ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

「超爆!!ツインヒーローデッキ80 自然大暴走 VS 卍獄の虚無月」を購入して(一人で)デュエマしてみた【デュエル・マスターズ】

親友の青単魔道具に苦戦中。ポフルです。

流石は青単のエキスパート……。

 

 今回ですが、前回ツインヒーローデッキ、ジョーカーズVSメタリカの使用した感想的なものを書きました。そのグランセクトと魔道具の記事を書いていこうかと思います。

 

www.dmasters-pohu.com

 

ただし、今回は2つのデッキを対人で使用したわけでは無く、自分の右手と左手でデュエマした感想なので、その事を踏まえた上で読んでください。

 

 

 

自然大暴走について

デッキ内容

暴命天 バラギアラ/ガイアの目覚め 2

虹出づる繭 ミノガミ/帝の目覚め 2

レレディ・バ・バ・グーバ/ツインパクト・マップ 4

ドント・ラフーイ/ネオン・ジオング 3

コンダマ/魂フエミドロ 3

イチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ 4

ファビュラ・スネイル/ゴルチョップ・トラップ 2

ぱくちーたー 2

古龍遺跡エウル=ブッカ 3

アカシシーマ/レッド・アグラフ 3

ラ・トビ・トール/ケンドリック・ハーヴェスト 4

雪風妖精チャユニクス/スノー坊のパトロール 4

霞み妖精ジャスミン 4

 

使った感想

コンセプト自体はものすごくわかりやすく、

「ツインパクトカードを使ってマナを伸ばし、中型カードと大型カードでマナ回収を駆使して場面に応じた最適なカードを使い、コントロールしていく」

というものになっています。

 

ツインパクトカードによる(というより、ツインパクトサポートによる)マナ加速は、どこか5色フェアリー・ミラクルに通じるものがあります。マナを溜める能力自体はかなり高いと見て良いですね。

同じく自然文明のジョーカーズデッキとは少し違い、ジョーカーズが「攻撃しながらマナを溜めていく」という戦い方だったのに対してこちらは「攻撃せずにマナを溜めていく」というものになっています。

 

ここまで聴けばわかりやすいデッキで終わるのですが、デッキの大半がツインパクトカードで構築されていることもあり、

プレイバリューが高すぎて使いこなすのに時間がかかりそう

という、人によっては困る点が存在していますね。

 

その原因としては、ツインパクトの特徴とデッキコンセプトが上手く噛み合い過ぎている事です。

 

ツインパクトの特徴として、「単純に考えて、1枚で2つのプレイングが考えられる」という点があります。上級者にとっては単純に「プレイの幅が広がる=対応力が高い」という点に繋がるのですが、初心者にとっては「どれを使うのが正解かわからず、使いこなせない」という点に繋がります。これがややこしさにつながっているわけですね。

 

そしてデッキコンセプトです。このデッキが「豊富なマナ回収(と疑似的な墓地回収)でその場に合ったカードを選択する」という戦い方を要求されるのですが、単純にマナゾーンに8枚のツインパクトカードがある場合、マナ回収によって考えられるプレイの方法は単純に考えて倍です。相手の対応方法まで考えればそれ以上です。

 

「それがコントロールデッキというもの」と言われればそれまでなのですが、とにもかくにも「このデッキで勝ちたい」という場合にはそれなりの努力が必要という事になります。

 

初心者向きとは少し遠いデッキになっているのですが、「使い辛いデッキを手に馴染むまで使うのが楽しい」という方にはぜひともオススメしたいデッキです。

デッキ内には、このブログで私が若干酷評してしまった《暴命天 バラギアラ/ガイアの目覚め》を有効活用する為のコンボが仕組まれていたり、序盤のマナブーストが安定していたり、自然単では心強い除去力の高さを誇る《古龍遺跡 エウル=ブッカ》が3枚搭載されていたりと割と私好み使いこなせば楽しいデッキである事は間違いないです。

 

もう少し言えば、自然単でのコントロールというのが中々新鮮です。他のデッキ以上に対応し辛いマナ送りという除去方法が、時に心強く、時に自分の首を絞めてきます。かなり新鮮な気持ちで戦えます。

 

改造方法なのですが、このデッキのキーカードである《虹出づる繭 ミノガミ/帝の目覚め》の関係上、ツインパクトカードを減らし過ぎなければどの文明のカードでも採用予知があります。

プレイバリューの高さと共に改造の方法も多種多様といったものになっており、そういった点も評価点ですね。敢えて自然単で使うもよし。色々な文明の力を使うも良し。

 

使ってみて「このデッキ使いこなせないワ」という方に言えることは、「《虹出づる繭 ミノガミ》は手元に残しておいた方が良い」という事ですね。

 

卍獄の虚無月について

デッキ内容

卍 ギ・ルーギリン 卍/卍獄ブレイン 2

メガロ・デストロイト 2

ソー☆ギョッ 4

堕呪 ギャプドゥ 3

堕魔 ヴォジャワ 3

魔凰 デ・スザーク 2

堕魔 ドゥポイズ 2

冥王の牙 2

堕呪 ンカヴァイ 2

堕魔 ヴァイシング 2

堕魔 ドゥシーザ 2

堕呪 カージグリ 4

堕魔 グリギャン 4

堕魔 グリペイジ 2

 

