ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ゲオルグ・バーボシュタイン/ゴースト・タッチ》考察―【デュエル・マスターズ】

もうすぐ全国大会東海ブロック……。という不安感を抱きつつ、今日は息抜き中です。ポフルです。

双極編第4弾登場による環境の変化を考える必要が一切なくなったので、多少の不安は飛んで行っているんですよええ。

 

その辺りの話はクリエイターズレターにて。

 

 今回は《ゲオルグ・バーボンシュタイン/ゴースト・タッチ》を考察していきます。

アニメにて「ゲボちゃん」という名で親しまれつつ、やってることかなりの外道だった子ですね。

 

 

 

カード情報

 


ゲオルグ・バーボンシュタイン

闇文明 マフィ・ギャング

コスト4 パワー3000

■スマッシュ・バースト(このクリーチャーが攻撃する時、このカードの呪文側を、バトルゾーンに置いたままコストを支払わずに唱えてもよい)

■相手が手札を1枚捨てた時、相手のクリーチャーを1体選ぶ、そのターン、そのクリーチャーのパワーを-3000する。(パワー0のクリーチャーは破壊される)


ゴースト・タッチ

S・トリガー

■相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。


 

考察

クリーチャー面

コスト4でパワー3000のスマッシュ・バースト持ちです。さらに、相手が手札を捨てる度に相手クリーチャーのパワーを-3000する能力を持ちますね。

文明が違うとはいえ同じスマッシュ・バースト持ちである《水晶の記憶 ゼノシャーク/クリスタル・メモリー》と比べてわかるように、どうやらスマッシュ・バースト先の呪文もクリーチャー面のパワーに影響しているようですね。そうしてもらわないと困りますけれども。

 

スマッシュ・バーストについてはいつも通り後述します。

 

他に、相手が手札を捨てる度に相手クリーチャーのパワーを下げる能力を持ちます。

ハンデスの唯一の欠点として相手の盤面に触れ辛いというものがありましたが、この子が立っているだけでハンデスをしながら相手のクリーチャーを破壊する事が可能となりました。

 

ハンデス主体のデッキでは、小型クリーチャーを並べる相手の場合にハンデスをしている余裕が無い事もありましたが、この子を出しておけばその心配が解消されますね。ただ、ハンデスしている余裕が無い癖に、単体では攻撃するまで何もできないこの子を出す余裕があるのかという本末転倒感はあります。

 

《西部人形ザビ・バレル》を出しておいて《人形の裏技 ペット・パペット》を使わずキープし、次のターンにこの子を呼び出して大量ハンデスを狙う……という使い方をしてみたり、《魔薬医ヘモグロ》がターンの終わりに蘇生される事が確定している時に出したり、《卍月 ガ・リュザーク 卍》と《追憶人形ラビリピト》が揃っている時に出したり……と、出すタイミングはある程度考える必要があるかもしれませんね。

 

当然ですが、相手の手札が無い時にはパワー低下が使えない点に注意です。

手札が無くなる事前提で高パワーのクリーチャーでゴリ押してくるようなデッキに対して出しても、スマッシュ・バースト以外の利点を見出す事はできそうにありません。

 

呪文面

《ゴースト・タッチ》ですね。

2コストでのランダムハンデスの恐怖は知っての通りでしょう。ハンデスデッキにおいては《激天下!シャチホコ・カイザー》から蘇生できる《特攻人形ジェニー》の方が優先度が高いのが現状でしたが、ツインパクトカードになった事で共存も可能になるのではないでしょうか。

 

ツインパクトとして

スマッシュ・バーストによって、相手の手札を減らしながらビートダウンができます。

 

相手のシールドを減らしつつ、相手の手札総数は増やさないという、闇文明らしいビートダウンはもちろん。そこに自身のパワー低下がトリガーする事によって、相手の小型クリーチャーも同時に減らす事ができる、1枚でのシナジーがすさまじいクリーチャーですね。

ただ攻撃するだけで2枚のカードを減らしながらシールドをブレイクすると、書いていてかなりインチキ臭いと思える能力になっています。

 

殴り返し要員としても中々で、スマッシュ・バーストによるハンデスが決まれば、パワー5999までのクリーチャーを一方的に破壊する事が可能です。光によるタップ戦術と組み合わせてみるのも一考でしょうか。《至高 オール・イエス》をクロスさせてやれば相手の手札を更に減らしつつ、相手の小型クリーチャー2体を除去したり、パワー-6000で中型クリーチャーの除去や、大型クリーチャーの殴り返し狙いも狙えそうです。

 

欠点としては、相手が手札を自ら消費していった場合には単なるバニラになってしまう点です。

その辺りは「ノーチョイス」と組み合わせたり、《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》を出して手札を維持させたり……はたまた敢えてシールドをブレイクする事で無理矢理手札を増やしてハンデスを狙ったりと言ったプレイングでごまかせる範囲ですね。

 

因みに、ツインパクトで呪文面が2コストのハンデスの《傀儡将ボルギーズ/ジェニコの知らない世界》の上位互換……というわけではありません。

 


傀儡将ボルギーズ

闇文明 デーモン・コマンド

コスト5 パワー4000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのクリーチャーのパワーを-4000する。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される)


ジェニコの知らない世界

闇文明 コスト2 呪文

■相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。


 

www.dmasters-pohu.com

 

クリーチャー面が単体で即座にパワー低下を放つ事ができる事、何より5コストのデーモン・コマンドである点が差別点となりますね。

 

 

まとめ

現在判明しているスマッシュ・バースト持ちツインパクトの中でも、特に1枚で完結している感が強いカードですね。

ハンデスに関するいやらしい能力を持っており、闇使いの方には好まれそうな1枚だと言えそうです。

 

 

以上。……彼女はツインパクト苦手なので多分駄目。ポフルでした。