ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ドクロデルス》考察―ムートピア疑惑【デュエル・マスターズ】

この先1週間位予定を入れてしまった事とか、来週からまた忙しい日々になりそうだとか、エリア代表決定戦が再来週に迫っているとか。

忙しい!!!!!!

ポフルです。

 

水曜日休みを決めておいてよかったと内心思いつつ、今回は《ドクロデルス》を考察していきます。

 アニメにて登場したVRですね。

 

 

 

カード情報

 


ドクロデルス

闇文明 スペシャルズ/マフィ・ギャング

コスト6 パワー6000+

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、または攻撃する時、自分の手札を1枚捨ててもよい。

■クリーチャーを自分の手札から捨てた時、そのターン、このクリーチャーはパワーを+6000され、シールドをさらに1つブレイクする。

■呪文を自分の手札から捨てた時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのターン、そのクリーチャーのパワーは-6000される。


 

考察

出た時と攻撃する時にカードを捨て、捨てたカードの種類によって能力が起動する、少し変わったクリーチャーですね。

 

……これムートピアの間違いかな?

 

クリーチャーを捨てれば、自身のパワーを+6000してT・ブレイカーとなるわけですが、これは出た時よりも攻撃時に適用させたい能力ですね。

コスト6にしてT・ブレイカーというのは中々。手札消費は大きいですが、捨てたクリーチャーを他のカードで蘇生させる等の工夫はしたいところですね。

 

自分の場に他のムートピアが存在していれば《貝獣 ジミーシ》がコストとして優秀になります。D2フィールドがあれば《D2M マグラカヅラ》が、マナゾーン次第ではキャロルが……とこの辺りで気づくかと思いますが、この辺りと併用するのであれば《牙神兵ガンガン・マンモス》がライバルに挙がってきます。

 


牙神兵 ガンガン・マンモス

火文明 アーマロイド

コスト5 パワー5000

■このクリーチャーが攻撃する時、多色カードを1枚、自分の手札から捨ててもよい。そうした場合、このクリーチャーをアンタップする。


 

呪文を捨てれば、相手クリーチャーのパワー低下ですね。

パワー-6000はそれなりに高めの数値です。が、最近ではそれ以上のパワーを持つ厄介なクリーチャーも増えており、これだけではあまり実用的とは言えないところです。

パワー低下と破壊では一概にどちらが上とも言えませんが、同コストに優秀な除去能力を持つ《キラードン》が存在していたり、NEO進化でカード消費だけなら同じで確定除去を放つ《アラン・クレマン》、低下数値は1000低いですが、出ただけでパワー低下を放つ《クロディス・インカーン/陰影なる印影》と言ったライバルが存在しています。オニカマスを破壊できる《電殺医ストマック》の存在も気になりますね。

 

他にライバルが何枚かある以上、この子のスペックを最大限に活かしたいのであれば、墓地利用カードとの併用はもちろん、ツインパクトカードとの併用や、他のディスカードとの併用は必須になってきますね。

 

ツインパクトカードを捨てる事によって、クリーチャーを捨てた時の能力と呪文を捨てた時の能力の両方を使う事ができます。

コスト6にして、手札を1枚をコストにパワー-6000を放つパワー12000のT・ブレイカーともなれば、中々の性能を言えそうですね。

 

ディスカードに反応する能力は、自身の能力によるディスカード以外でも発動できる事を活かし、《サイバー・チューン》等で複数枚カードを捨ててあげれば、自身のスペックを一気に上昇させる事も可能になります。

6000のパワー低下を2~3回発動しつつ、自身のシールドブレイク数を5枚にする……等といった、ロマンあふれる使い方も可能になりますね。

 

ディスカードか蘇生ができるツインパクトカードである《ルソー・モンテス/法と契約の秤》との相性は中々ですね。

 


ルソー・モンテス

闇文明 マフィ・ギャング

コスト2 パワー1000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札を1枚捨ててもよい。そうしたら、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。


法と契約の秤

闇文明 コスト5 呪文

コスト7以下のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

捨てたクリーチャーを蘇生して良し、ハンデスをしながら《ドクロデルス》のスペックを引き上げて良し。《ドクロデルス》を使うなら前半から後半までしっかり活躍してくれる優良サポートとして活躍してくれそうです。

 

手札からカードを捨てる事に長けている水文明との相性は良く、《龍装艦 チェンジザ/六奇怪の四~土を割る逆朧~》や《貝の理解者 カチカッチン/サンキュー・ホタッテ》……やっぱりムートピアじゃないですかねこの子。

 

水文明が闇文明に支配されつつあるわけですし、まぁそういう事なのかもしれませんね。

 

 

まとめ

使い方をしっかり考えなければライバルは多いのですが、他のカードとの組み合わせ次第で面白い動きが期待できそうな子ですね。

ツインパクトカードとの相性の事もあり、双極編に相応しいカードですね。

 

 

以上。咳が全然治らないポフルでした。

24日までには直さなくては……。