枚

ハピネス・ベル 2枚

命翼ノ裁キ 3枚

ハヤテノ裁徒 4枚

 

使った感想

本当にこれが公式の構築済みメタリカか

それが最初に使った感想ですね。

 

今までのメタリカの構築済みデッキは、「ラビリンスを達成、維持するために相手を積極的に殴りに行く」「どんどん攻撃しながら絶対的なシールド差で圧倒する」という、「優位状態を更に優位に変えていくデッキ」という印象の物が多かったのです。しかし今回のデッキは本当に「相手のビートダウンに対して「サバキZ」や紋章によってしっかり耐えて、相手の息切れを見てから勝利を目指す」という、ひと昔前の天門とかのような、よく言えば「大多数がイメージする光文明」という感じになっていますね。

 

公式の種族デッキとしては、一番隊サイクルが収録されていない点も珍しい点ではないでしょうか。ルグンドドはその、うん。あれですけれど

 

踏み倒しを行うデッキに対しては《奇石ミクセル》によって動きを制限し、そうでないビートダウンには《ハヤテノ裁徒》からの《隻眼ノ裁キ》で確実にS・トリガーを仕込みつつ、後々のサバキZの補助兼紋章サポートの布石。

そしてデッキの約半分くらいを占めるシールド追加カードと、サバキZ持ちの紋章によって妨害と展開補助を行いつつ、大型クリーチャーで更に守りを固め、相手が息切れしたところを大型クリーチャーで叩く……。

すっげぇめんどくさい事書いてますね私。

 

防御型デッキというのは、相手がどのような戦い方をしてくるのかを見極め、その戦い方に対して最も最適な方法で受けて行くというのが基本的な戦い方です。それはカードゲーム初心者がなんとなくでできるような戦い方ではありません。

何が言いたいのかと言えば、

明らかに初心者向けのデッキでは無い

という事ですね。

 

《オヴ・シディア✝》と《煌メク聖晶 弩楼》というこのデッキの切り札に関しては、わかりやす過ぎて露骨で私があまり好きになれない《天門ノ裁キ》の存在から出しやすいのですが、後述するジョーカーズとの闘いでは「撃つタイミングを間違えると一気に窮地に陥る事になる」というシビアな面も持ち合わせています。その辺りも、上に書いた通り「相手の戦い方を見極める」というスキルが必要になってきます。

 

……と、ここまであまり良い事は書いていませんが、《龍装者 シャイニー/エッジ・スパーク》や《奇石 クローツ》、《隻眼ノ裁キ》(隻眼に関して言えば4枚!!)と、対ビートダウンではとにかく頼りになるカードが勢ぞろいしており、しっかり使ってあげれば、ビートダウンにとってはかなり厄介に感じるように立ち回れるデッキです。

S・トリガーも、直接的な妨害能力が無い物を含めて10枚、内4枚は使い回しの利く隻眼、内2枚はシールドを一時的とはいえ増やしてくれる《ハピネス・ベル》かなり心強い構築です。ここにさらにサバキZの存在やブロッカーの存在もあって、今までの構築済みデッキの中でもトップクラスのビートダウン耐性を持っています。

 

むずかしい物が好きな方にはオススメしたいデッキですね。

 

改造案に関しては、正直良くわかりません。ただシールドを増やす関係から少なくとも《煌メク聖戦 絶十》との相性は良い筈だと思いました。

サッヴァーク✝を持っているのであれば、突っ込んでみるのも良いと思いますね。

 

ジョーカーズVSメタリカ対戦

なんとなくのイメージで「ジョーカーズの方が強いんだろうな」と考えてはいたのですが、案外そうでもないですね。

序盤のJチェンジを多少防いでくれる《奇石ミクセル》の存在、Jチェンジやマッハファイターを逆に利用してドローできる《龍装者 シャイニー》。何より大量のシールド追加とS・トリガーによって、ジョーカーズ側の攻めをかなり軽減してくれます。

 

相手の《ジャンゴ・ニャーンズ》からの展開を封じ切ったあたりがメタリカ側の反撃タイミングですね。相手の手札を見ながら《天門ノ裁キ》等でフィニッシャーを呼び出し、対処不能になるような盤面を構築していけば勝利は近いです。

 

ジョーカーズ側が不利にも見えますが、序盤に《タイク・タイソンズ》等によるビートダウンとマナブーストがしっかりできており、なおかつクリーチャーをそれなりに並べる事ができていれば《ダダダッシュX》からの《DX銃斬首領SEVEN》で重ねられた紋章をマナに送りつつ一部のサバキZやS・トリガーを封殺し、強化された小型クリーチャーで殴り切ってフィニッシュ……という事も十分可能です。

相手が《オヴ・シディア✝》を出してきた場合でも、《バイナラドア》や《ニルバーナー》、《父なる大地》と対処できる札は多めです。

 

総じて互角、お互いに勝てる時は勝てるし、負ける時は負ける……というような印象をもちますね。

 

その他の物に関して

スリーブ

オリジナルのスリーブが付くというのは中々嬉しいものです。カードゲーマーとしては、なんだかんだスリーブというのはどれだけあっても困らないところがあるので、デッキと一緒についてくるというのは本当にうれしいです。

イラストも、少し渋さがあってカッコいい、良い感じの物になっています。

 

ただ、カードの裏側が透けて見えてしまう薄さというのは少し考え物ですね。

個人的には、単なる公認大会でその透けを見て「ジャッジ―」とか言ってくる方は近寄りたくない人間判定してしまう程度の透け具合なのでそこまで気にする必要は無いかなと思いますが、CS等の競技性の高い大会では注意したいですね。今回のスリーブの中にもう1サイズ小さい裏面が無地のスリーブを入れる等で対処しておきたいです。

イラストはかなりカッコいいです。

 

デッキケース

「この一箱で友達とすぐに対戦する事が可能!」と謳うのであれば、デッキケースは別々にして欲しかったというのが正直な感想です。

「友達に貸してデュエマしよう」というコンセプトであったとしても、せめてセパレターはもう少ししっかりしたものを使ってほしかったです。

 

ケースの質について、さすがにクロニクルデッキのマットみたいになっているタイプを要求するのは酷ってものです。デッキのおまけとして考えれば十分なものになっていますね。二重スリーブまでであれば2つのデッキが余裕で入る要領というのもうれしい点です。

ただ、蓋が少し開きにくいのか少し入れづらい点、そしてやはりセパレターはもっとしっかりして欲しかったです。2つのデッキが混ざってしまいます。

 

少なくとも、兄弟で1つずつデッキを入れる……という用途には向かないかもしれないです。

 

まとめ

ひとまず軽い感じの記事になってしまいましたが、とにかく今回の商品、すごく良いです。

スリーブとデッキケースに関して言えばもう一歩配慮が欲しかった感はありますが、そこまで悪いものでもないです。

デッキに関しては、特にジョーカーズ側の完成度はかなりのものです。

新規カードの考察に関してはまた後日行いますが、それなりに強力なものも存在しています。とにかく買って十分に楽しめるデッキセットだと思いましたね。

 

単純にどちらかのデッキを目当てに買う方も、パーツ取りとして買う方も、一度友達と一緒に「ジョーカーズVSメタリカ」を楽しんでもらいたいですね。

 

 

以上。色々使うデッキを幅広く試していきたい。ポフルでした。