ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《バーキューベー/クー・ラクタロウ》考察―せっかくなので他の使い方を【デュエル・マスターズ】

ツインパクト単が猛威を振るっているようですね。ポフルです。

うん。推していた身としてはうれしい所です。

 

さて、今回はそんなツインパクトである《バーキューベー/クー・ラクタロウ》を考察していこうかと思います。

 

コロコロオンラインの「妄想構築録」のコーナーにて、そしてコロコロチャンネルの対戦動画にて情報が出ています。

 

 

 

カード情報

 


バーキューベー

自然文明 ジョーカーズ

コスト6 パワー7000

■スマッシュ・バースト(このクリーチャーが攻撃する時、このカードの呪文側を、バトルゾーンに置いたままコストを支払わずに唱えてもよい。)

■W・ブレイカー


クー・ラクタロウ

自然文明 コスト2 呪文

■自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中からクリーチャーを1体相手に見せてから手札に加えてもよい。残りをすべて好きな順序で山札の一番下に置く。


 

考察

クリーチャーとして

スマッシュバースト以外には特に特筆するところは無い、シンプルなジョーカーズですね。

 

呪文として

デッキの上から3枚を表向きにし、その中のクリーチャーを1枚手札に加える能力を持ちますね。

この呪文面だけなら《未来設計図》の下位互換でしょうか。《Q.Q.QX.》存在下でも使えるという利点もあるので一概には言えませんが。

 

序盤の安定性を高める、終盤において少ないマナで重要なクリーチャーを引き込む等、重要な役割を持った能力でもあるので、ツインパクトとして見た時に優秀なクリーチャーであれば是非使いたいところですね。

 

ツインパクトとして

呪文面が序盤から終盤まで活躍できる能力です。ただし、ツインパクトである事に利点が無ければ《未来設計図》でも事足ります。

クリーチャーサーチという特性上、デッキの中身の呪文比率はそこまで多くなりそうに無い事から《ヴォルグ・サンダー》対策はそこまで考える必要も無さそうです。ツインパクトである事を考えても、クリーチャー面が出てすぐに攻撃できない事や、W・ブレイカーを持っている事以外に特筆すべき点が無い事等少々貧弱です。

墓地回収や蘇生を使わないのであれば《未来設計図》の方が安定した活躍ができるでしょう。

 

ツインパクトである事を活かすのであれば設計図よりも優先して良いでしょう。「コロコロオンライン妄想構築録」のように《ロック"SPK"スピーカー》で使っても良いですね。詳しくはコロコロオンラインにて。

 

それ以外の使い方として、例えば序盤に使ったこのカードを《法と契約の秤》で蘇生させ、スマッシュ・バーストでシノビを手札に加えて防御を完璧にしておいたり、スピードアタッカー持ちを手札に持ってきておいて詰み状態に持っていくというような、比較的シンプルな使い方も考えられますね。

 

6軸ガチロボを使う際に、デッキの中身をコスト6で統一しながら、《ガチャンコ ガチロボ》を手札に引き込む事ができるようになったという点もうれしい所でしょうか。

 

また、最近流行りのツインパクトデッキにおいて、2ターン目に《コンダマ/魂フエミドロ》をサーチする為の採用も考えられます。

《S.Q.QX./5.S.U.》というライバルも考えられますが、呪文面は《奇石ミクセル/ジャミング・チャフ》等の別文明のクリーチャーをサーチできる点で差別化ができています。

 


S.Q.QX.

自然文明 グランセクト

コスト3 パワー2000

■相手は自身の山札からカードを墓地に置くことはできない。


5.S.U

自然文明 コスト2 呪文

■自分の山札の上から5枚を見る。その中から、自然のコスト5以下のクリーチャーを1体、相手に見せてから手札に加えてもよい。残りを好きな順序で自分の山札の一番下に置く。


 

www.dmasters-pohu.com

 

クリーチャー面も、《超起動罠 デンジャデオン》が場に存在している時にバーキューベーで攻撃し、スマッシュバーストと罠金乱舞を同時に宣言し、スマッシュ・バーストの《クー・ラクタロウ》で高コストトラップを手札に引き込み、罠金乱舞でそのまま使う……という中々美しい流れが実現可能な点で差別化できますね。

 


超機動罠 デンジャデオン

自然文明 グランセクト

コスト6 パワー6000

■W・ブレイカー

■自分のターンのはじめに、このカードを自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。

■罠金乱舞:クリーチャーが攻撃する時、それがこのターン最初の攻撃なら自分の手札から《トラップ》と名前にある呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。


地獄極楽 トラップ黙示録

自然文明 コスト8 呪文

■S・トリガー

■相手のクリーチャー1体、または相手のシールドを1つ選び、持ち主のマナゾーンに置く。


 

www.dmasters-pohu.com

 

もちろん。《S.Q.QX./5.S.U.》も、クリーチャー面は闇魔道具に対していやらしいメタカードになりますし、《コンダマ/魂フエミドロ》をサーチできるだけで十分だとも言えるので、環境によってどちらを採用するのか選択するのが良さそうですね。

 

まとめ

《未来設計図》よりも優先されるかと言われれば微妙な所ではありますが、ツインパクトである事の利点をしっかり考えてあげれば、活躍の幅は広そうですね。

マイナーとはいえ面白い動きができるデッキのサポートとしても使えそうで、デッキ構築が捗りそうです。

 

 

以上。ミノガミの存在でもっとツインパクトが流行りそうな予感がしているポフルでした。