ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

全国大会2018東海ブロック使用「ネクラツインパクト」解説と大会レポート【デュエル・マスターズ】

ポフルです。

 

全国大会東海エリア終了です。参加者の皆様、運営の皆様お疲れさまでした。

 

今回は、私が使用したデッキ「ネクラツインパクト」の解説と、大会レポートです。

 

 

 

デッキレシピ

 

自然文明 22枚

ナ・チュラルゴ・デンジャー/ナチュラル・トラップ  4

超機動罠 デンジャデオン/地獄極楽トラップ黙示録 4

龍罠 エスカルデン/マクスカルゴ・トラップ 3

コンダマ/魂フエミドロ 4

イチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ 3

レレディ・バ・クーバ/ツインパクト・マップ 4

 

光文明 9枚

奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ 4

龍装の調べ 初不/ホーリー・スパーク  3

無双の縛り 達閃/パシフィック・スパーク 2

 

闇文明 6枚

牙修羅バット/真血染める闇牙 3

ビシャモンス・デーケン/「深淵より来たれ、魂よ」 3

 

解説

「緑のカードでマナを貯めて、光と自然の優秀クリーチャー+闇の優秀な呪文でコントロールする」という、ネクラカラーのお手本のようなデッキになります。

6コストの《無双の縛り 達閃》や7コストの《牙修羅バット》《ナ・チュラルゴ・デンジャー》、8コストの《真血染める闇牙》に素早くアクセスする為、デッキの中身をツインパクトで統一し、《魂フエミドロ》の2ブーストを確実にしました。

 

基本はマナが溜まり次第上記カードにて場と手札をしっかりコントロールし、最終的には《ナ・チュラルゴ・デンジャー》や《「深淵より来たれ、魂よ」》によって打点を揃え、《ジャミング・チャフ》で呪文のトリガーを封じながら殴り、勝利を目指します。

 

 

作成経緯

以前、ツインヒーローデッキのレビュー記事を書きました。

 

www.dmasters-pohu.com

一人でのデュエマでしたが、このミノガミ側のコントロール能力に感動しまして。

レビュー記事を書く頃にはもう「このデッキをしっかり改造して使ってみたい」と思える位には愛着が湧いてしまったわけです。

……と、愛着が湧いた途端、行きつけのカードショップが「ツインヒーローデッキの片方のみを売る事ができる」と。

そこからは私早かったです。早速購入し、デッキレシピを考え始めました。

 

ただ、改造の方向性がわからず、色々脳内でシュミレートしていました。

結論として、

「相手のマナを増やしてしまう事が欠点なのであれば、ハンデスや達閃での行動規制でマナを使いにくくすればいいのでは」

という結論へと至りました。

 

その方向性で考えるものとして、達閃を使う為に光のカード、そして大型ハンデスカードである《牙修羅バット/真血染める闇牙》を採用。さらにマナ送り以外の除去も使えるようにトラップサポートを採用して防御と攻撃力、盤面制圧力を高めて行く……というコンセプトで開発を進めていきました。

 

実際《ツインパクト・マップ》によるサーチに《帝の目覚め》及び《虹出づる繭 ミノガミ》によるマナ回収(前者は墓地回収も)による取り回しの良さ。《魂フエミドロ》によるブーストの速さ。そして何より、トリガーのみを目的とした採用をしなくても良いツインパクトという性質から、ビッグマナ系を使うとすぐに事故を起こす私にしては珍しく、かなり使いやすいデッキが完成しました。

 

せっかく良いデッキが作れたので、これを全国大会で使いたいと思い、調整していったものが今回のレシピになります。

 

各カード解説

《コンダマ/魂フエミドロ》

 


コンダマ

自然文明 グランセクト

コスト4 パワー4000

■ツインパクトカードを自分のマナゾーンに置いた時、自分のマナゾーンにあるカードを1枚アンタップする。


魂フエミドロ

自然文明 コスト3 呪文

■自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。それがツインパクトカードなら、自分の山札の上からもう1枚、マナゾーンに置く。


 

www.dmasters-pohu.com

 

このデッキのコンセプトカードです。

5色デッキにおける《フェアリー・ミラクル》や、グランセクト関連における《ボント・プラントボ》の役割を持ちます。このカード自体がツインパクトカードなので、複数積んでも2ブーストの条件を阻害しない点が嬉しい所です。

 

