ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《フット"FNT"ジスタ/火の玉ドライシュート》考察―【デュエル・マスターズ】

「ポ研にはデッキレシピが少ないよね」という話をちょっと重めに考えていて、現在色々な方から面白いデッキレシピを募集したいなと色々考えている所です。ポフルです。

 

他のサイト様との差別化を考えたいところです。

 

今回は《フット"FNT"ジスタ/火の玉ドライシュート》を考察しましょう。

コロコロオンラインにて情報が出てきましたね。

 

 

 

 

カード情報

 


フット"FNT"ジスタ

火文明 ビートジョッキー

コスト4 パワー6000

■このターン、他のクリーチャーが2体以上攻撃していなければ、このクリーチャーは攻撃できない。

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

スマッシュ・バースト(このクリーチャーが攻撃する時、このカードの呪文側を。コストを支払わずに唱えてもよい)


火の玉ドライブシュート

火文明 コスト6 呪文

■自分の山札の上から3枚を見る。その中からコスト3以下のクリーチャーをすべてバトルゾーンに出す。残りをすべて、好きな順序で山札の一番下に置く。


 

考察

クリーチャー面

……なんだか既に珍しくもなんともなくなってきたような気がするコスト4のW・ブレイカー持ちですね。スピードアタッカーまで持っており、4コストW・ブレイカー進化クリーチャー軍の行く末が気になるところです。

ただし当然デメリットは存在しており、他のクリーチャーが2体以上攻撃していなければ攻撃できません。ビートダウンデッキならばそこまで気にならないかもしれませんね。

 

4コストパワー6000のスピードアタッカーでW・ブレイカー。それだけでも中々のパフォーマンスなのですが、それに加えてスマッシュ・バーストまで持ち合わせている点がすさまじい所ですね。その辺りについては後述しましょうか。

 

呪文面

自分の山札の上から3枚を見て、その中からコスト3以下のクリーチャーを出す能力を持ちます。

 

多少運が絡むとはいえ、3体のクリーチャーをバトルゾーンに出せるのはうれしい所です。文明指定も種族指定もなく、色々なカードとの組み合わせが考えられますね。《スニーク戦車 オーリー》を使って《轟車 "G-突"》を即座に殴れるようにするなり、《連鎖庇護類 ジュラピ》や《"BC"ヒット》等の、通常の召喚が難しいクリーチャーを使うなり、《熱湯グレンニャ―》のようなキャントリップ持ちで手札を補給するなり。

 

もちろん、《"罰怒"ブランド》存在時にこれを唱えれば、出てきた火文明のクリーチャー全てにスピードアタッカーを与えてくれます。

 

また、最近では珍しくもなんともないですが、進化クリーチャーもバトルゾーンに出せるようになっていますね。適当なクリーチャー+《インパラスカス》+《ヘビー級ヘビー》を捲れば、一気にQ・ブレイクができるようになります。というかそんなまどろっこしい事考えずとも、《密林の提督 ハックル・キリンソーヤ》や《ブレードグレンオー・マックス》のような、フィールドに進化元を要求しない3マナ以下の進化クリーチャーを捲りつつ《ヘビー級ヘビー》を捲れば良いですね。

なんて事してくれた

 

 


ヘビー級ヘビー

自然文明 グランセクト/スペシャルズ

コスト3 パワー19000

■究極進化:自分の進化クリーチャー1体の上に置く。

■Q・ブレイカー

■自分のクリーチャーは、それよりパワーの低いクリーチャーにブロックされない。

■マナ爆誕6(このクリーチャーを自分のマナゾーンから、コストを6支払って召喚してもよい)


 

www.dmasters-pohu.com

 

気になる点は、能力が強制であるにも関わらず、山札の上から3枚を「表向きにする」のではなく「見る」という点です。このままのテキストだと、「3枚の中にコスト3以下のクリーチャーは存在しているのだが、ライブラリアウトの危険性があるので出さずにして置く」というプレイングが出来てしまいます。

《Q.Q.QX.》の能力の関係かもしれませんが、変に《Q.Q.QX.》を意識してこういった本末転倒なテキストが出てくるのであれば、最初から《Q.Q.QX.》を作らないで欲しかったかなというのが正直な感想です。

 

クリーチャーを3体出さなかった場合に、出さなかったカードが本当にコスト3以下のクリーチャーでないのか証明する必要があるのか、それとも別に良いのか。

今までのデュエマの傾向だと後者になりそうな気もしますが、公式からの解答待ちになりそうです。

 

ツインパクトとして

攻撃するとデッキからクリーチャーの大量展開ができるクリーチャーとして使いたい……のですが、クリーチャー2体が攻撃してからしかスマッシュ・バーストを発動できない点が少し気になります。

というのも、クリーチャー2体で既に攻撃していて、その上で2打点通しながらクリーチャーを最大3体展開する事になるので、ちょっとオーバーキル感が強くないでしょうか。

 

スマッシュ・バーストについては、「大量展開によって、トリガーへの一種の解答とする」という感覚で使い、基本は駄目押しの打点要員、及び、長期化した場合の保険として使う事になるでしょうか。

 

因みに、呪文面の部分で挙げた《ヘビー級ヘビー》を出したいだけであれば、スマッシュ・バースト発動で《ヘビー級ヘビー》+フィールドに存在するクリーチャーから進化できるコスト3以下の進化orNEOクリーチャーを捲れば容易に出す事が可能ですね。

ブロッカー対策にはなってくれるかもしれないです。

 

まとめ

基本は速攻での採用ですが、考え無しでの採用は難しそうです。

スペック自体はかなり良好ですし、踏み倒し能力にもロマンを感じます。

 

扱い方をしっかり考えてデッキを組みたいですね。

 

 

以上。実はデッキ作りそこまで得意ではないポフルでした。