使った感想

元々彼女や他の方の魔道具デッキを使って常々感じていた事ですが、

無月の門は面白い

という事を再確認させてくれるデッキになっていますね。

 

新能力「虚無月の門」を使うこのデッキは、魔道具呪文が癖の無い能力ばかりという事も相まって容易に開く事ができる上に、出てくるクリーチャーがブロッカー持ちかつアンブロッカブル。除去されてもまた魔道具呪文1枚で蘇り、しつこく相手を殴っていく……と今までの魔道具デッキとは違った攻撃的なものになっていますね。

 

無月の門のギミック自体わかりやすいギミックだった事、ひとまず魔道具を揃えて門を開いて攻撃するだけである程度戦えるしある程度勝てるという事を踏まえると、こちらのデッキの方が初心者向けと言えそうですね。

 

 一応、他のデッキと違って唯一混色デッキとなっていますが、デッキを掘り進める事が得意な水闇の組み合わせという事もあって使いやすいものになっています。

《魔凰 デ・スザーク》の「無月の門」、《卍 ギ・ルーギリン 卍》の「虚無月の門」が同時に入っている事でちょっと難しいのではないかと危惧したところもありますが、《堕魔 ヴォジャワ》が上手くサポートしてくれています。

 

防御能力も中々で、水魔道具のS・トリガーが発動するだけでブロッカー持ちの《卍 ギ・ルーギリン 卍》がよみがえってくるのは厄介極まりないです。攻守ともにバランスの良いデッキに仕上がっている印象でした。

 

気になる点は2つ。

1つはもう一つの切り札である《メガロ・デストロイト》が若干浮いている気がするという点ですね。魔道具の蘇生こそできるのですが、7コスト溜める必要があるかと聴かれると微妙な所です。《堕魔 ヴァイシング》が採用されている点も《メガロ・デストロイト》の使いにくさが目立ちます。《魔凰 デ・スザーク》との相性は決して悪く無いのですけれど。弱いカードだと言うつもりも無いんですけれど。

 

もう一つは、グランセクトVSドルスザクで書きましょう。

 

気になる点こそありますが、わかりやすい、扱いやすい、強いという3拍子揃った良いデッキにまとまっています。初心者にオススメしたいデッキですね。

 

改造するのであればやはり《卍月 ガ・リュザーク 卍/卍・獄・殺》の投入……もそうなのですが、折角の水魔道具なら《堕呪 ゾグジグス》を入れたいですね。

今までどこか不遇の扱いをされていた各種ムーゲッツクリーチャーも、水文明主体なら打点要員として採用してみたいところですね。中でも実用性が高い《堕魔 ジクス★ガルビ》は、呪文主体になる事によって減ってしまうデッキ全体の打点を補うためにも考えたいところです。

 

グランセクトVSドルスザク

コントロールVSビートダウンの構図です。

ジョーカーズVSメタリカの時もそうでしたが、簡単に説明してしまえば「グランセクト側のコントロールが始まる前に殴り切ればドルスザクの勝ち、そうでなければグランセクトの勝ち」の構図になっています。

 

ドルスザク側の切り札である《卍 ギ・ルーギリン 卍》の降臨がかなり速いので、殴り勝つのは容易……と思いきや、私がドルスザクのデッキで気になっている事の1つである「マナ回収が無い上に通常の魔道具デッキよりもクリーチャーが少ないので、マナ送りが致命傷になりやすい」という点がかなり重く、エウル=ブッカやガイアの目覚め1枚で戦況を一気にひっくり返されてしまいます。

マナ送りをされてしまった場合、後続を出す為にまた水の魔道具でデッキを掘らなければならないのですが、そうして苦労した出したクリーチャーがまたマナ送りにされ……を繰り返していくと、いずれライブラリアウトによって敗北してしまいます。それができる位に、グランセクト側の除去力と対応力は高いです。

 

グランセクト側はその対応力を見せつける為にミノガミをバトルゾーンに維持したいところなのですが、そこは除去力に優れた魔道具です。マナ回収がターンのはじめという事も相まって良く刺さるバウンス能力持ち《堕呪 カージグリ》や、単体除去の《堕魔 ドゥポイズ》、相手のマナ送りを利用して《メガロ・デストロイト》から魔道具を呼び出しつつの《堕魔 ヴァイシング》→《堕魔 ドゥシーザ》→《魔凰 デ・スザーク》による大量パワー低下あたりの方法ですぐに除去されてしまいます。

また、主な対処手段がマナ送りになるグランセクト側にとって、相手の手札を増やす事に繋がる安易なシールドブレイクは他のデッキ以上にリスキーです。

 

今回のこの感想はあくまで、「私が右手と左手でデュエマしただけでの感想」なので、対人で戦った場合の感想とは違った感想なのかもしれませんが、ひとまずこの2つのデッキは「ジョーカーズVSメタリカ」の時のように、お互いに勝てる時は勝てるし負ける時は負けるという感じの良い戦いができる事は間違いなさそうです。

 

各種サプライに関してはジョーカーズVSメタリカでも書いた通りです。

良い所も悪い所もどちらも同様。

 

まとめ

今回は以前の記事と比べて少し物足りない物となっているかもしれません。

ただ、今回のツインヒーローデッキはどちらも面白いデッキになっているので、興味があれば買ってみてくださいね。

 

 

以上、全国大会で青単魔道具は出るのだろうか……ポフルでした。