3マナの2ブーストというのは、デュエル・マスターズにおいてカードパワーが跳ね上がる基準点である6コストに一気に届かせる事ができる優秀なブーストカードです。

これが無ければ始まらない……というのは言い過ぎかもしれませんが、3ターン目に2ブーストできればそのゲームはかなり優位に立つ事ができると見て良いでしょう。この子の存在のおかげで、重めのカードを多めに積んでも事故を起こしづらくなっています。

 

クリーチャー面は基本おまけですが、後述の《「深淵より来たれ、魂よ」》で1打点分稼ぐ事ができる点においては無駄になりにくいですね。

 

《ナ・チュラルゴ・デンジャー/ナチュラル・トラップ》《超機動罠 デンジャデオン/地獄極楽トラップ黙示録》

 


ナ・チュラルゴ・デンジャー

自然文明 グランセクト/ジャイアント

コスト7 パワー12000

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時あるいは自分が名前に《トラップ》とある呪文を唱えた時、自然のコスト6以下のクリーチャーを1体、自分の手札またはマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。

■T・ブレイカー


ナチュラル・トラップ

自然文明 コスト6 呪文

■S・トリガー

■相手のクリーチャーを1体、持ち主のマナゾーンに置く。



超機動罠 デンジャデオン

自然文明 グランセクト

コスト6 パワー6000

■W・ブレイカー

■自分のターンのはじめに、このカードを自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。

■罠金乱舞:クリーチャーが攻撃する時、それがこのターン最初の攻撃なら自分の手札から《トラップ》と名前にある呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。


地獄極楽 トラップ黙示録

自然文明 コスト8 呪文

■S・トリガー

■相手のクリーチャー1体、または相手のシールドを1つ選び、持ち主のマナゾーンに置く。


 

www.dmasters-pohu.com

www.dmasters-pohu.com

 

このデッキにおいては、攻撃と防御、どちらの起点にもなる重要なカードです。

この2枚のおかげで、

  • チュラルゴ召喚→能力でデンジャデオンをマナか手札からバトルゾーンに。
  • チュラルゴのマッハファイターで攻撃時、デンジャデオンの「罠金乱舞」で相手のクリーチャーを除去→チュラルゴの能力でコスト6以下のクリーチャーをバトルゾーンに。

と言った形で、相手のクリーチャーを最大2体除去しながら、自分は3体のクリーチャーを展開する事ができます。

 

単純にデンジャデオンの「罠金乱舞」で相手の妨害を狙っても良いですし、後述する《虹出づる繭 ミノガミ/帝の目覚め》によって出せるクリーチャーの範囲を増やし、《無双の縛り 達閃》や《龍装の調べ 初不》を出して妨害、防御を狙っても良しです。

 

また、単純に上記の動きで6打点以上の確保ができるので、そのまま《ジャミング・チャフ》を撃ってトドメを狙う事もできます。

 

呪文面はシンプルなマナ送り能力です。《勝利龍装クラッシュ"覇道"》の攻撃に対してトリガーできれば、エクストラターンを不発に終わらせる事も出来ます。トラップ黙示録は、相手が仕込んだシールドや紋章が張り付いたシールドを安全に除去できるという利点もあり、手打ちでも十分活躍できるスペックは秘めています。

 

シールドから出てきた場合、S・トリガーを使いたくなる気持ちはありますが、盤面次第では手札にキープした方が良いという事もあるので、状況の見極めは大切になりますね。

 

《虹出づる繭 ミノガミ/帝の目覚め》

 


虹出づる繭 ミノガミ

自然文明 グランセクト

コスト6 パワー7000

■このクリーチャーを自分のマナゾーンから召喚してもよい。

■W・ブレイカー

■自分のターンのはじめに、ツインパクトカードを1枚、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。

■自分のマナゾーンにあるツインパクトカードを、すべての文明のカードとして扱う。


帝の目覚め

自然文明 コスト3 呪文

■カードを1枚、自分の墓地からマナゾーンにタップして置く。その後、ツインパクトカードを1枚、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

ツインパクトに関する様々な能力を持ったカードであり、このデッキの第2コンセプトでもあります。

 

相手が疲弊した時にこの子のクリーチャー面を出し、マナゾーンを手札のように扱って一気に制圧していくというのが主な使い道です。例えば打点が揃っている状態でマナの《ジャミング・チャフ》を加えたり、そもそもの打点が足りないのであれば《ナ・チュラルゴ・デンジャー》や《「深淵より来たれ、魂よ」》を加えたり。

また、この子のおかげで《ナ・チュラルゴ・デンジャー》で達閃を出す事も可能になります。達閃が刺さる相手に対しては積極的に狙いたいですね。

 

