ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

ミステリーパック収録カードでデッキを組もう―《はさ目姉》編【デュエル・マスターズ】

世間のミステリーパック下げがどうしても許せない。ポフルです。

 

ミステリーパック。その奇抜なクリーチャー達とシールを剥がすというインパクト。バラエティに富んだパックとして2018年10月に発売されました。

 

……ええ。事前評価は高かったんです。しかし、いざ発売されてみてからは、「魅力的な新規カード」が少ない事、再録カードによるかさまし疑惑、値段の高さ、封入率あたりの理由から、何かと批判の的にされやすいパックとなってしまっています。

 

……一部の理由については理解できるんです。色んなキーワード能力が復活とされているのに、一部キーワード能力は再録カードによって賄われているとか、すべてのカードがホイル仕様の関係か値段が高く、小学生的には少し買い辛い物になってしまっている上に、「わかりやすく強いカード」というのが少ない事。

なんというかこう、このパックに手が出しづらい理由というのはなんとなくわかるんです。

 

ただし、ただしですよ。「魅力的なカードが少ない」という点についてはどうしても異を唱えたいんです。

 

例えば《泡の魔人アワンデス》は、本当に一時期のみでしたが、ドギラゴン剣のデッキにおいて「《卍 デ・スザーク 卍》をノーコストで一時的にバウンスし、その隙に《"龍装"チュリス》を出して走り出す」という攻撃的な構築を見せてくれましたし、《エイエイオー》はネオンクスとオールデリートを採用したデッキでのトリガー枠としての活躍をしてくれました。

《ピラミットーテム》も、……とある場所で使い方が公開されたのを機に、たたき売り状態から多少の値段上昇がみられるようになりましたし、《印鑑D》も、2ブロック環境で上位入賞を果たした轟轟轟デッキに組み込まれていたそうです。ジャンケンはしらん。ゲイルで使っても良いってブログにも書きましたけれど。

 

 

何が言いたいのかと言えば、

「単純に収録されているカードのポテンシャルに気づけていない人が多いのではないのか」

「『トーナメントで入賞したデッキに入っているカード』にしか興味の無いプレイヤーがミステリーパック下げを行っている現状に流されて下げてるだけなのではないのか」

と、私は言いたいわけですよ。すなわち

「今ミステリーパックを下げている方たちは、ちゃんとカード1枚1枚を見てあげているのか」

という事が言いたいんです。

 

使い道を考えても結局思いつかないようなカードもあるのですが、考える前から「弱い」と結論付けるのはいかがなものかと思うんですよ。

 

 

とまぁ、そんな感じの事をペラペラ書くだけでは「じゃあてめぇミステリーパックのカード使って魅力的なデッキ組んでみろよ」て話になってしまいますよね。そこは私も理解しています。

 

 

「良いぜ。作ってやるよ」

 

という事で前置きが長くなってしまいましたが。これより不定期更新「ミステリーパック収録カードでデッキを組もう」シリーズを開催したいと思います。

 

記念すべき第1回は《はさ目姉》です。

 

 

 

カード情報

 


はさ目姉

自然文明 ジョーカーズ/スペシャルズ

コスト4 パワー6000

■NEO進化:自分のジョーカーズ・クリーチャー1体の上に置いてもよい。

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがタップした時、自分の手札を1枚、マナゾーンに置く。

■相手のクリーチャーがこのクリーチャーとのバトルによって破壊される時、そのクリーチャーを墓地に置くかわりにマナゾーンに置く。


 

 

単体考察

コスト4のNEOクリーチャーとしてはパワー6000のW・ブレイカー+タップ時に手札からのマナブーストができる……と、高いスペックを持っています。

その代わりに、このクリーチャーとのバトルで負けたクリーチャーは、墓地に行かずにマナに送られてしまうというデメリットを持ち合わせています。

 

《ヤッタレマン》のコスト軽減によって、3ターン目からW・ブレイカーを飛ばせるという事になります。《はずれポンの助》を先に出しておけば、その上に重ねて進化させる事で《ヤッタレマン》+《はさ目姉》で3枚のシールドをブレイクできますね。中々の速攻性能と言えるでしょう。轟轟轟と比べるのは野暮ですよ?

