ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《阿修羅ンチュラ/傀儡が来る!》考察―ついに出てきた調整版インフェルノ・ゲート【デュエル・マスターズ】

風邪ひきさん。ポフルです。

熱とかは無いのですが、鼻がひどい。

 

 

今回は《阿修羅ンチュラ/傀儡が来る!》の考察になります。コロコロオンラインにて公開されました。体調的には楽な考察が良いのですが、どうもそうはいかないみたいですね。

 

 

 

カード情報

 


阿修羅ンチュラ

闇文明 マフィ・ギャング

コスト7 パワー9000

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から4枚を墓地に置いてもよい。

■スマッシュ・バースト(このクリーチャーが攻撃する時、このカードの呪文側を、コストを支払わずに唱えてもよい)


傀儡が来る!

闇文明 コスト8 呪文

■クリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。


 

考察

クリーチャー面

新章デュエル・マスターズにおいて出てきた《阿修羅ムカデ》、《阿修羅サソリムカデ》から、もうお馴染みとなってしまいました阿修羅シリーズです。

今回はタランチュラですか。

 

スマッシュ・バーストの都合上クリーチャー面の考察は後回しになってしまいますが、コスト7でパワー9000。ブロッカーを持ちながら任意の墓地肥やし能力まで持つ……と、コストパフォーマンスは高いですね。

敢えて言うならブロッカーとスマッシュ・バーストとの兼ね合いが難しいくらいでしょうか。

 

呪文面

調整された《インフェルノ・ゲート》ですね。

 


インフェルノ・ゲート

闇文明 コスト5 呪文

■進化でないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。


 

コストが大幅に上昇した代わりに、進化クリーチャーもバトルゾーンに出せるようになりました。《無情秘伝 LOVE&HATE》の小型版と見ても良いのかもしれません。

 

プレミアム殿堂カードの調整版とはいえ、後述するツインパクトカードである事や、進化クリーチャーも出せる点も踏まえると、相互互換と見られても無理はないスペックを持っていますね。

とはいえ、デュエマのスピードが上がった現状でコスト3の違いはあまりにも大きく、さらに《龍素記号Sr スペルサイクリカ》等コスト7以下の呪文サポートを受けられない事もあり、しっかりと調整されているなという印象ですね。

……正直これがツインパクトカードでなかった場合、そこまでの話題は取れなかったのではないか……とは思ってしまいます。カードの調整って難しいですね。

 

ツインパクトカードとして

この子が攻撃する時に好きなクリーチャーを1体蘇生できるという事から、ロマノフサインを彷彿とさせる動きができますね。

出た時の能力で蘇生させたいクリーチャーを墓地に送る事も出来る……と、最近では珍しくもなんともなくなってしまった、1枚で能力が簡潔しているカードと言えますね。これが良いのか悪いのかはちょっと置いておきます。

 

クリーチャーとして出すのが一番かと思われそうですが、蘇生させたいクリーチャーが既に墓地にいるのであれば呪文を直接唱えてあげた方が、召喚酔いによるタイムラグが無くて良いですね。

 

ロマノフサインの名を出した時点で察しているかもしれませんが、《煉獄と魔弾の印》との相性は良いです。自身にスピードアタッカーを与える事によってスマッシュ・バーストのタイムラグを抑える事ができます。

 


煉獄と魔弾の印

闇/火文明 コスト6 ナイト 呪文

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。

■コスト以下の進化ではない闇か火のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。そのターン、そのクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。


 

ただし、《傀儡が来る!》によって出すクリーチャーをある程度想定しておかなければ、「それ別に《阿修羅ンチュラ》使わなくても《邪眼皇ロマノフⅠ世》や《邪眼皇ロマノフⅡ世》を呼び出した方がワンショット狙えるよね?」

となってしまいます。

 一応、墓地に蘇生先がいなくなった場合に自身の墓地肥やし能力を発動し、《邪眼皇ロマノフⅡ世》を墓地に落としたら《傀儡が来る!》で蘇生、ロマノフⅡ世でうまく《煉獄と魔弾の印》を唱える事ができれば更に攻撃を続ける事も出来るのですが、果たしてロマノフサインにそこまでの枠があるかどうか……。

 

それでも《煉獄と魔弾の印》との相性は見逃せません。

例えば、スピードアタッカーを与えた《阿修羅ンチュラ》の能力で《光神龍 スペル・デル・フィン》や《界王類絶対目ワルド・ブラッキオ》を蘇生し、安全にシールドを殴りに行く、《「邪」の化身ペインティ・モッフモフ》を《阿修羅ンチュラ》の上に重ね、全体パワー-10000と共に、パワー22999以下のクリーチャーの殴り返しを狙うなり、S・トリガーが無ければブレイクボーナスによるハンデスで疑似シールド焼却を行うなりする等、文明指定もコスト指定も関係ない、この子独自の使い方を見出したいところですね。

……次のミステリーパックの題材もしかしてモッフモフか??

 

 


「邪」の化身ペインティ・モッフモフ

闇文明 デスパペット/ファンキー・ナイトメア/スペシャルズ

コスト9 パワー13000

■NEO進化:自分の闇のクリーチャー1体の上に置いてもよい。

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのターン、他のクリーチャーすべてのパワーを-10000する。

■ブレイク・ボーナス(このクリーチャーの攻撃が終わった時、その攻撃中にブレイクしたシールド1枚いつき、次のBB能力を1回使ってもよい)

  BB—相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。


 

www.dmasters-pohu.com

 

モッフモフの事を書いて気づきましたが、自分の墓地に存在するこの子から進化できるクリーチャー全てに「S級侵略(不死)-《阿修羅ンチュラ》」を与える……というイメージで使う事も出来そうですね。スピードアタッカーを与える能力は欲しい所ですが。

《魔の革命 デス・ザ・ロスト》が墓地から容易に出てくる……6マナの《ロスト・ソウル》とかマジでやめてほしい。

 

スマッシュ・バーストである点や、相性の良いサポートの事を考えると、ビートダウンのお供として使うのが一般的になるでしょうか。

 

 

あとは、クリーチャー面の能力はおまけとして考えて呪文面を主体に考えて行くという事も考えられます。ただ呪文面でも仄めかしている通り、8コストというのは案外重めです。そこまで相手が間に合わせてくれるかどうかという疑問は出てきます。

墓地肥やしとマナブーストの両立、その上で妨害手段や踏み倒しメタ対策まで考えるのは難しいですが、リターンは大きいのでやってみる価値はありそうです。

 

まとめ

調整版《インフェルノ・ゲート》という点から、各所で色々と考察がされているカードです。

コストの重さから、《インフェルノ・ゲート》のように思考停止で使えそうなカードではなさそうではありますが、それでも蘇生できるクリーチャーに制限が一切ないという点は魅力です。構築難度はやや高めですが、それでも使いこなしてみたいカードですね。

 

 

以上。熱が出てこないのが逆に不気味。ポフルでした。