呪文面に関しては、即効性のあるマナ回収、墓地回収要員及び、序盤のマナ加速要員です。

どちらかと言えば呪文面を使う事の方が多く、クリーチャーとしてバトルゾーンに出した結果処理されてしまった《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》や、序盤の除去要員として使った《ビシャモンス・デーケン/「深淵より来たれ、魂よ」》、トリガーしたチュラルゴやデンジャデオンの回収、見えていないカードを手札に加える為に《龍罠 エスカルデン》《ツインパクト・マップ》の回収、デンジャデオンの「罠金乱舞」の為にトラップ回収等、様々な用途で扱う事ができる非常にユーティリティなカードです。

 

使用感としては2枚でも十分な気がしましたが、安定性を求めて3枚積みにしました……というのはちょっとした後付け設定でして、単に気に入っているんですこのカード。

 

《始虹帝ミノガミ》が入れれるようになったら、2枚にしちゃうかもしれないです。

 

《龍罠 エスカルデン/マクスカルゴ・トラップ》

 


龍罠 エスカルデン

自然文明 ドラゴンギルド/グランセクト

コスト5 パワー5000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から2枚を表向きにする。その中からクリーチャーを1体、自分の手札に加えてもよい。残りをマナゾーンに置く。


マクスカルゴ・トラップ

自然文明 コスト7 呪文

■相手のクリーチャーを1体選び、マナゾーンに置く。

■コスト6以下のクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。


 

www.dmasters-pohu.com

 

このデッキでは3種類目のトラップですね。

 

クリーチャー面に関しては、マナブーストしながら手札を整えるという、クリーチャー版《フェアリー・シャワー》のような役割も持ち合わせています。

チュラルゴから出せるクリーチャーをある程度狙ってマナに置くことができる点も高評価点です。《魂フエミドロ》が打てなかったデュエマでも、3ターン目か2ターン目のブーストができていればリカバリーに繋がる事もあります。

 

呪文面に関しては、手打ちでは重めのトラップですが、文明関係なく踏み倒しができる点が非常に優秀です。

ミノガミが存在せずとも、達閃や初不のようなブロッカー、及び《ビシャモンス・デーケン》のような単体除去を出す事が可能になっていますね。

チュラルゴとデンジャデオンのコンボでこのトラップを唱えれば、さらにもう1体のクリーチャーを出す事が可能となり、非常に強力です。

 

クリーチャー面も呪文面も強力なので4枚積んでも良かったかとは思いますが、他文明の色確保、及びS・トリガー枠確保の為に泣く泣く3枚へ。

 

《牙修羅バット/真血染める闇牙》

 


牙修羅バット

闇文明 ドラゴンギルド/マフィ・ギャング

コスト7 パワー8000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手の手札を見てその中から呪文を1枚選び、捨てる。

■自分のターンのはじめに、コスト6以下のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。


真血染める闇牙

闇文明 コスト8 呪文

■相手は自身の手札を2枚選んで捨てる。その後、相手は自身のクリーチャーを2体選んで破壊する。


 

www.dmasters-pohu.com

 

裏コンセプトその1です。

 

基本はこの子の呪文面を唱える為に素早いマナブーストを行う事になります。

ジョーカーズ、各ツインパクトデッキ、メタリカ等、手札を減らさずクリーチャーを展開するデッキに対して使えば、1枚で計4枚分相手のカードを減らす事ができる、2ブロック環境においては《キラードン》にも匹敵するパワーカードです。

クリーチャーの除去は後なので、相手が《絶対の畏れ 防鎧》や《龍装艦 チェンジザ》をコントロールしていた場合には打ち辛いですが、決まれば一気に優位に立つ事が可能な素晴らしいカードです。

 

クリーチャー面も、呪文を主体とする相手にはしっかり刺さってくれる能力です。

ツインパクトカードの台頭もあり、ピーピングハンデスの成功率は今までの環境よりもかなり高く、頼りになる能力です。

蘇生能力は、自分のターンのはじめというタイムラグが存在していて使いにくいですが、チュラルゴと同じく6コストのクリーチャーを蘇生できる点は単純に強力です。

特に、チャンプブロックに使った達閃を蘇生できる点は大きいです。この2体が揃った時には、相手もうかつな攻撃はできなくなるでしょう。

 

もし、《真血染める闇牙》を唱えて相手の手札と場をズタズタにしながら《「深淵より来たれ、魂よ」》を唱えることにさえ成功すれば、そのデュエマはほぼ勝ちと見て良さそうです。

 

《イチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ》

 