 

デメリットに関しても、前向きに考えるならば《暗黒鎧 ザロスト》のような自己再生能力を持ったブロッカーの再利用を防ぐという使い方も考えられるので、「特定の相手に対しては利点になり得る」という意味ではそこまで重いデメリットでもなさそうです。ただし、速攻デッキの利点の1つである「相手に何もさせないうちに勝負を決める」というコンセプトには多少反してしまうのは明確なデメリットなので、そこは気を使いたいですね。

 

現代において「3ターン目にW・ブレイカーを飛ばす事ができる進化クリーチャー及びNEOクリーチャー」というのは珍しくありません。2打点、4コスト以下のNEOクリーチャーの中ではデメリットが軽め……というのはメリットではありますが、他に何かしらの利点が欲しい所ですね。

 

そこで登場するのがJチェンジです。

 


タイク・タイソンズ

自然文明 ジョーカーズ

コスト2 パワー1000

■Jチェンジ4(このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーと自分のマナゾーンにあるコスト4以下のジョーカーズ1体と入れ替えてもよい)

■このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置いてもよい。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

Jチェンジ4に対応するジョーカーズクリーチャーの中でW・ブレイカーを持つクリーチャーは現状以下の3体です。

  • 《ドンパッチおじさん》
  • 《コーディネイ人》
  • 《はさ目姉》

 

その中で自然文明なのは《はさ目姉》のみですし、もう少し言えば、自身が出たターンにすぐに攻撃できる能力を持っているのも《はさ目姉》のみです。進化元は必要ですが、スピードアタッカーや「出たターン相手プレイヤーに攻撃できる能力」を持つコスト4W・ブレイカー持ちジョーカーズがいない以上それらと比較する必要もありませんね。

 

これはすなわち、《タイク・タイソンズ》を2ターン目に召喚しておけば、3ターン目にJチェンジ4によってW・ブレイカーをかます事ができるという事と同時に、なんやかんや速攻が決めきれなかった場合の後半戦においては、NEO進化による奇襲攻撃の為にも使えるという事になります。

 

Jチェンジ時に自身のマナブースト能力が使えない点は残念ですが、《タイク・タイソンズ》がマナブーストをしてくれるので問題ないと言えそうです。というかタイソンズのマナブーストの方が手札を減らさない分心強いです。

 

速攻しながらも、速攻失敗時にもマナブーストによって大型カードを使う準備をする事で補ってくれる上に、NEO進化による追加打点にも期待できる……と、見た目の性能以上にかゆい所に手が届きそうな性能と言えますね。

 

考察を終えた所で早速作ってみる

さて、単体での考察を終えましたので、さっそくデッキを組んでいきましょう。

 

《はさ目姉》のデッキを作るにあたって気にすべき点は以下の通りです。

  • 3ターン目にW・ブレイカーをかます為のサポートが《ヤッタレマン》《タイク・タイソンズ》の2種類。つまり8枚体制。速攻向きスペック。
  • マナ加速によって、後半に大型カードを使う事も考えられる。速攻と中速の間にしても良さそうではある。
  • デメリットを補う余地は恐らく無し。(ジョーカーズのランデスはデッドソード位)メリットにもなり得る事を考えれば無理に意識する必要も無いか。

 

これらを考えた上で完成させたデッキが以下になります。

 

デッキレシピ

無色

  • バイナラドア 4枚
  • ヤッタレマン 4枚
  • ジョジョジョ・ジョーカーズ 4枚

自然文明

  • タイク・タイソンズ 4枚
  • シューズッキュン 4枚
  • はさ目姉 4枚
  • 天体かんそ君 3枚
  • ジャンゴ・ニャーンズ 3枚
  • ニルバーナー 2枚
  • ダダダッシュ 2枚
  • 虫取りアーミー 4枚
  • DX銃斬首領 SVEVN 2枚

 

解説

……解説も何も

上に書いてしまった考えるべきことに忠実になった上なんで特に書くこと見つからないんです。

 

基本、

  1. 2ターン目に《タイク・タイソンズ》か《ヤッタレマン》
  2. 3ターン目は、2ターン目に《ヤッタレマン》を出していたなら《はさ目姉》をヤッタレマンの上に重ねて進化させて殴る。《タイク・タイソンズ》なら《はさ目姉》にチェンジして2打点たたき出す。もしも手札に《シューズッキュン》が存在していれば、出してタイソンズや《天体かんそ君》にチェンジしてさらにマナ加速を狙う。
  3. そこから先は、溜まったマナを使って大きめのクリーチャーによって相手プレイヤーを狙っていく。

ができればオーケーです。

中速寄りの速攻デッキと言えます。純粋な速攻デッキよりも遅いですが、その分長期戦にもつれ込んでもごり押しできる可能性は高いです。

 

