ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《虹出づる繭 ミノガミ/帝の目覚め》考察―プロモーション?いいえ。実力派【デュエル・マスターズ】

やっぱりツインパクトが好き。ポフルです。

あんまり出し過ぎるとインフレを助長し過ぎてしまう感があるので、ほどほどにはしてほしいですけれど。

 

そんなツインパクトの新たな可能性が、ツインヒーローデッキで登場しています。

今回のカードの中で個人的に一番推している《虹出づる繭 ミノガミ/帝の目覚め》の考察です。

 

 

 

カード情報

 


虹出づる繭 ミノガミ

自然文明 グランセクト

コスト6 パワー7000

■このクリーチャーを自分のマナゾーンから召喚してもよい。

■W・ブレイカー

■自分のターンのはじめに、ツインパクトカードを1枚、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。

■自分のマナゾーンにあるツインパクトカードを、すべての文明のカードとして扱う。


帝の目覚め

自然文明 コスト3 呪文

■カードを1枚、自分の墓地からマナゾーンにタップして置く。その後、ツインパクトカードを1枚、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。


 

考察

クリーチャー面

マナゾーンから召喚可能なクリーチャーですね。ターンのはじめにツインパクトカードを1枚マナゾーンから手札に戻す能力と、マナゾーンのツインパクトカードを染色する能力を持つ中型システムクリーチャーです。

 

地味に見える能力ではありますが、デッキの中身の4分の3以上をツインパクトカードにしつつ、マナブーストを容易にしたデッキで使えば、一種の置きドロ―のような感覚で使う事が可能になります。

このカードこそが「ツインヒーローデッキ 自然大暴走」をコントロール染みたデッキに仕上げた張本人です。以前バラギアラが切り札とは書きましたが、デッキの中心となっているカードはこの子と言えそうです。

 

自分のターンのはじめに、相手の場に厄介なクリーチャーが存在しているようなら《ドント・ラフーイ/ネオンジオング》等の除去カードを、展開するチャンスであれば《レレディ・バ・グーバ/ツインパクト・マップ》で後続のサーチ、マナにカードが足りないなら《コンダマ/魂フエミドロ》……等、その場に応じたツインパクトカードを使ってコントロールしていきたいですね。

 

ツインパクトでミノガミを破壊から守る事ができる《ラルド・ワースピーダ/H.D.2.》も使いたいところです。

 


ラルド・ワースピーダ

自然文明 グランセクト

コスト3 パワー3000

■ガードマン

■このクリーチャーは攻撃できない。

■セイバー:グランセクト

■ラスト・バースト


H.D.2.

自然文明 コスト5 呪文

■プレイヤーを一人選ぶ。そのプレイヤーは、自身の山札の上から2枚をマナゾーンに置く。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

こうしたカードを使い回せるように、《スノー坊のパトロール》や後述する呪文面を使って墓地のツインパクトをマナゾーンに置き直せるようにしておきたいですね。

 

ツインパクトの染色能力に関しては、そもそも染色がしたいだけならより軽い《薫風妖精 コートニー》が存在しています。コスト6と中途半端な重さもあり、あまり過信できる能力ではありません。

この子の染色を重視してデッキを組むのではなく、2色から3色デッキを構築する際中盤以降の色事故軽減を目当てにしておきたいところです。マナ回収によって回収したは良いものの、必要な文明がマナから無くなる……という事故の形をしっかり補ってくれます。

 

他文明のツインパクトの中でも《牙修羅バット/真血染める闇牙》との相性はかなり良いです。

 


牙修羅バット

闇文明 ドラゴンギルド/マフィ・ギャング

コスト7 パワー8000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手の手札を見てその中から呪文を1枚選び、捨てる。

■自分のターンのはじめに、コスト6以下のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。


真血染める闇牙

闇文明 コスト8 呪文

■相手は自身の手札を2枚選んで捨てる。その後、相手は自身のクリーチャーを2体選んで破壊する。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

《牙修羅バット》側で相手の呪文やツインパクトカードを墓地に叩き落としながらミノガミに実質の破壊耐性を与え、牙修羅を維持する事でミノガミのマナ回収と合わせてアドバンテージを広げます。

《真血染める闇牙》なら場と手札を一気に減らす超パワー。コントロール気味になるミノガミとの相性は良好です。手札を奪っておくことで後々《牙修羅バット》を維持しやすくもなります。

 

その他にも、ツインパクトカードには単純なパワーカードが多く存在しているので、「マナを溜めて大型でコントロール」という戦い方の実現は難しくなさそうですね。

 

呪文面

墓地からカードをマナゾーンに置く能力と、ツインパクトカードをマナから回収する能力ですね。

 

3コストのマナ加速が欲しいなら《黒豆だんしゃく/白米男しゃく》で十分なところがありますが、こちらは墓地からカードをマナゾーンに置ける点が差別点になってくれます。

クリーチャー面の能力も合わせて、後々使いたいツインパクトカードをマナゾーンに確保しておく事ができるので、クリーチャー面とのシナジーを形成していると言えますね。

回収できるカードがツインパクトに限定されている点も白米に劣る点ではありますが、ミノガミを採用している時点でその辺りの欠点はそこまで気になりません。精々後々出てくる《始虹帝 ミノガミ》が回収できない程度です。気になるようならそれこそ白米と併用すれば良い気もしますね。

 

ツインパクトとして

どちらの能力も、ツインパクトかつ自然文明主体のコントロールを組む際には必須と言って良い、所謂コンセプトカードとなる実力を持ったカードと言えますね。

 

基本的にはクリーチャー面を主体とし、呪文面はミノガミが維持できている時or序盤にブーストカードを引き込めず、《ツインパクト・マップ》あたりが墓地に送られている場合の緊急ブースト手段としての活躍が主になります。

ツインパクトとしての利点は、呪文面とクリーチャー面で書いた使い方すべてを1枚のカードで実現する事ができる……というツインパクト特有の利点程度なので、ここで特別書くことは無いですかね。

 

正直、今回のツインヒーローデッキの新規SRカードの中では一番将来性あるカードだと思ってます。

 

……双極編以降ツインパクトカードが増えるかどうかにもかかってますけどね。

 

以下、この記事を書いた後予定外に時間が余っていた私の、ミノガミデッキ構築の助けになったりならなかったりする呟きをご覧ください。

 

 

まとめ

ツインパクトをサポートする能力が満載で、今後新たなデッキタイプを生み出しそうな可能性を感じるカードです。

 

今回最後に大文字で書いた分が疑わしいと思うのであれば騙されたと思ってツインヒーローデッキベースに改造して使ってみてください。おったまげますよ。きっと。

 

 

以上。目指せツインパクト単。ポフルでした。