ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《煌メク聖晶 弩楼/ビスティック・マース》考察―紋章と相性が良い以上に気になる呪文面【デュエル・マスターズ】

全国大会エリア代表決定戦で使いたいデッキが多すぎる。ポフルです。

環境がどこまで変わるかで使うデッキも変わるので、下手に結論つけれないですね。

 

ひとまずいつものように考察するだけです。今回はツインヒーロー収録の《煌メク聖晶 弩楼/ビスティック・マース》の考察です。

 

 

 

 

カード情報

 


煌メク聖晶 弩楼

光文明 メタリカ/サバキスト

コスト9 パワー11500

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のシールドゾーンにある表向きのカード1枚につき、カードを1枚引いてもよい。


ビスティック・マース

光文明 コスト4 呪文

■S・トリガー

■相手のマナゾーンのカードが自分のより多ければ、自分の山札の上から2枚をマナゾーンに置く。


 

考察

クリーチャー面

大型ブロッカーであり、出た時に自分の表向きのシールドカードの数に応じたドローが可能です。

 

裁きの紋章との相性が良い能力なのですが、ドラゴンではなくコストも9と高いので、《サッヴァークDG》主体のデッキでの採用は難しいですね。《煌メク聖戦 絶十》を主軸とする場合、及び《天門ノ裁キ》を採用したデッキにて活躍する事になるでしょう。手札消費が激しいサバキZをうまくサポートしたいですね。

 

他のデッキに組み込むにしても9コストでドローは流石に重いので、踏み倒しやコスト軽減は考慮すべきですね。

 

ドローが任意なので、ライブラリアウトの心配はほぼありません。ドラゴンブレイク能力を使う際にはライブラリアウトの危険性が高いので覚えておきたいですね。

 

呪文面

《グローリー・スノー》と同じ能力ですね。……コロコロコミックに載っている新カードについてもそうですが、最近再録されたカードのツインパクトをすぐに出すというのはどういう意図なんでしょうね……。その辺りは最近のデュエマ公式の嫌いな所です。

 

踏み倒しの蔓延によって相手よりもマナが少ないという状況は少なくなってきた為、グローリー・スノーとその相互互換カードの採用率は少なくなっています。が、速攻系のデッキに先行を取られてしまった場合にこのカードをトリガーすれば、逆転のチャンスがつかめるかもしれません。

 

ツインパクトとして

《グローリー・スノー》がツインパクトとなったカードとして見て良いでしょう。元が腐りやすいカードだったので、ツインパクトによって腐りにくくなった事はうれしい事です。構築済みデッキでしか手に入らない事は考え物ではありますが、通常パックや限定パックの高レアリティでないだけマシですかね。

 

クリーチャー面も呪文面もデッキを選ぶものになっているので、採用できるデッキは少なめです。

紋章を使うデッキ、天門系、変わったところでは九極にて採用し、そのほかの光文明デッキでは《緑知銀 イーアル》の方を優先して採用することになるかと。

 


緑知銀 イーアル

光文明 メタリカ

コスト4 パワー1000

■スーパー・S・トリガー(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい。その時自分のシールドが1枚もなければ、このクリーチャーにS能力を与える)

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のマナゾーンのカードが自分のより多ければ、自分の山札の上から2枚をマナゾーンに置く。

 S-このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを2体まで選び、タップする。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

天門系では既に《天星の玉 ラ・クルスタ》が存在しています。

 

 


天星の玉 ラ・クルスタ

光文明 ジャスティス・オーブ/革命軍

コスト4 パワー4000

■ブロッカー

■このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のマナゾーンにあるカードが自分のより多ければ、自分の山札の上から2枚をマナゾーンに置く。


 

天門で小型ブロッカーを立てながらブーストしたいのか、それよりも大型ブロッカーかマナブーストかを選べるようにしておきたいのかでどちらを採用するのか変わってきそうです。どちらも一長一短なので、その辺りは自分のデッキとも相談しながら考えましょう。

ちなみに《ミラクル・ミラダンテ》採用型の天門の場合はラ・クルスタの方がミラミラで捲った時のメリットが大きいです。アヴァラルド公で手札補充を狙うタイプであればビスティックの方が適任ですね。

 

変わったところで九極侵略での採用です。

コスト9ばかりを採用するあのデッキにおいて、デッキの中身のコスト9のクリーチャーを減らすことなく、序盤のブーストカードを増やすという事ができるのは嬉しいところです。

緑を採用しないor設計図軸でキング・シビレアシダケを採用していないのであれば、考慮に入れたいカードです。

ただし、コマンドではない上に場に出ても単なる大型ブロッカーにしかならないという点には注意しましょう。

 

収録されているツインヒーローデッキでは、速度の遅さから呪文面を主に使うことになるでしょう。クリーチャー面も相性自体はいいのですが、出すタイミングを掴みにくいです。

 

 

まとめ

総じて、クリーチャー面と呪文面共にどんなデッキでも活躍できる能力ではないのですが、ツインパクトである点が幸いして一部のデッキで採用できる余地がありますね。

 

特に呪文面は速攻やビッグマナが流行った際に有効な効果なので、今現在使えなくても一応確保して置いて損は無さそうです。

 

以上。……そもそも作りたいデッキが多すぎる気がするポフルでした。