《はさ目姉》以外は、バイナラを2枚、《シューズッキュン》を1枚、虫取りアーミーを1枚(虫取りに関しては、コロコロコミックユーザーは気にしなくて良いですよね)を確保しておけば、「ツインヒーローデッキ Jの超機兵」をベースにして組む事ができるようになっています。

当然他の高額カードを使えばもう少し強く出来そうなのですが、今回の「ミステリーパック収録カードでデッキを組もう」の裏テーマとして「できる限り組みやすいデッキを作る」というのがありますので(言い訳)

 

一応、高額カードを使う案に関しては改造案のところで補うとして、今入っているカードの個別解説を書いていきますね。

 

《バイナラドア》《ニルバーナー》

バイナラとニルバーナーの比率に関しては、プレイヤーの好き好きで良いかと思います。ただ、今回は「バイナラの方が再録回数が多く、ニルバーナーより手に入れやすい」という点を加味してバイナラを4積みとしています。

パワー3000以下の全体マナ送りが欲しいと感じたならニルバーナーを優先しても良いです。

Jチェンジ8によって出す事で、ビートダウンと除去を同時に行う事ができる点が魅力ですね。

 

《天体かんそ君》

ドロー手段が《虫取りアーミー》しかないこのデッキにおいて、デッキトップ操作によって次のターンの動きを安定させつつマナブーストができるこの性能は中々の強みです。マナに置くカードも、後々Jチェンジで呼び出したいクリーチャーを優先してマナに置ければ万々歳です。

 

《ジャンゴ・ニャーンズ》

速攻デッキとしている以上、この子は《ソーナンデス》よりも優先すべきカードですね。ドンジャングルも採用されてない事ですし。

はさ目姉と同じく、奇襲による2打点以上をたたき出す事ができます。

……4枚入れた方が良いとは思います。思いますが、何故か手元からジャンゴ・ニャーンズが消えていて、3枚で運用したところ別にこのままでも良いかと思ってしまった裏事情があります。

 

《虫取りアーミー》

このデッキのドローソースです。

《ヘルコプ太》や《ガヨウ神》を入れても良かったんですけれど、マナを溜める事ができる以上こちらの方が打点と手札補充が安定している点、何よりハンデスに強くなる点を評価しています。

マナに置いてあったとしても、《ジャンゴ・ニャーンズ》からチェンジできる点が嬉しいですね。

 

《ダダダッシュX》

呪文封じが役に立つ機会は少ないです。密かに「ここドンジャングルに変えるべきでは」と思っているのは内緒です。

 

《DX銃斬首領 SEVEN》

このデッキの切り札になります。基本的にはダダダッシュからのチェンジや自身のマッハファイターによって相手のクリーチャーを倒しつつ、《プロテクション・サークル》等で仕込まれたS・トリガーを安全に処理する目的になります。

その他、《ジャンゴ・ニャーンズ》からチェンジすれば、自身も他のクリーチャーも一気にパワーアップできます。最終局面のごり押しに良い感じのスパイスを与えてくれそうな。そんな感じのクリーチャーですね。

 

その他改造案として

何度も言いますが、《ドンジャングルS7》は欲しいです。

S・トリガーをもう少し薄くしてドンジャングルを使えば、攻撃先強制の能力によって防御を固める役割や、ドンジャングルを普通に召喚してドンジャングルの上に《はさ目姉》や《ジャンゴ・ニャーンズ》を乗せて相手に直接攻撃をする……等、攻守ともに活躍してくれる筈です。

 

シューズッキュンを《メイプル超もみ人》に変えて、序盤のマナブーストをもう少し安定させる事も考えられますね。

タイクタイソンズ出した後の3ターン目にもみ人で1ブーストしつつ、タイソンズのチェンジで2枚ブレイクしつつもう1ブーストで4ターン目には《ジャンゴ・ニャーンズ》が間に合う……あれ、これの方が各段に良いよね。

一応、シューズッキュンには相手の一番隊等を処理しながら天体かんそ君でマナブーストという動きができるので、どちらが上とも言えないところはあるのですが……。環境に合わせて考えましょうか。

 

まとめ

《はさ目姉》を使って魅力的なデッキを作る……というテーマで組んだデッキでしたが、いかがだったでしょうか。

他にもミステリーパックのカードには、魅力的なカードが揃っていますので、それらを考察しつつ、何か面白いデッキが作れるように。そしていつか、「ミステリーパックは、最初はどうかと思ったけれどなんだかんだ良いパックだったな」となるようにしたいですね。

 

 

以上。ミステリーパック3箱買って大満足しているポフルでした。