ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《超煌ノ裁キ ダイヤモン将》考察―初、紋章持ちクリーチャー【デュエル・マスターズ】

そういえば、

 

今月のコロコロコミックにVR以上確定パック出るじゃん!!!!

VR以上のカードはなるべく多く解説しなきゃじゃない!!!???

 

という事に気づいてしまった。ポフルです。

ちょっと今日からは、双極編第4弾のカードについての考察を主にしていきますね。

 

今回は、少し前にアニメで登場しました《超煌ノ裁キ ダイヤモン将》の考察をしていきます。

 

 

 

カード情報

 


超煌ノ裁キ ダイヤモン将

光文明 メタリカ/サバキスト/裁きの紋章

コスト4 パワー4000

■ブロッカー

■このクリーチャーがバトルゾーンまたは自分のシールドゾーンに表向きであれば、自分の裁きの紋章を持つ呪文を唱えるコストを1少なくする。ただし、コストは0以下にならない。

■自分の裁きの紋章を持つ呪文を唱えた時、このクリーチャーがバトルゾーンまたは自分のシールドゾーンに表向きであれば、カードを1枚引いてもよい。

■このクリーチャーが破壊された時、自分のシールド1つの上に表向きにして置く。(そのシールドの束は1つと数える)


 

 

考察

本来なら情報解禁した時に真っ先に特集すべきだった、初の「裁きの紋章」を種族として持つクリーチャーです。

魔導具にも呪文が出てきてましたし、そこまで大げさな事言う必要も無いですかね。

 

能力としては、裁きの紋章に関するシステムを2つと、ブロッカー、そして破壊された時にシールドゾーンに表向きで置く、クリーチャー版裁きの紋章固有能力と言えそうな能力です。

 

システムクリーチャーというのは本来、「フィールド上に維持すればするほど勝利が近づく」というもので、これを守るために、他のパワーカードを並べて負担をかけたり、耐性を付与したり……と、扱いの難しいハイリスクハイリターンなカードです。

 

ただし、この子はその辺りをしっかり克服しています。

紋章のシステム能力適用条件に、「自身がシールドに表向きで存在している時」となっており、更にフィールドで破壊された場合には自分からシールドゾーンに張り付いてくれるので、実質の破壊耐性のようなものを持っていると見て良いでしょう。非常に心強いです。当然、《煌メク聖戦 絶十》や《煌龍 サッヴァーク》の能力でダイヤモン将を直接表向きで置いてもこのシステムは適用されます。今後、ある程度狙ったカードをシールドゾーンに表向きで置けるようなカードが出てこれば、このカードの評価は更に上がる事でしょう。現状でも十分強力ではあるのですが。

 

そのシステムに関しても、裁きの紋章のコスト軽減と裁きの紋章発動後に1ドローできると、強力な能力です。この子のシステム適用時には、手札の枯渇を気にする事無く裁きの紋章をドンドン連発していく事ができるという事です。非常に心強いですね。

 

おまけのように付いているブロッカーですが、相手のビートダウンをけん制しつつ、破壊されてもシステムが継続する……と考えれば、あって困るものでもないですね。むしろこの手のシステムクリーチャーにありがちな、「システム立てた隙に殴られてゲームエンドに持っていかれた」という状況をカバーしてくれます。

 

弱点としてはやはり、「強制バトルを行いながらシールドをブレイクしてくるクリーチャー」ですね。

《乱振""舞神 G・W・D》はダイヤモン将を破壊しながら、流れるようにダイヤモン将を貼り付けたシールドをブレイクしてきます。ドローまでしてくるからたちが悪いですね。

2ブロックではお馴染みのビッグバン覇道でも同じような感じです。

 

幸い、手札に加えたダイヤモン将を捨てて手札の「サバキZ」を使う事は可能ですし、既に表向きのカードが2枚ある状態でダイヤモン将が破壊され、シールドに表向きのカードが3枚になったのなら《煌世主 サッヴァーク✝》の踏み倒し条件を達成し、綺麗なカウンターを決める事も可能です。(GWD攻撃時の強制バトルでダイヤモン将が破壊され、シールドの表向きのカードが3枚になったとしても、煌世主の踏み倒し能力の宣言は可能です)

 

それ以上の難点を挙げるなら、この子を使うデッキ、「白零サッヴァーク」も「絶十メタリカ」も、この子を出したいターンには《サッヴァークDG》を出したいターンだったり、《煌龍 サッヴァーク》あたりの大型を優先して出したいターンだったりする事がほとんどです。

出すタイミングがほんの少し難しいですね。

 

積極的に活用していく……というよりは、手札に目当てのカードが無い場合の下準備であったり、相手がゴリゴリのコントロールで、サッヴァーク等の本命クリーチャーを守るためのデコイとして扱ったり、はたまたこの子を出したターン中に紋章を唱えて次のターンの布石とする事を狙ったり……という使い方を狙いながら、シールド追加能力で表向きで置かれればラッキーという感覚で採用するのが良いのかもしれませんね。

 

今回のSRの中では、使えるデッキこそ限られているものの、わかりやすく強いカードだと言えそうです。

 

まとめ

初の裁きの紋章持ちクリーチャーです。インパクトの面だけでは他のカードに取られている気がしますが、実用性に関してはかなり高い位置にありますね。

 

紋章を使うデッキであれば、積極的に採用してあげてもいいのではないでしょうか。

 

 

以上。コロコロコミック絶対買わなきゃ……ポフルでした。