ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《封鎖の誓い 玄渦》考察―露骨なメタはむしろメタリカらしい【デュエル・マスターズ】

全国大会で使用予定の2つのデッキ。意外にしっかり運用できて困る。ポフルです。

逆にどれ使うか迷ってしまいますね。

 

さて、今回はそんな私の心境を吹っ飛ばしてくれるのかもしれない《封鎖の違い 玄渦》を考察していきましょう。

コロコロオンラインにて公開されています。

 

 

 

カード情報

 


封鎖の誓い 玄渦

光文明 メタリカ

コスト3 パワー3500

■相手の墓地にあるカードは、墓地を離れない。


 

考察

わかりやすい墓地利用デッキへのメタカードですね。

《奇石ミクセル》や《絶対の畏れ 防鎧》、《正義の煌き オーリリア》に《奇石 タスリク》、《DG ~裁キノ刻~》等、露骨なメタカードはメタリカの十八番のような部分があったので、別段驚くことは無さそうです。

 

「墓地を離れない」という直接的なテキストのおかげで刺さるカードはかなり多く、

  • 無月の門を持つカード
  • 《インフェルノ・サイン》等のリアニメイトカード
  • 《永遠の少女 ワカメチャ》《超次元 リバイヴ・ホール》等の墓地回収カード

と、少し考えただけでも色々と出てきますね。

 

現環境において刺さるのは主に「卍 デ・スザーク 卍」になるでしょう。ジャバランガループのような墓地を利用するループデッキにも刺さります。

 

黒単デ・スザークの場合、対処方法が《堕魔 ドゥポイズ》か《堕魔 ドゥシーザ》×2くらいしか無くなる上に、それらを自在に使用可能にする《堕魔 ヴォガイガ》《堕魔 ヴォーミラ》が封じられるので、かなり厳しくなるでしょう。パワーの高さが嬉しいですね。

他にクリーチャーが並べられているのであればドゥポイズでの除去もしにくくなり、さらに厳しくなりますね。

(個人的には、この玄渦が流行った場合、玄渦を安定して場から剥がしつつ虚無月を発動できる《堕魔 カージグリ》採用型の無月デッキが流行りそうなものだと思っているのですが)

 

あまりに黒単デ・スザークが怖い場合には試してみたい1枚になりますね。

 

 

ただし、この手のカードによくある話になりますが、相手が墓地を全く利用しないデッキの場合には単なるバニラになる点は気にしておきたいところです。

また、《水上第九位 シャコガイル》はこの墓地利用禁止を利用してくるのでそこも注意が必要ですね。

 

 

本来なら、この墓地利用禁止能力を有効活用できるようなデッキで使うのがベストなのですが、そういった能力がそこまで多くないというのが現状です。一番有名な所を挙げるなら《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》との相性ですね。ヘルゲートムーンを忘れているわけでは無いですよ?

 

玄渦を蘇生してあげれば、相手は墓地からクリーチャーを引っ張りだす事ができなくなります。自分のみがクリーチャーを蘇生させる事ができるという事になりますね。

 

メタリカである事を踏まえて《龍装者 バーナイン》のドローの餌、ラビリンスを達成するためのアタッカーとして戦わせるというだけでも一応ベターという形でしょうか。《赤攻銀 マルハヴァン》のシンパシー元になる点もうれしいですね。

 

 

まとめ

墓地メタピンポイントと言う点から黒単デ・スザークに対してはしっかり対策になってくれそうです。

それだけで環境で使われるカードなのかと問われると少し疑問ではありますが、墓地利用系が怖ければ是非使いたいですね。