ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《オラマッハ・ザ・ジョニー》考察―帰ってきたよジョニー……という感動とその強さ【デュエル・マスターズ】

《はさ目姉》速攻を使ったら、身内はボコボコにしてきたものの、他の方にはボコボコにされ返されましたポフルです。

内弁慶かな?

 

デッキについては以下より。

www.dmasters-pohu.com

 

 

さて、今回はアニメにてその存在が示唆されつつ、CMにて完全なネタバレをくらった《オラマッハ・ザ・ジョニー》の考察ですね。

 

その存在は、コロコロコミックやコロコロチャンネル、コロコロオンライン等で紹介されていたのですが、せめてアニメやCM等で登場するまで記事にするのはやめておこうかと思っていた所だったのですが、CMに登場しましたし良いですよね!

 

 

 

 

カード情報

 


オラマッハ・ザ・ジョニー

自然文明 ジョーカーズ

コスト8 パワー13000 

 ■T・ブレイカー

■マスター・マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる。このターン、このクリーチャーがバトルに勝った時、アンタップし、相手のシールドを1つブレイクする)

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚自分のマナゾーンから手札に戻す。

■相手が呪文を唱えた時、その呪文とコストが同じジョーカーズ・カードを1枚、自分の手札から捨ててもよい。そうしたら、その呪文は効果を失う。


 

考察

とうとう来ました、自然文明の力を得た《ジョリー・ザ・ジョニー》ですね。

「ジョーカーズと言えばジョニー」という方にとってはものすごく嬉しい登場です。

 


ジョリー・ザ・ジョニー

無色 ジョーカーズ

コスト7 パワー10000

■スピードアタッカー

■マスター・W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする。このクリーチャーがバトルゾーンに出たターン、各ブレイクの前に、相手のクリーチャーを1体破壊する。)

■バトルゾーンまたはマナゾーンに自分のジョーカーズが5枚以上あれば、このクリーチャーはブロックされず、攻撃の後、相手のシールドもクリーチャーもなければ、自分はゲームに勝つ。


 

www.dmasters-pohu.com

 

マスター・マッハファイター

双極編から自然文明に登場したキーワード能力「マッハファイター」をマスター能力化しました。

 

出したターンのみでバトルに勝てばアンタップし、相手のシールドを1枚ブレイクする能力が追加されています。元祖ジョニーの「マスター・W・ブレイカー」が「シールドをブレイクすると同時に相手クリーチャーもブレイクする」という能力だったのに対し、こちらは「相手クリーチャーを攻撃すると同時に相手のシールドも攻撃する」と、対極の能力のように見えて類似した面白い対比になっています。

 

従来のマッハファイターはあくまで「クリーチャーを攻撃する能力」であり、出たターン直ぐに相手プレイヤーに攻撃できるわけではありませんでした。よって、「勝負を決めたい時に相手のシールドをブレイクできないジレンマ」というものがありました。

その分マスター・マッハファイターは、クリーチャーを倒せば倒すほどシールドをブレイクする事ができるので、「クリーチャーを倒しながら勝負を決めに行く」という事ができるようになりましたね。出たターンすぐにオラマッハジョニーで直接攻撃する事ができるわけではありませんが、他に召喚酔いしていないクリーチャーが存在していれば勝負を決めに行く事も可能になりましたね。

 

コスト8という重さはマナブーストができる自然文明では特に気にならず、他のコスト8以上のクリーチャーもそうですが《時の法皇 ミラダンテⅫ》に阻害されない利点も持ち合わせます。そのミラダンテを一方的に殴り返せるパワーというのも魅力の一つですね。

そして何より、Jチェンジ8に対応しています。《ソーナンデス》や《ダダダッシュX》のマッハファイター能力持ちとは特に相性が良いですね。「相手のシールドをブレイクしながらクリーチャーを蹴散らす」というのは《ドンジャングルS7》にできなかった芸当です。

 

ブレイク能力によって相手のS・トリガーを誘発してしまうという点は従来のマッハファイターに無かった欠点ではありますが、その辺りはこの子の後半の能力2つがある程度補ってくれますね。

 

他2つの能力

マスター・マッハファイターばかりに気を取られがちですが、他2つの能力についても言及する必要があるでしょう。

 

出た時のマナ回収能力に関しては、ここまでのフィニッシュ能力を持ったジョニーには不要のように思えますが、これはもう1つの能力の発動に必要となる能力ですね。

 

そのもう1つの能力は、「相手が使う呪文と同じコストのジョーカーズを捨てる事で、その呪文を無力化する」という、デュエマには珍しい打ち消しの能力ですね。なかったわけではないのですが。

 

コストを合わせる必要があるので中々シビアに思えますが、相手のデッキタイプを見抜いてさえいれば、「相手が採用してそうなS・トリガーのコストと同じジョーカーズカード」をマナ回収する事で、1回はほぼ確実に防ぐ事が可能ですね。

特に双極編にて登場した新カードタイプ「ツインパクトカード」を使えば、1枚で2つのコスト帯を対策する事が可能ですね。現状ジョーカーズデッキにおいて採用率の高い《キング・ザ・スロットン7/7777777》ならば、1枚でコスト7とコスト3の呪文両方に対応する事が可能です。

 

そして、呪文を打ち消す為に手札を捨てるという事は、《ジョット・ガン・ジョラゴン》の弾にもなるという事です。

 

相手からしてみれば、コスト9の《爆殺!!覇悪怒楽苦》を使えば《アイアン・マンハッタン》、《ドラゴンズ・サイン》を唱えようとすれば《ゲラッチョ男爵》や《ガヨウ神》、《デーモン・ハンド》を唱えようとすれば《ジョバート・デルーノ》、《オリオティス・ジャッジ》や《テック団の波壊Go!》なら《キング・ザ・スロットン7/7777777》を捨てられ、ジョラゴンビッグ1によって更なる連続攻撃を誘発されかねません。

 

大型クリーチャーであるジョーカーズ2大エースを場に揃えるのは骨が折れますが、ジョラゴンで《キング・ザ・スロットン7》を捨てればそこまで不可能な話でもなく、かなり強力な布陣となってくれるでしょう。クロック等クリーチャートリガーには無力ですが。

何より、ジョーカーズの新旧マスターカード夢の競演による強力コンボです。

ジョーカーズが大好きな方は積極的に狙っていきたいですね。

 

まとめ

双極編にて初登場した「マッハファイター」の強化の上位種「マスター・マッハファイター」。同じく双極編にて初登場したツインパクトカードや、ジョーカーズの新切り札《ジョット・ガン・ジョラゴン》と相性の良い呪文打ち消し能力。

これらを、新章デュエル・マスターズ終盤で姿を消した《ジョリー・ザ・ジョニー》が身に着けて帰ってくる……と、双極編のラストを飾る主人公のマスターカードに相応しいカードと言えますね。なんというか、そこまでジョーカーズを使わなかった私としても胸が熱くなります。

 

実力もマスターカードらしく、またジョニーらしくかなり強力です。

ジョニーの帰還を喜びつつ、進化したジョニーの強さを早く実感したいところですね。

 

 

 以上。はさ目姉に元祖ジョニー入れたら中々良いデッキになりました、ポフルでした。

その辺も紹介する機会が……あると良いなぁ。