ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《B-暴 "砲台"ストロンガ/絶対無敵シールド》考察―デュエマのルールって難しい【デュエル・マスターズ】

ルール間違いが多くて困る。ポフルです。

……あ、私の間違いが多いって話です。辛い。

 

 今回は《B-暴"砲台"ストロンガ/絶対無敵シールド》の考察です。アニメにて公開されました。

 

 

 

カード情報

 

 


B-暴 "砲台"ストロンガ

火文明 ビートジョッキー

コスト7 パワー9000

■W・ブレイカー

■スマッシュ・バースト(このクリーチャーが攻撃する時、このカードの呪文側を、バトルゾーンに置いたままコストを支払わずに唱えてもよい。)

■このクリーチャーまたは自分の他のクリーチャーが破壊された時、相手のシールドを1枚ブレイクする。


絶対無敵シールド

火文明 コスト6 呪文

■自分のクリーチャーを1体破壊してもよい。そうしたら、次の自分のターンのはじめまで、自分はゲームに負けず、相手は勝てない。


 

 

考察

クリーチャー面

コスト7のビートジョッキーですね。重めの割にはB・A・Dを持っていない、どこか《ガンザン戦車 スパイク7K》を彷彿とさせます。

 スマッシュ・バーストを持ち、自分の他のクリーチャーが破壊された時に相手のシールドをブレイクする能力も持っています。

 

スマッシュ・バーストについては後々考察していきましょう。

 

他のクリーチャーが破壊された時のシールドブレイクは、地味に見えますが中々強力ですね。大型ブロッカーが存在していても無理矢理1打点をねじ込めるのは、場面によってはうれしい所です。

また、相手からしてみれば、「これ以上シールドを破られない為に殴り返しをしたいのに、殴り返せばシールドが減る」という、中々意味不明な状況に追い込む事が可能になっています。

 

B・A・Dとの組み合わせも中々強力で、B・A・D持ちのクリーチャーをB・A・Dで出すだけで相手を追い詰める事が可能になっています。

 

コストは大きめですが、《ダチッコ・チュリス》や《一番隊チュチュリス》で大幅なコスト軽減ができるビートジョッキ―にとってはそこまで気にならないような気もしますね。敢えて言うなら6コストではないので、2ターン目チュチュリス→3ターン目ダチッコから……という王道の動きができない点が気になるところでしょうか。

スピードアタッカーを持っていないのと、後述のスマッシュ・バーストの存在から、《"必駆"蛮触礼亞》で出しづらい点も気になりますかね。

 

呪文面

コスト6にして自分のクリーチャーを1体破壊する必要こそありますが、次の自分のターンのはじめまで敗北を回避する事が可能になります。

 

《燃える革命 ドギラゴン》の革命2のように置換効果ではないので、直接の対策がしづらい《水上第九院 シャコガイル》のエクストラウィンですら回避する事が可能です。かなりの防御能力ですね。

 

コスト6かつ自分のクリーチャーを破壊してまで唱える必要性に関しては首を傾げるところですが、《アッポー・チュリス》のように破壊される事で何かができるクリーチャーと組み合わせるのが良いでしょう。

 

使い回しができれば永久に敗北回避ができるのですが、なんだかんだ自分のクリーチャー1体を破壊するのはリスクが高いです。

スマッシュ・バーストで唱えられる呪文という点も踏まえれば、「次のターンには必ず相手を倒せる状況」を作っておき、「たとえ右手が光ろうと絶対に負ける事は無い」という状況に相手を追い込む、ある意味攻撃的な使い方が合っている気がしますね。

 

ツインパクトカードとして

スマッシュ・バーストを毎回使う事ができれば、相手のシールドはゴリゴリ削りつつ自分は必ず負けないという、なんともインチキ臭いSRに相応しいロマンあふれるカードになっていますね。《絶対無敵シールド》のクリーチャー破壊をトリガーに、ストロンガのシールドブレイク能力が誘発するのもうれしい所。

その分、スピードアタッカーが無い点や、B・A・D等のコスト軽減能力がない事から、単純なパワーカードというわけでもなさそうです。

 

 

《DB"ファンク"C-軍》との相性はばっちりと言えるでしょう。

 


DB"ファンク"C-軍

火文明 ビートジョッキー

コスト5 パワー5000

■G・G・G:自分の手札が1枚以下なら、自分のビートジョッキーのコストを最大5少なくする。ただし、コストは0以下にならない。

■自分の他のビートジョッキーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引いてもよい。


 

www.dmasters-pohu.com

 G・G・Gを維持する必要がある点が厳しめではありますが、コスト軽減と置きドロ―によってマナが続く限りの大量展開を行う事ができるので、《絶対無敵シールド》の種を維持する事ができますし、ストロンガ自身を2コストで召喚できます。チュチュリスが1体でもいればコスト1ですね。

一緒に《エナジー・チュリス》を出しておけば、少なくともマッハファイター辺りへの耐性はばっちりです。《エナジー・チュリス》のセイバー能力適用後にシールドブレイクまで反応すると、中々のシナジーを発揮してくれますね。

 

そして《"罰怒"ブランド》や《メガブースト・チュリス》を一緒に展開出来ていれば、自身にスピードアタッカーが付いていない点もカバーできますね。

 

 《グッド"MSL"バウンサー》とは高相性ですね。

 


グッド"MSL"バウンサー

火文明 ビートジョッキー

コスト8 パワー11000

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■自分のターン中、自分のクリーチャーは破壊されず、自分はゲームに負けず、相手は勝てない。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

ルールが曖昧だったので調べたところ、《絶対無敵シールド》によってクリーチャーを破壊する時、破壊されないクリーチャーを選んだとしても能力が適用されるそうなので、バウンサーが存在している限りはほぼ確実に負ける事のない無敵状態になります。

(ショップでこの辺りの質問された時に適当な事話してしまいました。反省)

……破壊されないのを破壊した事にできるってのはどうなんだろう

 

問題はB・A・Dを持たないこの2体をどう並べるかですね。それこそファンク1枚で解決しそうではあるのですが。

 

まとめ

SRに相応しい、強力カードに見えて何かと難しいカードですね。

上手くデッキを組んであげて、絶対無敵の戦い方をしていきたいところです。

 

 

以上。実はルール調べるの苦手。ポフルでした。