イチゴッチ・タンク

自然文明 グランセクト

コスト7 パワー12000

■T・ブレイカー


レッツ・ゴイチゴ

自然文明 コスト2 呪文

■自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。


 

www.dmasters-pohu.com

 

2コストブーストカードとしての採用です。

おそらく《魂フエミドロ》のみでマナ加速は十分なのですが、赤青クラッシュ覇道との対決では、4ターン目に7マナ帯に届かせたい場面がそれなりに多く存在していたので投入しました。

 

クリーチャー面はおまけ……と言いたいところですが、《「深淵より来たれ、魂よ」》によって大量の打点を稼ぐ事に貢献してくれる事を考えると、おまけと切り捨てる事も出来ないスペックになっています。

 

《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》

 


奇石ミクセル

光文明 メタリカ

コスト2 パワー2000

■相手のマナゾーンにあるカードの枚数よりもコストが大きいクリーチャーを相手がバトルゾーンに出した時、相手はそれを自身の山札の一番下に置く。


ジャミング・チャフ

光文明 コスト5 呪文

■次の自分のターンのはじめまで、相手は呪文を唱える事ができない。

■カードを1枚引く。


 

www.dmasters-pohu.com

 

メタカードおよびフィニッシャーですね。

覇道、轟轟轟、2ターン目~3ターン目オーリリア、デ・スザーク、ジョラゴン軸ジョーカーズ……と刺さる相手は数多く存在しています。

それらデッキに対して序盤に立てる事ができれば、少なくとも1ターンは延命が可能と見て良いでしょう。その1ターンでしっかり相手の動きを制限したいところです。

 

呪文面は呪文封じです。

フィニシャーとは言いましたが、キャントリップによって切り札を引き込んだり、コントロール系の呪文を封じたりと、中盤以降は唱える機会が増えていきます。

クリーチャー面を使うべきか、それとも呪文面を使うべきか。しっかりとした判断をする必要がありますね。

 

《無双の縛り 達閃/パシフィック・スパーク》

相手に2体以上のクリーチャーを展開させない能力を持つブロッカーです。

デ・スザーク、ジョーカーズ、ツインパクト系(チュラルゴ)と、刺さるデッキは数多く存在しています。

 

また、中型~大型ビートダウンに対しては「ラスト・バースト」による全タップが心強くなります。隣にクリーチャーが立っていれば、相手も攻撃の手を緩めざるを得なくなるでしょう。上記の通り、対ビートダウンにおける《牙修羅バット》との相性は凄まじいです。

 

2枚と少な目の採用なのは、全体的に受動的な能力である為にアドバンテージを直接得る事ができず、刺さる相手と刺さらない相手の差が激しい為です。

 

《ビシャモンス・デーケン/「深淵より来たれ、魂よ」》

 


ビシャモンス・デーケン

闇文明 マフィ・ギャング

コスト4 パワー4000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャー1体を破壊する。その後、相手は自身のクリーチャーを1体選び、破壊する。


「深淵より来たれ、魂よ」

闇文明 コスト9 呪文

■進化でないクリーチャーをすべて、自分の墓地からバトルゾーンに出す。


 

www.dmasters-pohu.com

 

このデッキの裏コンセプトその2であり、このデッキの攻守の要その2です。

 

呪文面を使用して墓地に送った《ナ・チュラルゴ・デンジャー》や《牙修羅バット》、ツインパクトカード、バトルによって破壊された達閃等のクリーチャー。

この子の呪文面は、そのすべてをバトルゾーンに出す事ができます。

 

牙修羅で相手の手札を見て、相手から見た自分の状況を把握し、チュラルゴ、2枚目のビシャモン、レレディバの複数蘇生で、相手目線での状況も踏まえた上で相手の盤面を的確に蹴散らし、達閃によって相手の大量展開及びビートダウンを封じ、牙修羅で1~2体程度の除去はケア、除去されなければビシャモン蘇生で毎ターンの相手クリーチャーの破壊、イチゴッチやチュラルゴによる過剰打点による一部トリガーのケア……といった事を1枚でこなします。

 

《牙修羅バット》《無双の縛り 達閃》《虹出づる繭 ミノガミ》、そして墓地に《ビシャモンス・デーケン》を置いておけば、クリーチャーを1体出しても次のターンのはじめにはノーコストで破壊し、ミノガミの能力で的確なカードを手札に入れて相手を更に追い詰め、撃ち漏らしたクリーチャーによるごり押しすら達閃のパシフィック+牙修羅蘇生でなんとかする……という鬼のような盤面の構築も可能になります。

