ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《龍星装者"B-我"ライザ》考察―バルガの意志を継いだドラゴンギルド【デュエル・マスターズ】

全国大会店舗予選でグラスパーを使うと決めて以降、ビートジョッキーを使っていない。ポフルです。

主要カードをグラスパーに採用してしまったのでつい……。

 

 今回はそんなビートジョッキーのSR。《龍星装者"B-我"ライザ》の考察ですね。

 

 

 

 

 

カード情報

 

龍星装者"B-我"ライザ

火文明 ドラゴンギルド/ビートジョッキー

コスト8 パワー8000

■シンパシー:ビートジョッキー(このクリーチャーを召喚する時支払うコストは、バトルゾーンにある自分のビートジョッキー1体につき1少なくなる。ただし、コストは0以下にはならない)

■W・ブレイカー

■G・G・G:自分の手札が1枚以下なら、自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える

■自分のクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を表向きにする。それがビートジョッキーかドラゴンで、コストが攻撃しているクリーチャーのコスト以下なら、バトルゾーンに出す。それ以外なら、自分の山札の一番下に置く。

 

考察

《竜星 バルガライザー》がドラゴンギルド化した姿ですね。踏み倒し能力を引き継ぎつつG・G・Gによる全クリーチャーのスピードアタッカー化、さらにビートジョッキーに対応したシンパシーを持ちますね。

案外てんこ盛りですね。

 

踏み倒し能力から考えていきましょう。

ドラゴンかビートジョッキーであればなんでも踏み倒せるわけではなく、攻撃中クリーチャーのコスト以下のクリーチャーに限定されています。今までのバルガ関連のように大型クリーチャーの連打を行うには、デッキ構築の時点である程度出すクリーチャーを考える必要がありそうですね。

それでも、自身の攻撃以外に、隣に立たせたクリーチャーの攻撃でも踏み倒しができるという点は評価点です。自身はG・G・G適用化でしかスピードアタッカーにする事ができない以上、事前に他のクリーチャーを出しておけば踏み倒し能力を発揮できるという点はうれしい限りです。

生きた調整版バトライ閣と言って良いのかもしれませんね。

 

 

G・G・Gについては、自身のクリーチャー全てに「スピードアタッカー」を持たせるというものです。メインの能力である踏み倒し能力とはしっかりシナジーしていますね。

踏み倒したクリーチャーすべてにスピードアタッカーを与えるだけでなく、"B-我"と共に出したクリーチャーにスピードアタッカーを与える事で、即座に踏み倒し能力を使う事も可能となっています。

 

G・G・Gさえ達成できていれば、踏み倒したクリーチャーがどんなクリーチャーだとしてもスピードアタッカーの付与と共に踏み倒し能力まで付いてくる……という事で、連鎖的にクリーチャーを出し続けて攻撃し続ける事が可能になりますね。

他のバルガよりも条件やデッキの構築は難しそうではありますが、爆発力に関してはかなり高いと見て良さそうです。

 

シンパシーに関しては、使い切りの前提の「B・A・D」持ちとは少し噛み合わせが悪いですが、踏み倒し能力とB・A・D持ち大型クリーチャーとの相性は良く、中々悩ましいです。

とはいえ、《一番隊チュチュリス》や《ダチッコ・チュリス》のコスト軽減能力とシンパシーを併用する事で一気にコスト軽減ができるので、そこまでB・A・D持ちがどうこうと考える必要も無いかもしれませんね。

ドラゴンデッキで使う場合は完全におまけです。素直にマナブーストする事で十分手出しできるコスト帯なので、ドラゴンデッキにダチッコをわざわざ入れる必要も無いでしょう。

 

 

ビートジョッキーで考える場合、《DB"ファンク"C-軍》で展開した大型クリーチャーを使って更なる展開を行う……という使い方も考えられますね。

 


DB"ファンク"C-軍

火文明 ビートジョッキー

コスト5 パワー5000

■G・G・G:自分の手札が1枚以下なら、自分のビートジョッキーのコストを最大5少なくする。ただし、コストは0以下にならない。

■自分の他のビートジョッキーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引いてもよい。


 

www.dmasters-pohu.com

ファンクを使えば大型クリーチャーと共にB-我を出す事も出来ますし、ファンクで出したクリーチャーにスピードアタッカーを与えて一気にトドメを刺す事も可能です。

 

 

ドラゴンとして考える場合、5枚目以降のバルガ……と考えるよりは、「他の超大型ドラゴンに疑似バルガ能力を付与するシステムクリーチャー」と考えた方が良いかもしれませんね。G・G・Gまで達成できれば万々歳ですが、相手のシールドブレイクによって手札を増やされる可能性や、《フェアリーの火の粉祭》で安定したマナブーストを狙う場合に手札が思うように減らないという可能性も考えられます。

他のバルガのように「思考停止でとりあえず出して攻撃しておけば踏み倒し能力が発動できる」というようにはいかないという事です。

 

 当然、終盤にG・G・Gが発動できるのであれば、S・トリガー用として入れておいた《音感の精霊龍 コルティオール》等のトリガー持ちドラゴンまでもが、相手クリーチャーのタップとスピードアタッカーとコスト8以下のクリーチャー踏み倒しまで持つ事になる……冷静になって考えるとやべぇですね。

 

なんにせよ、バトライ閣のように「踏み倒したクリーチャーが連鎖的に踏み倒しを行う事ができる」という点は強力極まりないです。ドラゴンやビートジョッキーを使うデッキであれば考えてみたいカードですね。

 

因みに、「モルトNEXT」におけるバトライ閣のリペアになるのか……と聞かれると何とも言えないところですね。

モルトNEXT自身との相性は中々良く、龍マナ武装達成によって2回の踏み倒しを狙う事ができますし、先にB-我を出しておきG・G・Gを達成しておけば、ハートバーンに頼らずともモルネクにスピードアタッカーを与える事も出来ますね。

 

ただし、モルネクの攻撃ではコスト7以下のドラゴンしか踏み倒しできず、《永遠のリュウセイ・カイザー》あたりの大型ドラゴンの踏み倒しができないのは気になるところです。一応《蒼き団長 ドギラゴン剣》に革命チェンジする等してコストを上げればいいのですが、やはりコスト9以上の大型を出せないという点は気になるところです。

 

また、そもそもバトライ閣の主な使用方だった「閣ループ」を実行できないという点は大きいですね。少なくとも完全なリペアにはならないでしょう。

完全なリペアなんてやってくれたらもうデュエル・マスターズを見限るレベルですけど。

 

ただ、「完全なリペア」にはならないというだけで、モルトNEXTとの相性自体は良いというのは間違いないです。モルトNEXTというクリーチャーが好きだった方は積極的な併用を目指してみても良さそうですね。

 

まとめ

今までのバルガと違い、ただ使うだけではそのポテンシャルを発揮できないという点は気になりますが、その分ポテンシャルを発揮してしまえば連鎖的な踏み倒しで勝負をつけてしまうようなポテンシャルを秘めていますね。

 

当たった際にはしっかりと構築を考えてあげたいですね。

 

 

以上。この子を機にビートジョッキーの復活も考えたいポフルでした。