 

性質上、長いゲーム展開になればなるほどカードパワーが増すカードです。このカードを撃つ為に、牙修羅やチュラルゴを積極的に使用し、相手の盤面を崩して長期戦へともつれ込ませましょう。

特に《真血染める闇牙》によって相手の手札をズタズタした後にこのカードを使う事で、ゲームエンドが目前にまで迫ります。

 

マナさえ伸びていればハンデスのケアまでこなすので、ラビリピトへの解答にもなります。

 

クリーチャー面も優秀です。牙修羅とのコンボは前述した通りですが、《イチゴッチ・タンク》と合わせて序盤のシステムクリーチャーの除去に使う事も可能です。軽量とは言えませんが、比較的軽めの除去札として使えるので、強力なクリーチャーを出しつつこの子で相手の盤面を同時に荒らす……という使い方も可能になります。

 

正直、このデッキタイプが一番このカードを扱いきれるデッキなのではと思っています。

 

もともとは採用予定はなかったのですが、親友の一声によって投入を決意。

今まで勝てなかったデッキに長期戦を仕掛ける事ができれば強引に勝ちに持っていく事ができるスペックに感動しました。

 

《レレディ・バ・クーバ/ツインパクト・マップ》

 


レレディ・バ・クーバ

自然文明 グランセクト

コスト7 パワー9000

■S・トリガー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。

■このクリーチャーは攻撃できない。


ツインパクト・マップ

自然文明 コスト1 呪文

■自分の山札の上から3枚を見る。その中からツインパクトカードを1枚、自分の手札に加える。残りを好きな順序で自分の山札の一番下に置く。


 

ツインパクト専用のサーチカードです。このデッキの安定性を引き上げてくれます。

1コストと軽く、使いやすいカードですね。

 

クリーチャー面はトリガーと強制バトルですね。

パワー9000という数値のおかげで、轟轟轟やデ・スザークあたりを倒すことが可能です。

仮にトリガーとして使える状況でも、ツインパクトマップの方を使わなければ未来がない場面なども考えられるので、場合によっては使わないという選択肢も考えられます。

 

終盤には、深淵より来たれ、魂よで9000以下を処理できるようになるので、安易に帝の目覚めでマナに置いてしまうことだけは避けたいですね。

 

ただし、攻撃はできないので、打点にはなりません。クリーチャーとして出した場合は、《ビシャモンス・デーケン》で破壊して再利用を狙うといったプレイは考えましょう。

 

《龍装の調べ 初不/ホーリー・スパーク》

 


龍装の調べ 初不/ホーリー・スパーク

光文明 ドラゴンギルド/メタリカ

コスト6 パワー7500

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時あるいは自分が名前に《スパーク》とある呪文を唱えた時、相手のクリーチャーは次の相手のターンのはじめにアンタップしない。


ホーリー・スパーク

光文明 コスト6 呪文

■S・トリガー

■相手のクリーチャーをすべてタップする。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

対ビートダウン専用S・トリガー枠です。

 

クリーチャーは、ブロッカーかつ、タップしているクリーチャーを起き上がれなくする能力がありますね。

相手が積極的に攻撃してくるデッキであれば、この子を出して相手の攻撃の手を止めつつブロッカーを立てる事ができます。

 

 呪文面は単純にオールタップです。主にビートダウン相手に使うカードにはなりますが、場合によってはタップキルを狙っていきたいです。

 

……正直、このカードだけはそこまで目立ったシナジーは無いので、地味には見えます。

ただし、序盤に《奇石 ミクセル》を出す為の白マナ確保に使えますし、なんだかんだでビートダウンに対してワンチャンス狙う事ができるトリガー能力は心強いです。

 

採用を見送ったカード

《始虹帝 ミノガミ》

今回双極編第4弾のカードが使えなかったので、泣く泣く不採用へ。

はっきり言って、2枚は必須だと思います。

繭ミノガミ1枚と、ビシャモン1枚を変えたいですね。

 

《天雷の導士アヴァラルド公》

光マナの確保、更に3枚ドローがほぼ確定というかなりのパワーカードになる予感はあるのですが、主要なビートダウンと戦っていると、使う暇が無さそうな印象を受けました。

元々遅めの対決には強いデッキタイプだという印象もありましたので、今回は採用を見送りました。

 

《マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド》

確定除去と墓地回収です。

墓地回収は心強いのですが、問題は「コスト5という中途半端なマナのおかげか、回収したターン中に使いにくい」という点ですね。

確定除去のトリガーである呪文面もかなり心強いのですが、正直トラップで間に合っています。

 

《ハイパー・ギガタック/ギガタック・ハイパー・トラップ》or《卍月 ガリュザーク 卍/卍・獄・殺》

基本的には呪文面のリセット効果を期待して入れたかったのですが、2ブロック環境においては《「深淵より来たれ、魂よ」》で序盤に墓地に置いた《レレディ・バ・グーバ》、《ビシャモンス・デーケン》、トリガー、または殴り返しや除去で墓地に送られた《ナ・チュラルゴ・デンジャー》あたりを複数蘇生させれば一方的にボコる事ができていたので、採用を見送りました。

ただし、ジョーカーズの《ポクチンちん》や、覇道系統の《異端流しオニカマス》への解答にもなるので、ここは選択かなと思いました。……というか、「1枚でも刺しておけばよかったか」という場面も多かったので、ちょっとスペースを探したいですね。

 

《ルソー・モンテス/法と契約の秤》

黒のカードを確保しつつ、トリガーとして使った《ナ・チュラルゴ・デンジャー》を蘇生させる事が可能な呪文面が強力です。クリーチャー面のハンデスも心強いです。

 

《イチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ》の部分に入れていたのですが、手札補充方法に乏しいこのデッキではリスクが高すぎるかと思った事、安定してデッキの速度を速める事ができる点でマナブーストの方が使いやすいかと思った事、そしてマナブーストをする=相対的に自分のマナゾーンに色を揃えやすくなり、デッキが安定するといったメリットを考えて、イチゴッチを優先しました。

深淵との相性もイチゴッチを採用した主な理由ですね。

 

《キング・ザ・スロットン/7777777》

トリガーとして何枚か刺しておけば、ジョーカーズ等に刺さるかと思いました。

不採用理由。

値段。

 

必須でも無いですし、経費削減です。正直刺していたら今回勝てたかと問われれば微妙です。

 

相性を考えてみる

VS赤青クラッシュ"覇道"

微妙。

《奇石 ミクセル》を維持しながら《真血染める闇牙》をいかに早く唱えれるかが勝利のカギな気がしました。

轟轟轟やクラッシュ覇道はトラップで処理。特に覇道はトラップで処理できなければ敗北確立が大幅に上昇します。

上手い事相手のリソースを減らした時点で《「深淵より来たれ、魂よ」》を唱えて一気に制圧しましょう。

 

VSジョーカーズ

超不利な印象です。

2コストゴイチゴ、4コストデーケンと使う事ができれば相手の出鼻をくじく事も出来ますが、それだけです。

ポクチンによってチュラルゴの展開を止められてしまう点もマイナス点です。

 

VS卍 デ・スザーク 卍

有利。

《奇石 ミクセル》《無双の縛り 達閃》の2枚がしっかり機能してくれます。ただし、《追憶人形 ラビリピト》や《堕魔 グリペイジ》で達閃を出す前に落とされたら途端に不利です。

余裕があればですが、手札を2枚以上確保しておくようなプレイングは心がけたいところですね。

 

 VSツインパクト系列

アヴァラルド採用型に関して言えばやや不利でしょうか。アヴァラルドのおかげで《真血染める闇牙》の通りが悪くなります。足を引っ張りに引っ張ってライブラリアウトでも狙いたいところですが、《ジャミング・チャフ》を撃たれれば死亡です。逆にこちらが撃ってあげればいいのですが、それでもアヴァラルド公は止められません。

 

青採用型で、《龍装艦 チェンジザ》を採用している型かつアヴァラルド不採用の場合は途端に有利な印象です。

チェンジザが立つ前に《真血染める闇牙》を唱えれば、デッキ内のカードパワーの差でゴリ押す事が可能です。

 

正直、このツインパクトデッキが注目された時、「先を越された」という感覚が強かったのと同時に、「このレシピは流行りそうだ」と感じたのです。

そこで「今のままのネクラツインパクトで大丈夫か」とほんの少し心配になったのですが、「ハンデスすれば良くね?」という結論に至り、そのまま使う事にしたという経緯があります。

 

VS轟轟轟

有利なんじゃないですかね(適当)

 

トリガー次第な所が大きいです。ミクセル出して轟轟轟や2ターン目オーリリアを止め、後はトリガーで何度かいなしてあげる事ができればチャンス到来という感じです。

それでもシールド回復能力が無い為、負ける時は負けます。

 

VSサッヴァーク系統

基本的には相手から動くデッキとは言えないので、多少楽です。

マナブーストして《絶対の畏れ 防鎧》が出る前に《真血染める闇牙》を放てれば良しです。《牙修羅バット》でその場に合った呪文を落とせれた場合もうれしいです。

打点が揃った際に《ジャミング・チャフ》を唱えれば相手の妨害札が全て止まるので、フィニッシュまで持っていく事さえ気を使えば比較的簡単かもしれません。

 

 

VSバードリアント

正直、どんなデッキにもワンチャンス存在するデッキだと思っています。2ブロックの「九極侵略」枠。

相性としては最悪も最悪。超最悪で超災厄。凶、大凶、超大凶。

バードリアントやディザスターの能力でモアイランド、シルキード、ジスタジオのどれかが出れば、一気に詰み直前です。ミクセル使ったってマナブーストで解決ですし、シルキードもジスタジオもほとんど影響受けません。

はっきり言ってこれの優勝報告もっと増えても良いと思ってます。

「じゃあなんでお前使わなかったのさ」とか言わないで。緑単は苦手なんです。

 

白単メタリカ

オーリリアで一部呪文を規制されるのは厳しいです。

ただ、ミクセル出せばオーリリア降臨をずらして《魂フエミドロ》唱えるチャンスが出てきますし、そもそもトリガー呪文にコスト5以下のものが存在していないので、苦戦する印象はありません。

 

いつも使っている身としては、どのクリーチャーを破壊されたら辛いかが手に取るようにわかるので、デッキ相性とか云々は置いておいて戦い易いです。

 

ただし、《不動》を採用している場合はトラップが利かなくなり、かなり不利になります。

 

 

有利不利の面を見ると、正直環境に合っている気はしないところなのですが、この辺りの話、《「深淵より来たれ、魂よ」》の発動にさえ漕ぎつければ一気にワンチャンス生まれる事になります。

 《「深淵より来たれ、魂よ」》を唱えて、墓地のカードをすべて掴んだ時の興奮はかなりヤバいです。脳汁ドバドバです。是非お試しあれ。

 

大会レポート

早朝、早めに起きて会場についた私。

去年は渋滞及び駐車場の空き不足を恐れて早めの到着になってしまい、手持無沙汰な状態になってしまっていたのですが、今年は10:00頃の到着です。

ちょっとブログの更新をしながら有意義に開始を待つ事ができました。

 

www.dmasters-pohu.com

 

そして受付終了後、めちゃくちゃ早く受付を済ませた私は、同じ机に座った同士の方達と共に談笑しながら、手元の封筒に落書きしてました。

 

 

参加者の方「その封筒回収するとか言われたらどうするんですか?」

 

私「私の恥部が晒されるだけなので問題ないです」

 

参加者の方「www」

 

 

 

談笑が終わった後、ルール説明等が終わってすぐさま1回戦へ。去年よりも進行がスムーズだったなぁと今となっては思いますね。

 

大会結果

 

1回戦 黒単デ・スザーク 勝ち

序盤にミクセルを2体立て、しっかり《無双の縛り 達閃》まで立てる事で相手を完封しました。

良い走り出しでした。

 

2回戦 ジョラゴンジョーカーズ 負け

ヤッタレスタートでは無かったものの、さすがにジョラゴン警戒でミクセルは立たせました。

とはいえ、ポクチンのおかげでチュラルゴの旨みが無くなり、隣にいるパーリ騎士でビシャモンの除去が通らず。さらにヤッタレやらパーリ騎士やらガヨウ神により、少なくとも《真血染める闇牙》がしっかり通る状態では無くなってしまいました。それでもカードは減らすべきだったので打ちましたが。

 

そのままジョラゴン降臨。ガヨウ神ガヨウ神マンハッタンスロットンからのバイナラと続き、綺麗にワンショットキルを決められました。

出たトリガーも、レレディバとホーリー・スパークのみ。……厳しい対面である事は事前に理解していたので仕方ないです。

 

3回戦 黒単デスザーク 引き分け

正直、相手の勇気あるプレイに感服しました。

 

自分の手札が4枚ある時点で《堕魔 グリペイジ》を使い、しっかり《無双の縛り 達閃》を落とされました。恐らく手札に他の魔道具があった筈で、その状態でグリペイジを切る事は中々できないと思うのですが、そこは相手の経験が高かったのでしょう。あっぱれです。

その後、ミクセルを計3体展開するも、ドゥポで除去され、途中にドゥシーザ召喚からの門を許し。一気に不利な展開に。

苦し紛れに《イチゴッチ・タンク》を召喚し、意外にも生き残りましたので、もう攻めるしかないかと思い攻めたのですが、ドゥグラスが2枚もトリガー。返しにドゥシーザでのパワー低下との併用で、ガリュに殴り返され。一方的なゲーム展開に。

ただし、トリガーの多さに相手もひるんでしまったのか、そのままグダグダとしている間に時間切れ。

 

シールド差関係なく、勝負かつかなかった場合は引き分けとなってしまうので、そのまま引き分けに。

 

4回戦 赤ジョーカーズ 勝ち

ヤッタレもドンドドも5ターン目あたりまで出てこず、ミクセルを立てておいたもののほとんど仕事せず。

相手のマナに《ルネッザーンス》が見えたので、《牙修羅バット》側を優先して相手の手札を見た所、メラビートとサンダイオーが揃っており、7マナ溜まる頃には死が見えるという状態でした。

次のターンのトップも《牙修羅バット》。そのまま出して手札のスロットンを落とし、次のターンには前のターンに蘇生させておいた《コンダマ》と《牙修羅バット》2体、そしてミクセルとエスカルデンで合計7打点溜まったので、敗北覚悟の特攻へ。(相手の場にクリーチャーが3体存在しており、このまま黙っていてもメラビートによる大逆転を許してしまう事がわかり切っていた為)

 

《SMAPON》のトリガーを許してしまうものの、スーパーボーナスの獲得は無し。ミクセルが倒され、トリガーが後1枚でてしまえば負けですが、ここまで来たらもう殴る他無し。そのまま殴ったところトリガー無しで勝ちました。

 

負けてもおかしくない戦いでした。

やはり赤ジョーカーズは馬鹿にできない強さを持っていますね。

 

5回戦 赤青t白覇道 負け

1ターン目に置かれたオクトーパに戸惑うも、ムートピアだろうがトリビだろうがミクセルを立たせる事には意味があると感じたのでそのまま召喚。そして轟轟轟が置かれてモルガラが出てきた次点で覇道だという事が確定。ただし何故オクトーパなのかという疑問を無視したままプレイ続行。これがいけなかった。

 

魂フエミドロでマナを伸ばし、相手はモルガラで攻撃。《ナチュラル・トラップ》が出てくるものの、いたずらにマナを増やして生命線であるミクセルがG・W・Dで焼かれるのを恐れてスルー。モルガラをミクセルで殴り返し、トリプルブレインを許しました。

 

そしてマナに置かれる《煌龍 サッヴァーク》

 

……それは、その、手札増やしちゃダメじゃん……。サッヴァーク入りの覇道が存在している事は風の噂で知っていましたが、ドラゴン・W・ブレイカーと相性の良いオクトーパが入っている時点でもう少し警戒すべきでしたね……。

 

そのままミクセルはG・W・Dで破壊され、サッヴァークの降臨を許し、そのままクラッシュ覇道まで揃ってノーリスクのエクストラターン。

 

無理!!!!!!泣く!!!!!!!!

 

6回戦 赤青覇道

正直、先ほどの戦いで心が折れかかっていました。

だからでしょうね。相手のオニカマス共々手札2枚を《真血染める闇牙》で処理し、相手の手札を1枚にし。轟轟轟も処理し……。相手が轟轟轟を2枚展開したのをホーリー・スパークで防ぎ、12マナある状態で《帝の目覚め》でマナのビシャモンを回収し、《「深淵より来たれ、魂よ」》で蘇生……とここで気づきました。

ビシャモン回収したら闇マナ無くなったんですが。

 

……何もできず、そのまま死にました。

 

結果

2勝3敗1分けでした。

本当に不甲斐ない結果に終わってしまいました。応援してくれた方や、合宿に付き合ってくれた二人にも申し訳ない事になってしまいました。

 

……今後、大会出る事があればリベンジとしてこのデッキ使います!!!!

 

まとめ

「ネクラツインパクト」。いかがだったでしょうか。

今回のデッキは恐らく「ロマンと実用性を高いレベルで両立させた、使う方も使われる方も楽しいデッキ」かと思います。……達閃とミクセルというメタカードに目を瞑ればですが。

 

全部がツインパクトカードなので、使いこなす事はむずかしいですが、使いこなせればかなりカッコいいデッキかなと思います。

 

私は残念ながら全国大会までに使いこなせるようにできませんでしたが、本当にオススメのデッキです。是非、組んでみてください。そして一緒に深淵への扉を開きましょう。

 

 

以上、彼女に磔にされる事が確定しました。ポフルでした。